2021-04

スポンサーリンク
その他

平凡な人生を生きる難しさ〜1億人が波瀾万丈な人生を送る国『日本』

平凡という名の非凡 なぜ私は偉大な経営者にもエンターテイナーにも科学者にも小説家にもならなかったのだろう? まあ人生の目標として目指さなかったからなれなかったということだろう。 しかしそもそも目指さないということは、こう言った...
その他

愛すべきバカ〜路上飲みしたくなる気持ちもよくわかる

『飲み会』という名の必要悪 『今日は会社の飲み会だから・・・』 嫁がまだ生きているころには、何度このセリフを言ったことか。 日本において飲み会とはほぼ仕事であり、人間関係を良好に保つ行事であり、ストレス解消にはたいへん...
ライフスタイル

『老後』始めました〜老人やるのも初めてだからわからないことだらけ

みんな『老人』初心者 先日、老後あるあるを書いたばかりだが、今日もちょっと体の調子がイマイチ。 しかしタイトルのとおり、私も老人をやるのは今回初めてだからわからないことだらけだ。 こんなことなら前世でもっとしっかり老人...
スポンサーリンク
ゆいまる

尿酸値が低いと認知症になり高いと痛風になる!?〜どうせえっちゅうの?

尿酸値の新常識 尿酸の素はプリン体というとっても可愛い名前の物質だ。 しかしこのチャーミングな名前に騙されてはいけない。 我々のような痛風持ちにとっては悪魔のような物質なのだ。 ただ、このプリン体は体にと...
ライフスタイル

体のあちこちが痛いのも老後あるある?〜日替わりランチのような体の痛み

ロキソニンってすごいな 60歳を過ぎてから、毎朝起きるとどこかに新しい痛みがないか確認することが日課になった。 老後はこんなに体が痛いものだったんだ・・・ 痛みを比べることなどできないので、自分の体の痛みがどの程度のも...
その他

かっこいい大人がいたから私はまともな人間になれた

許してくれる大人 ライターでエッセイストの生湯葉シホさんという、とても美味しそうな名前の方が書かれたコラムにたいへん共感を覚えた。 まさに自分のことだと思った。 『見逃してくれる大人』がいてほしい 出来の...
その他

陥れたのはなんと自分の女性の部下〜罠にはめられた男

ハンターは24歳の女性部下 女にはつくづく痛い目にあってきたなと自分の人生を振り返って思う。 会社人生では優秀な女性部下もたくさんいたし、彼女たちのおかげで私は良い仕事ができたと自負もしている。 しかし女性の部下もたく...
ライフスタイル

思い出とはただの記憶〜しかし死ぬ時に唯一あの世に持って行けるもの

思い出はプライスレス スティーブ・ジョブズが最後に残した言葉の中で『結局自分の人生で一番大切なものは、健康とたくさんの思い出だった』と言っている。 世界中が認める成功者の言葉は重い。 どれだけビジネスで成功してもお金を...
その他

出身が九州というだけで九州男児と呼ばれる男たち〜九州女子の方がすごいですけど・・・

九州男児のイメージ 私も熊本県出身なので若い頃はよく言われたものだ。 『九州男児』 割と褒め言葉として言われたことが多いので、生まれたのは実は練馬区だということはあまり大きな声では言えない。 しかし九州の...
ライフスタイル

親父のファッション哲学はこうだ!〜おしゃれな男の小物使い(自爆)

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう この言葉を知っている人は、私と同年代で関西フォークにハマった人だろう。 元ジャックスの早川義夫のレコードのタイトルがこの言葉だった。 『かっこいいことはなんてかっこ悪い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました