ようやく嫁が死んでくれた

その他
スポンサーリンク

先に死んだのが嫁でよかった

ようやく私に自由な時間がきた!

30年以上どこに行くのもいつも嫁と一緒。

出かける前の化粧や洋服選びに時間がかかるし、買い物の時間は長いし、荷物は持たされるしで、本当に一緒に出かけるのが億劫だった。

これからは一人でどこへでも行けるのだ。

 

まず何をしたいか?

そうだ、嫁が溜め込んだ服や食器を捨てよう!

まとめてゴミ袋に入れて業者にでも引き取ってもらえばいいか。

気に入らなかったアジアンっぽい藤のベッドも、食器棚も本棚もぜんぶ捨てる!

 

50枚近くある犬の服もこんなにはいらない。

元々うちの犬は服を着るのは嫌いなのだ。

 

これまで嫁がうるさいから行けなかった友達との飲み会も、毎晩でも付き合うよと友人たちにLINEしとこう!

そうそう。

歌舞伎町のキャバクラのあみちゃんにも、もう堂々とLINEできるのだ。

LINEの通知音も消さなくていいし、男名前で登録しておく必要もなし!

ハァ〜、気が楽だわ〜。

 

 

家でパーティを開いてもいいな。

友人も知り合いのお姉ちゃんたちも呼んで、どんちゃん騒ぎをしよう!

散らかしても嫁に怒られることはもうないのだ。

 

色っぽい女子に『独身ですか?』と聞かれたら

 

『もちろん独身ですよ』

 

とウィンク!

 

これからたっぷりと恋をして、いつか金正恩のように喜び組みを侍らせよう!

ハーレムだ!!

 

う〜む。

ちょっと体力つけておかないと、そんなに相手できないぞ。

 

ジムでも行くか!

また体を絞って筋肉をつけて、ジムの若いヨガの先生と仲良くなるのもいい。

二人でセブ島に行ってビーチヨガを楽しむ!

 

夕日が海に沈むころになると、ビーチのテラス席でカラフルなカクテルにストローを2本差して、二人で見つめあってお酒を飲むのだ。

 

『私ちょっと酔ったみたい・・・』

 

と彼女。

 

私は鍛えあげた腕で彼女をなんなくお姫様抱っこ。

そのままホテルの部屋へと連れて帰る。

 

天国とはこの世にあったのか!!

 

スポンサーリンク

たしかに嫁は死んだ

私よりも先に嫁は死んでしまった。

私が先に逝くはずだったのに現実は逆だった。

 

そして嫁が先に死んだからと言って、冒頭に書いたようにはならなかった。

なぜならなかったのだ?

自由を手に入れ一人暮らしを満喫し、新しい彼女でも作って、優雅に海外にでも遊びに行けばいい。

なぜそうしない。

 

現実は、未だ喪失感に苛まれ、ただ無為に4年の時を過ごしただけ。

LINEに友人からメールが来ても既読スルー。

キャバクラのお姉ちゃんはブロックした。

 

50肩でお姫様抱っこなんか到底無理!

一人では焼肉屋にすらはいれない。

 

パーティどころか、今日もせっせと自炊して一人で侘しく金麦を飲むだけ。

それが現実だ。

 

婦人公論という雑誌に読者体験手記というコーナーがあるらしい。

そのコーナーで76歳の女性の手記が公開されていた。

タイトルは

『夫が先に逝ったなら、やっと私の人生がきたと叫びたい』

 

その手記がたいへん面白かった。

夫が先に死んだ場合と妻が先に死んだ場合とでは、なんかずいぶん違うような気がする。

それで冒頭のようなことを書いてみたのだ。

妻は夫の死後、自分の人生を楽しむべく生き生きと暮らして行くけど、妻に先立たれた夫は、きっとそうはいかない方が多いのではないだろうか。

 

そのいいサンプルが私だ。

 

つくづく男はダメだな生き物だとあらためて思う。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食のサラダボウル。

たまごボウル。

鶏卵と魚卵の三社祭だ。

 

イオンはいくらが安いからこんなことができる。

 

しかし見るからにプリン体の過剰摂取。

なんか急に足が痛くなってきた気がする・・・

 

 

ランチは一度やってみたかった『とうめし』

おでんの名店『日本橋お多幸』の名物料理だ。

おでんの豆腐を茶飯にのっけただけの料理だが、見た目のインパクトが凄すぎる!

 

しかし日本人ってなんでも4文字にしたがるけど、『とうふめし』の『ふ』の1文字を省略する意味ってある??

 

 

晩ごはんはスーパーのお惣菜を並べただけのプレート。

ビールにはよくあう。

長年連れ添った夫婦が、相手の死を待ちながら生きる人生とはどんなものだろう。

私には想像がつかない。

それほど嫌なら別れるべきだ。

自分の人生の使い方を間違っている。

 

ゴミを捨てる人とゴミを拾う人。

他人を助ける人と他人を利用する人。

お金を寄付をする人とお金を搾取する人。

 

日常の小さな行動がその人の人格を作ると誰かが言っていた。

 

夫婦生活の積み重ねも同じようなことだと思う。

 

 

コメント

  1. ぺこりーのさん おはようございます!

    またiPadからコメントできない問題勃発。やだなぁ…

    ショッキングなタイトルでしたね。さっき読んだご臨終の不思議な世界という本に、奥さまを亡くして三年以上孤独に耐えながら生きていくのは難しいとありました。ぺこさんは四年たったので大丈夫ですよ!なーんて軽い発言でスミマセン!

    夫に私の死後ぺこさんのようになってもらうべく?、今から仲良くgo toトラベルしてきます!

    • うさん

      こんばんは〜!

      ええ??
      またダメですか・・・
      なんかセキュリティなのかな?
      デバイスは全部同じWiFiにつながってますか?

      そうですね〜。
      うさんが先に逝くかどうかはわかりませんが、ひとり残されたご主人は私が責任持ちましょう!
      どこに行かれるんですか?

  2. とうめし初めて見ましたよ~!
    凄いインパクトですが、やっぱり、とうふめしのほうがしっくりきますよね。
    私はこれから両親の世話に帰省しますが、行く前からフラフラなんですよ。
    ぺこりーのさんのように自由が欲しいですね~。
    好きなことをして生きられるのって、幸せなことだと思いますよ。
    奥様はなんでもできるぺこりーのさんのことを、そんなに心配してないと思いますので、これからも色々と楽しんでくださいね~♪

    • こしあんさん

      こんばんは!
      とうめしはなかなか美味しいんですよ。
      見た目以上に。
      私もとうふめしの方がいいと思うんですが・・・

      帰省されるんですか?
      なんかお疲れのようですね。
      あまりご無理されないように。
      帰省されてもブログは見にきてくださいね〜!

  3. ぺこりーのさん、はじめまして。

    定年女子60才おひとりさまの「なぽ」です。

    なに、このブログ中毒になる予感!!

    とりあえず、7月までよみました!!

    続きは明日にします。

    ちなみに私は娘が独立後、離婚。元夫が今年5月に急死。

    今年3月定年退職、4月から予定していたシニア大学はコロナで1年休校中。

    ひま~っ!

    退屈しのぎにシニアブログ訪問して、ぺこりーのさんのブログに出会う。

    ぺこりーのさん、こどもさんは嫁いだ娘さん一人だけなのですか?

    • なぽさん

      初コメントありがとうございます!
      ぜひ中毒になってくださいね。

      ご主人様は亡くなられたんですか〜。
      ご冥福をお祈りいたします。

      私は一人娘です。
      今日、娘夫婦の家でBBQしてきましたよ。
      若いのに素敵な夫婦で、私が教えられることばかりです。
      老いては子に従えですね^_^;

      また遊びにきてくださいね〜!

  4. はじめまして

    老後の一人暮らしで検索していたところ、ぺこりーさんのブログに出会いました。

    私も同じくらいに伴侶を亡くしましたがまだ現実感がないというか、、

    我が家は夫が単身赴任や長時間労働で自宅にいる時間が少なかったこともあって、いまだに実感がわかず、ふらっと帰ってくるんじゃないかと思うこともあります。

    夫がいたときは毎日の食事つくりから解放されたい、早く自由になりたい、夫が死んだらなにをしよう??なんて楽しい妄想をしていたのですが

    現実は違いましたね。。どんなに夫の存在が大きかったかということ。夫がいたから私はのびのびと暮らすことができていたんだって思い知らされました。

    いまはまだ仕事をしているので一人暮らしの寂しさも埋める時間がありますが

    定年後はどうなってしまうんだろうという不安があります。

    子供たちには自分たちの生活を幸せに生きてほしいと思っているので負担にはなりたくないですしね。老後の生活模索中です(笑)

    ぺこりーさんのブログを読んでちょっと元気になりました(⌒∇⌒)

    • かーこさん

      初コメントありがとうございます!
      かーこさんもご主人を亡くされたんですね。
      引きずるなと言われてもしょうがないと思います。
      嫁が死んで、つくずく夫婦っていいもんだな〜と思いました。
      他人なのにこんなに悲しいなんて、夫婦じゃないと経験しないです。

      お互いなるべく元気で長生きしましょう!
      また遊びにきてくださいね。
      お待ちしております。

  5. ぺこりーのさん、ぺこりーさんと書いてました(^^;ごめんなさい。。    かーこ

タイトルとURLをコピーしました