ACジャパンのCMはそう言うが、老人をいつまでバッターボックスに立たせる?

老いるということ
スポンサーリンク

デッドボールだってある

 

ACジャパンのCMが急に増えている。

どうやら安倍元総理の訃報が原因でいろんな企業がTVCMを取りやめているそうだ。

 

それでCM枠が空いてしまい、急遽ACジャパンのCMだけがテレビで流れるという事態になっているのだ。

ACジャパンって政府広報だから、政府が一番先にCMを自粛するのが筋のような気もするが・・・

 

そのACジャパンのCMの一つに、あの81歳で初めてゲームアプリを開発されて一躍有名になられた若宮正子さんのCMがある。

87歳の今でも現役のプログラマーで、いろんな要職について仕事をされているというからすごい!

 

そしてそのCMでは若宮さんはこうおっしゃっている。

 

『とにかくバッターボックスに立ってバットを振ってみる』

 

若宮さんは何歳からでも人は変われると言っておられるのだ。

確かにそうだろうな。

 

80歳過ぎてからも人生を切り開いて、夢に向かって突き進む若宮さんの姿は日本中の老人の鏡であり励みだ。

では日本の政府がなぜ若宮さんのような生き方をCMにまでして流しているんだろう。

 

純粋に老人たちに頑張れよと言ってるのかもしれないが、私にはいつまでも働けよと言われている気がしてならない。

若宮さんは日本に一人しかいないから話題にもなるが、こんな老人が日本にうじゃうじゃいたらそうとうめんどくさいと思う。

 

私は65歳だから若宮さんに比べればまだまだ若手。

それこそ夢に向かってもっと頑張れと言われそうだ。

 

そうだな〜。

もしかすると私でもまだ手を伸ばせば新しい仕事が手に入るかもしれない。

手を伸ばせばもう一度素敵な人と出会えて恋の一つや二つできるかもしれない。

 

いくつになっても夢は諦めたらダメなんだそうだ。

何かを始めるのに年齢は関係ないとも言われる。

そうそう、思い立ったが吉日かもしれない。

そして私は今日が人生で一番若い日であることも知っている。

 

でもね。

若宮さんには叱られるかもしれないが、今さら今と違う何者かになろうとは全く思わない。

しかも今の生活がほぼ私の夢だ。

 

もうわざわざ手を伸ばしたくない。

仕事も今私の手の上にあるだけで十分。

 

誰かと出会ってこれからまた新しい思い出を作るなんてノーサンキュー。

65歳の夏は一度きりだけど一人で夏の海を泳いで楽しむ!

 

それで今年の夏は終わりだ。

 

思えば嫁と暮らした30年はずっと夏のようだった。

そして6年前に夏は終わった。

 

今がきっと人生の潮時なんだろう。

潮が満ちるように人は成長しそして潮が引くように老いぼれる。

 

潮が満ちる時に手に入れたものは潮が引くときに全部手放して終わり。

これが本当の意味での断捨離なんだと思う。

 

人生もそろそろ終わりに近い。

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
老いるということ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして
タイトルとURLをコピーしました