老後は一人暮らしでも幸せ?

クラフトビール
スポンサーリンク

幸せはどこにでもある

私は一人暮らしだが幸せだ。

嫁が生きていた4年前・・・

当時も私は幸せだった。

二人でいろんなところに行ったし、毎日二人でビールを飲ながら今日1日にあったことを嫁が話してくれる。

その話を聞きながら嫁が作ってくれた料理を食べる。

今、思い出してもたいへん幸せな光景だった。

 

今は残念ながら嫁はいなくなったが、それでも嫁が生きていた頃のように丁寧に料理を作って、1日の終わりにビールを飲んだり、育った観葉植物を植え替えたり、ゆいまると一緒に線路沿いの道を散歩したり・・・

これで私の人生は十分に幸せだ。

しかもあの楽しかったころの思い出は、もう海馬に溢れるほど記憶されている。

これ以上、幸せだったらバチが当たるわ!

 

しかし、私も歳をとったからこういう気持ちになれたと思う。

若い頃は自尊心の塊のような男でプライドが高く、仕事で負けるのが大嫌いだった。

それが今はどうだろう。

野に咲く花が揺れるだけでも、幸せを噛み締めることができるおっさんになった・・・ププ

 

幸福感を感じるためには、多少の成熟した精神も必要だと思う。

歳をとると逆に精神が後退して、2歳児よりもわがままを言う年寄りがいるが、こういう方は思い込みが激しく不平不満がたいへん多い。

不平不満ばかり言う人からは、幸せが逃げて行ってしまう気がする。

 

なるべく物を持たず、小さく小さく生きて行くこと。

日々の身の回りのことにも、丁寧に手をかけてやることを心がけること。

そうすると自ずと足りることを知って、穏やかな心で生きていけるだろう。

 

どうだ。

この仏のような心境は。

 

酒が飲める少しの友達と愛するワンコとたまに会う可愛い孫。

あとは若いお姉ちゃんが一人いればそれでいい・・・ヾ(≧▽≦)ノ゙

[ad]

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

ひとりでごはん食べるの寂しくないですか?ってよく聞かれるがそんなことはない

誰からもおかず取られないし、スマホ見ながらごはん食べても怒られないし、好きなものだけ食べれる。

毎日が孤独のグルメだ。

 

そんな今朝のモーニンサラダ。

スマホ見ながら食べた(≧∇≦)

こんなに野菜が高いと、サラダも貴重な食べ物になってきた。

 

ランチは私が大好きなガスパチョ素麺!

暑い夏には何度も作って食べる。

トマトやきゅうり、パプリカ 、ニンニクなどをミキサーして素麺に絡めて食べるのだが、野菜もたっぷり食べれるし、あっさりした素麺に酸っぱいソースが絶妙に絡んで絶品だ。

絶品は言い過ぎか?

 

午後はあえての肉じゃがを作った。

じゃがいもがびっくりするくらいに高かったので、スーパーの青果売り場でも誰も買う様子がない。

私はひとり暮らしなので、肉じゃが作るにも男爵が1個あれば十分。

だから1個だけ買って高級な肉じゃがを作って見た。

 

お肉はA3の切り落としだけど、適度にサシが入って実にうまい!

 

ヤッホーブルーウィングのIPA『インドの青鬼』。

ホップを大量に使って醸造しているのでとっても苦い!

大人の味だから柔な女子は気をつけて飲むように。

ブロッコリーを買いたかったけど、めっちゃ高くてしかも小さい!

こんなに小さかったら、サラダ1食分にもならんわ。

 

シルバニアファミリーか!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました