無宗教、無信仰、信仰心0というバチあたりで良かった!壺も経典もいらない生活

料理
スポンサーリンク

自分だけでやっとけ!

 

我が家にも時々やってくる新興宗教のお誘い。

ドアも開けないのでなんの宗教かはわからないが、もしかすると今叩かれている例の旧統一教会の信者かもしれない。

 

やけに若い女性がドアホンのモニターに映っていたら要注意だ。

若い女性が我が家のドアの前でニコニコ笑って立っている理由がない。

 

息を潜めているとそのうちゴソッと音がして、ドアの郵便受けに何か冊子のようなものが突っ込まれてその若い女性はお帰りになられる。

ご苦労様です。

 

あそこでもし私が鼻の下を伸ばしてドアを開けたなら、女性の横に隠れていた禿頭のおっさんがのそりと顔を出すはずだ。

そして延々とありがたいお話を聞くことになる。

ありがたいお話だけでなくありがたい壺やありがたい経典なども薦められるのだろう。

 

しかし私はこの歳まで無宗教、無信仰、信仰心0という、宗教というものにまったく関心がない男である。

他人が考えた哲学に素直にうなづけるほど従順でもないし、上からものを言うやつは大嫌いだ。

 

だから相田みつをも嫌いだし瀬戸内寂聴の話など聞く気にもならなかった。

神は自分の中にいて自分と向き合えば自ずと道は拓ける。

 

それに気づいたのは嫁が死んでからだ。

 

だからこういう受け売りの布教活動のようなことをやっている人たちのことが、私には全く理解ができない。

いつになったらこのような宗教の押し売りする人たちはいなくなるんだろうか。

と、そう思っていたところに安倍元総理の銃撃事件かあった。

 

そしてまさかの旧統一教会が容疑者の犯行の動機だったとは・・・

そしてテレビのワイドショーでは、どこから見つけ出してきたのか旧統一教会の元信者という人たちがこぞって旧統一教会の悪辣な集金体制について証言をしている。

 

その話がまたすごい!

現代でもまだそんなことやってたんだというような話ばかり・・・

 

集金じゃなくて献金だそうだ。

札幌で行われた裁判によるとどうやら旧統一教会には義務献金というのがあるらしい。

 

献金って自分の意志でするもんだと思うが義務ってどゆこと?

義務献金の額は650万円。

それが終わると次は愛国献金が300万円だそうだ。

 

国を愛するためには300万円が必要なんだと。

こんな意味不明な言葉なのにそれでも自分は騙されていると気づかないものか?

 

しかしありがたい献金はこれで終わらない。

なんと次は聖本献金が3000万円なんだそうだ!

 

聖本がどんな本かは知らないが、それにしても本が1冊3000万円ってちょっとした中古マンションが買える金額じゃないか!

どんだけありがたいの!!

 

1冊2000円を超える金額の本を買った記憶って、私は若い頃に買ったビニ本くらいしか記憶にない。

2000円でも『高け〜!』と思って買ったのに・・・

3000万ならビニ本が何冊買えるんだ?

 

他にもお決まりの壺や天福箱?となんでも売っているのが旧統一教会である。

とにかく財産は全て献金しなさいというのが教団の信条らしいから、金目のものは根こそぎとられて自己破産するまでむしり取られるらしい。

 

そして宗教団体だからと教団の収入は全て非課税。

これがまかり通る世の中でいいものだろうか?

 

今回の参院選挙では、自民党の井上義行議員が旧統一教会の全面的な支持を受け当選している。

おそらく旧統一教会の支持を受けて当選した自民党議員は、この井上義行氏だけではないだろう。

 

安倍元総理がこの宗教団体にどのように関わっていたのかは知らないが、この事件がきっかけで旧統一教会という教団の実態や、政党とのつながりなどが公になってきた。

 

もちろんだからと言って安倍元総理を銃撃した山上容疑者が擁護される余地はない。

 

ただ本当の悪は誰なのか。

 

それを今後の捜査で明らかにしないと今回の事件は終わらないと思う。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食。

地味飯だけどうまい。

 

 

ランチは冷麺。

 

 

材料が全部あったからモランボン冷麺だけ買ってきた。

なかなか本格的な味だな〜。

 

 

晩ごはんはたまにやってくる辛い鍋を食べたい衝動。

焼き豆腐ときのこの辛い鍋。

 

 

豆腐を胡麻油で焼き色がつくまで焼くと香ばしくて美味しい!

きのこから出汁が出てスープがたまらん!

 

このスープでしめはインスタントラーメン。

エアコンのきいた部屋で辛い鍋を食べると爽快な気分になるな。

 

 

 

私が宗教嫌いなのは母親のせいなのだが、幼少の頃に母親からしつこく創価学会への入信を薦められた経験が逆に私の信仰心を0にした。

離婚して別々に住んでいた母親は宗教に頼らないと生きていけなかったのは理解できる。

 

だったら自分だけで幸せになってろと言いたい。

人に押し付けるな!

 

そしてなぜ宗教に金がいるのだ?

神が金を要求するわけがない。

 

金を要求するのは人間だ。

 

 

※昨日もコメントありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました