スポンサーリンク
ゆいまる

老後破産なんてまったく心配無用!〜危機を煽る人たちは何が目的!?

破産の意味 どうして老人を不安にさせようとする人たちが後を立たないのか・・・ 老後の危機を煽って何の得があるんだろう。 私が一番最近見た老人に向けた記事の書き出しにはこう書いてある。 『老後は、今までなか...
ライフスタイル

心の広さと日本の差別〜民度が高い国とはどこの国のこと?

人の心の広さが命を助ける 私の88歳になる母は、一緒に暮らしたことはないが熊本県で元気にひとり暮らししている。 要介護にもならずその年までひとりで生活できていることは喜ばしいことだろう。 ひとつ心配なのは、母親があんな...
ライフスタイル

ダメな男とはこんな男〜繰り返す男、すぐに反省する男、逃げる男

ダメな男の特徴 気持ちのいい朝だ。 いい季節だな〜。 このブログを読んでくれているみなさんの地域のお天気はいかがだろうか。 よい連休をお過ごしだといいが・・・ こんな爽やかな朝なのに、今日はダメな男...
スポンサーリンク
その他

20年後の自分への手紙〜タイムカプセルに託す自分へのメッセージ

20年という時間 昨日の夕方、たまたまニュースで見た話だ。 それは20年前の小学校で埋められたタイムカプセルが、20年後の昨日開けられたというニュースだった。 当時その小学校の生徒だった方達が思い出の学校に集まっていて、みんな...
料理

老人の介護は若いお姉ちゃんじゃなくプロにまかせろ!

介護ってナニ? よわい64歳。 まだまだ介護のことを考えるのは早いと言われそうだが、こればっかりは年齢に関係なさそうだ。 私の母は米寿を迎えるが、まだ熊本で元気にひとり暮らしをしている。 しかし私は脊柱管狭窄症と...
その他

平凡な人生を生きる難しさ〜1億人が波瀾万丈な人生を送る国『日本』

平凡という名の非凡 なぜ私は偉大な経営者にもエンターテイナーにも科学者にも小説家にもならなかったのだろう? まあ人生の目標として目指さなかったからなれなかったということだろう。 しかしそもそも目指さないということは、こう言った...
その他

愛すべきバカ〜路上飲みしたくなる気持ちもよくわかる

『飲み会』という名の必要悪 『今日は会社の飲み会だから・・・』 嫁がまだ生きているころには、何度このセリフを言ったことか。 日本において飲み会とはほぼ仕事であり、人間関係を良好に保つ行事であり、ストレス解消にはたいへん...
ライフスタイル

『老後』始めました〜老人やるのも初めてだからわからないことだらけ

みんな『老人』初心者 先日、老後あるあるを書いたばかりだが、今日もちょっと体の調子がイマイチ。 しかしタイトルのとおり、私も老人をやるのは今回初めてだからわからないことだらけだ。 こんなことなら前世でもっとしっかり老人...
ゆいまる

尿酸値が低いと認知症になり高いと痛風になる!?〜どうせえっちゅうの?

尿酸値の新常識 尿酸の素はプリン体というとっても可愛い名前の物質だ。 しかしこのチャーミングな名前に騙されてはいけない。 我々のような痛風持ちにとっては悪魔のような物質なのだ。 ただ、このプリン体は体にと...
ライフスタイル

体のあちこちが痛いのも老後あるある?〜日替わりランチのような体の痛み

ロキソニンってすごいな 60歳を過ぎてから、毎朝起きるとどこかに新しい痛みがないか確認することが日課になった。 老後はこんなに体が痛いものだったんだ・・・ 痛みを比べることなどできないので、自分の体の痛みがどの程度のも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました