【やばい話】失踪、夜逃げ、行方不明者の所在がバレるのはこの契約から!

料理
スポンサーリンク

なぜか偽名を使わない契約

 

この話はかなりやばい話なので書こうか書くまいか迷ったが、他にネタもないので書くことにする。

本当に迷ったか?

書く気満々に見えるが・・・

 

いやいや、本当にこの情報はやばい話なのだ。

ただ、今はこの情報をくれた人とは縁が切れているのでもう時効だろう。

 

山口県阿武町で起きた特別給付金の誤送金事件。

まさかこういう展開になるとは思ってもいなかった。

 

4,630万円という公金が誤って振り込まれた人は24歳の男性で、空き家バンクの制度を利用して阿武町に移住してきた若者だそうだ。

そして現在は所在がわからず連絡も取れなくなっているらしい。

 

そうなるとどう弁解しても持ち逃げした以外には考えられない。

そこで阿武町側はついに民事訴訟を起こすことにしたらしい。

そしてなんとその訴状により被告の実名まで公表されてしまったのだ。

 

なんで逃げちゃうかね〜。

おそらく移住してくる際には実家の住所や戸籍なども確認されているはず。

それで逃げ切れると思うのだろうか。

 

また持ち逃げした額は4,630万円という額だが、訴状で請求されている額は5,116万円!

弁護士費用やら交通費などが加算されているから、もし払うとなれば誤送金された額より500万ほど自腹を切らなければならない。

 

いやいや。

裁判になる前にとっと返しなよ。

24歳であぶく銭を手に入れたってあなたの人生になんのいいこともないよ。

悪銭は所詮身に付かずだ。

 

本人は既にお金は動かしたと言っているようだが、24歳の移住者が大金を動かして生活しているとは思えない。

だから今ならまだほとんど手付かずじゃないかと私は踏んでいる。

 

ただ・・・

裁判をしてもお金がスムーズに返金されるかどうかは不透明らしい。

あくまで本人の善意次第?

 

実は私もこの3年ほどの間に、2度取引先からの誤送金のせいで返金したことがある。

まあ数十万という額なので2回とも気づかずにいた。

そして2度とも誤送金から1年ほど経過した頃に、会計士の指摘で振り込みの誤りに気づいたそうだ。

 

別々の取引先ではあったが、どちらも丁重にお詫びされて返金いただけないかとお願いされた。

もちろん私は即日返金したのだが、この2度の返金の日にちが近かったので結構その月の生活は痛かった。

時間が経てば経つほど、後から返金するのは痛みを伴う。

なぜならお金はすでに口座の中で溶けてしまっていて、生活費へと変わっているからだ。

 

だから移住者の若者もできるだけ早く返したほうがいいよ。

後から返すのは痛いから。

 

さて、ここで今日のタイトルのやばい話だが、失踪したり夜逃げしたり行方不明になった方達でも、ある契約によって所在が判明するという話だ。

実際にこれはビジネスとしてやられているのだが表には出てこない。

 

合法なのだろうが、この話が世の中に広まってしまうと本名での契約がなされなくなる可能性があり、これはさらにやばい話になりかねない。

なのでこっそりここだけの話として忘れていただければありがたい。

 

じゃあ、書かなければいいじゃん!

と言われそうだが、もうここまで聞いたからには皆さんもどんなやばい話なのか聞きたくてしょうがないだろう。

 

だからこっそりね。

 

実はいろんな理由で消息を断つ人たちは、住まいを契約したり仕事の履歴書を書いたりする際には当然偽名を使う。

住み込みの仕事もたくさんあるだろうから、履歴書さえうまく書ければ住居まで手に入れることができるのだ。

 

ただ、そういう逃げた人たちは必ず追っている人がいる。

それは借金を踏み倒された金融会社であったり、税金を未納されている自治体だったり・・・

さまざまだ。

 

そういう消息を知りたい人たちに実は所在を教えるサービスがあるのだ。

では何から所在を調べるかというと、誰もが契約をしている電気料金である。

 

偽名を使ってアパートを借りたとしよう。

当然だが地元の電力会社と電気の契約をする。

いろんなところで偽名を使って逃げていても、なぜか電力の契約だけは本名で契約してしまう人が多いのだそうだ。

 

何かその理由を聞いたかもしれないがもう覚えてない。

とにかくその電気の契約の情報を使って消息を判明させるということ。

 

先ほどの阿武町も公金を持ち逃げした男の所在を知りたいに違いない。

しかし一番知りたいのは誤送金の手続きをした阿武町の担当だろう。

本人は食事も喉を通らないほど落ち込んでいるらしいから・・・

 

大丈夫大丈夫。

 

ただ、間違えるにしちゃちょっと金額が大きかったね。

 

それと本当に落ち込んでいるのは、10万づつ振り込まれるはずだった阿武町の非課税世帯の人たちね。

あなたの単純なミスのせいでこの人たち泣いてます。

 

大丈夫って言いながら責めるな!

 

だからこの担当の方は、自ら直接本人に会ってお金を返してくれるようお願いしたいだろうな。

 

誰かこのやばい話をこっそり教えてあげてくれ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はソーセージエッグ定食。

シャウエッセンの長いバージョン。

最近フリーズドライの赤だしばかりで味噌汁を全く作ってない。

 

 

ランチは辛味噌ラーメン!

味噌、コチュジャン、豆板醤、味覇、ニンニク、生姜、などでスープを作った。

 

 

なかなか辛い!

スープは激うまだった。

 

 

晩ごはんはプルコギ、チョレギサラダ。

チョレギサラダが美味かったな〜。

たまたまサンチュも韓国海苔もあったので作ってみたがこれはまた作ろう。

 

 

甘辛いプルコギも美味い!

いくらでも食べていられる。

 

 

それにしても自分で稼いだお金じゃないとわかっていて、そのお金を返さないという神経がわからない。

自分から阿武町に『間違って振り込まれてますよ』と伝えていたとしたら、阿武町の人たちはこの若者を素晴らしい移住者だと誉めたであろう。

逆に美談として日本中に伝わるはずだ。

 

しかし現実は真逆。

 

もうこの若者は2度と阿武町には戻れない。

 

 

 

※昨日もコメントありがとうございます!

いつも楽しみに読ませていただいてます!

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました