姉妹対決!家族で起きた宗教戦争〜創価学会 vs エホバの証人

その他
スポンサーリンク

盲目的な勧誘

 

タリバンによる市民への残忍な迫害の様子が日々ニュースで伝わってくる。

本当に宗教と政治が結びつくとろくなことがないと思う。

アフガンは他国の話だが、日本でも宗教が政党を持ち活動しているからあながち人ごとではない。

 

実は私はまったく宗教に興味がないので、あまり宗教について論じる気にもなれない。

ただこれまで特定の宗教からしつこい勧誘を受けたことがあるので、一時期少し勉強したことはある。

その宗教とは日蓮宗だ。

いわゆる創価学会。

 

私の母親は私が4歳くらいのときに離婚したきり一緒に暮らしたことはない。

私を育ててくれた祖父母は私が母親に会うのを嫌がった。

だから小さい頃はできるだけ母親のことは、祖父母の前では話さないようにしていた。

 

しかし小学生も高学年になるともう自分の考えや意思も出来上がってくる。

自分が会いたいと思ったら、私は母親が住む遠い町まで1人でヒッチハイクで出かけていったりしていた。

 

ただ、当時私は恐ろしく田舎に住んでいたため、母親に会うには片道3時間以上かかる道のりをなんとかしなければならなかった。

そしてそのなんとかしたのがヒッチハイクという手段。

小学生がひとりで・・・

あんな可愛らしい子供がよく無事だったと思う。

 

しかし、その頃の母親は創価学会に入信していて、私が行くたびに学会の方たちが集まってきては繰り返し創価学会のビデオを見せられた。

最初は何をされているのかよくわからなかった。

きっと大人しく面白くもなんともないビデオを見ていたと思う。

 

ところがそれが何度も繰り返されると、結局私が必死の思いで母親のところへ辿り着いても、2人きりでゆっくり話をしたり、何か親子らしいことをしてもらうことはないと気づく。

それから私は母親に会わなくなった。

 

もちろん創価学会のことを頭ごなしに否定をするつもりはない。

私が高校生くらいのときには青年部会とかいろんなイベントには顔を出した。

京都の創価学会のお寺にも行って日蓮宗の偉いお坊さんの話も聞いたりした。

 

そのうえで私には日蓮宗の教えは心には響かなかったということだ。

ただそれだけだ。

 

スポンサーリンク

創価学会 vs エホバの証人

 

母親の妹、要するに私の叔母にあたる人だが、この方は私にとても優しくしてくれた。

両親のいない私が不憫だと思ったのだろう。

叔母は私が母親に会いにくるたびに創価学会の信者に囲まれて、ビデオを見せられていると知って母親を非難した。

 

『たまに会いにくるときくらいちゃんと母親らしいことをしたらどうなの!』

と母親に向かって意見をしてくれた。

そして叔母は創価学会のことも嫌っていた。

 

『狭い家に住んでいてなんでこんな大きな仏壇が必要なの!』

とよく文句を言っていたのを覚えている。

 

ところが!

 

その叔母がなんとあのエホバの証人というキリスト教系の宗教にハマってしまったのだ。

母親が和風なら叔母は洋風できた!

 

あんなに宗教を嫌ってたくせに自分はエホバの証人とは・・・

またずいぶん振り切った宗教を選んだものだと当時は思った。

 

宗教は自由だから人のことをとやかく言うつもりはサラサラない。

しかし、母親と叔母という姉妹が顔を合わせると、恐ろしい宗教戦争が勃発するのである。

これはさすがに面白かったまわりは迷惑した!

 

2人で何かわけがわからないことについて言い争いをするのだが、母親も叔母も自分の宗教の知識に乏しくちゃんとした論戦になっていない。

バカとかアホとか言い出すから子供の喧嘩よりもたちが悪い。

 

そこで2人は自分のチームを連れて来ることになる。

学会チーム対エホバチームだ。

 

それぞれリーダークラスの方が戦うから母親と叔母の戦いとは比べ物にならない。

 

私はもう中学生になっていたがこの様子を見て思った。

自分の宗教が正しい。

他の宗教は認めない。

 

その一点張りの論戦に勝者がいるわけがない。

ただただ・・・

 

なんと宗教とは心が狭いものなのか。

 

中学生の心すら動かせない宗教。

 

私にはいらない。

 

だから今でも無宗教である。

 

※これはただの個人のブログである。登場する宗教に悪意などまったくないと一言申し上げておく。

 

スポンサーリンク

 老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はほうれん草と卵のトースト、キウイ、枝豆スープ、チェダーチーズ。

 

 

もう少し 黄身をとろとろにしたかった。

でもうまい!

 

 

ランチはシーフードのバジルパスタ。

バジルソースのパスタのことをイタリアではジェノベーゼとは言わないと初めて知った。

このバジルソースが本当にうまい!

 

 

晩ごはんはスリランカフィッシュカレー

 

スリランカ人の友人にカレーリーフとパンダンリーフをいただいたので、サバ缶を使ってフィッシュカレーを作ってみた。

 

 

友人もサバ缶でフィッシュカレーを作っているというので真似して作ってみたがうまい!

レモン汁を入れて少し酸味のあるカレーだ。

 

 

たっぷりのほうれん草と一緒にいただく。

手間はかかるが本当にうまい。

 

マックのポテナゲのCMをご覧になったことがあるだろうか。

晩ごはんがポテナゲと聞いて大竹しのぶさんをはじめ家族が喜んでいるCMだ。

 

 

私は晩ごはんがポテナゲだったらテーブルをひっくり返す。

晩飯くらいちゃんと作れよ〜!

 

マックもトランス脂肪酸は減らしているらしいが、私たちが食べているファストフードはマックだけではない。

CMで子供たちが晩ごはんに喜んでポテナゲを食べているのを見るとなんか悲しい。

 

ランチならまだしも晩ごはんはちゃんとしたものを子供に食べさせてほしいな。

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. みっきーママ より:

    ぺこりーの様

    初めまして。

    ぺこりーのさんのブログ、写真がきれいで、
    はじめ、どこかのレストランのブログかと思いました!

    私も無宗教です。夫も無宗教でした。

    他を寛容しないもの、勧誘してくるものは宗教ではないと思っています。

    夫が亡くなったときは遺言通り茨城県の海に散骨しました。

    それで、ぺこりーのさん、この前、散骨のことを書いておられましたね。
    それ以来、余計なことかと、ずっと思い悩んでいたのですが。

    お骨も保存状態がよくないとカビが生えるそうです。
    ご存じだったらすみません。

    ぺこりーのさん、素敵な奥様との思い出を大切にこれからも楽しいブログを綴ってください。
    カビの話、お気を悪くされましたら本当に申し訳ないです。このメールを削除してください。

    きょうも良い一日になりますように!!

    • みっきーママさん

      初コメントありがとうございます!

      ミッキーママさんもご主人を亡くされたんですね。
      え〜!
      遺骨にもカビが生えるんですか!!
      知りませんでした。
      ありがとうございます。
      気を悪くするなんてとんでもない!
      たいへんありがたい情報でした。
      そう言えば最近骨壷の蓋開けてない・・・

      やはり散骨した方がいいのかな。
      またコメントお待ちしておりますね。

  2. こしあん より:

    私の4歳下の妹がエホバの証人なんですよ~笑。
    もう20数年前からの信者でして、若い頃は何度も入信を勧められましたが、全く興味がないので断りましたよ。
    時々おかしなこと言ってる気がしますが、やはり宗教は自由なので否定はしませんね。

    学会チーム対エホバチームは笑えますわ。
    学会の知り合いにも何度も誘われましたが、こちらも興味がないので断りましたよ。

    ぺこりーのさんのお母さんと叔母さんの話、面白かったですよ~(*≧∀≦)

    • こしあんさん

      コメントありがとうございます!

      やっぱり信者の方がいた!
      誰かからコメントで怒られるんじゃないかと思ってましたが怒られなくてよかったです^^;
      今となっては笑い話ですが、入信したてってみんな熱いじゃないですか。
      だからほんと厄介でした(笑)
      私は宗教家の方の話を聞くのは好きなんですが、やみくもにチームにはいれって言われてもはいそうですかってはいれないですよね。

タイトルとURLをコピーしました