いくら何でもその話には無理がありますよ、ワリエワさんのお母さん・・・

料理
スポンサーリンク

おじいちゃんが悪者?

 

過去にも氷上の妖精と呼ばれた女子フィギアスケート選手はたくさんいた。

古くはジャネット・リンさんや浅田真央さんもそう呼ばれていたと思う。

 

そして現在の氷上の妖精は、間違いなくカミラ・ワリエワさんだろう。

しかも他の選手が絶対に勝てないからと『絶望』とも言われているそうだ。

 

妖精なのに絶望。

しかし今絶望しているのはワリエワさん本人ではないだろうか。

 

15歳の天才アスリートにまさかのドーピング疑惑。

私もきっと何かの間違いだろうと思っていたが、どうやら間違いではないらしい。

 

ここにきて3種類の薬物が検出されていることがわかったからだ。

私も毎日4種類の薬物を食後に飲んでいるから、そうびっくりすることではない。

ただ私は65歳だ。

 

検出された薬物は心臓の薬と言うではないか。

さすがに15歳の少女が心臓の薬を飲む必要はないだろう。

 

ことの全容が明らかになるにはもう少し時間がかかるようだが、どうも背景にはロシアという国が組織的に関わっていることは間違いないのではないか。

 

なぜなら、ワリエワさんのコーチであるエテリコーチの門下生だけがなぜか4回転ジャンプを飛べるのだそうだ。

そしてエテリコーチの元を離れると途端に4回転ジャンプが飛べなくなる。

またエテリコーチの門下生に復帰すると4回転ジャンプが飛べるようになるらしく、ロシアでは誰もがその不思議な現象には気づいているとのこと。

 

おそらくエテリコーチの身辺調査も進んでいると思われるが、そんな大事な時にとんでもないことが起こった。

それはワリエワさんのお母さんであるアルス・ワリエワさんだ。

ニュースでも報じられたが、ワリエワさんから禁止薬物のトリメタジジンがでたのは、クリスマスにおじいちゃんのグラスで何か飲んだからだとお母さんがぶっちゃけた。

 

ぷ。

それマジで言ってるの?

 

どうやらおじいちゃんは心臓が悪いらしく、それで心臓の薬を飲んでいるのだそうだ。

そのおじいちゃんのグラスで何か飲み物を飲んだから、ワリエワさんの体からトリメタジジンが検出されただと?

 

いやいや。

さすがにその話にはいくら何でも無理がありますよ、お母さん。

 

おじいちゃんが飲んでいる心臓の薬は錠剤だ。

薬物が体内から検出されるには、それ相応の量を飲まないと検査では出てこない。

 

まさかワリエワさんがおじいちゃんの心臓の錠剤を間違ってゴクゴク飲むことなどないだろう。

なんでそんな見え見えの嘘を公に話してしまうのか・・・

 

しかもワリエワさんから検出された薬物の量は通常の200倍だそうだ。

どう間違えればそんな量になるんだ?

 

このおじいちゃんのグラス説がもし本当だと認められでもしたなら、これから色々出てきそうな気がする。

沢◯エリカさんも今頃になって『実はおじいちゃんのグラスで飲みました』と言い出すかもしれない。

槇◯敬之さんも、『実はおじいちゃんのグラスでした』となり、清◯和博さんも『本当のことを言うと悪いのはおじいちゃんのグラスです。』と言い出しかねない。

 

ワリエワさんのお母さんは一気に世界中のおじいちゃんのグラスを悪者にしてしまった。

 

どうもこのアルス・ワリエワさんも色々噂がある人らしい。

ワリエワ一家はワリエワさんの収入で生活ができているそうだから、何がなんでもその収入が絶たれることがあってはならないのだ。

 

そこで登場したのがおじいちゃんのグラス説である。

孫がおじいちゃんのグラスで何か飲んだだけで、体内から禁止薬物が検出されることなどありえない。

それをお母さんは思いつきでメディアにしゃべってしまったのだろう。

 

これにはロシア側も頭を抱えたのではないか?

ドーピングは緻密な計画の元に行われているそうだ。

 

体内から薬物が検出されなくなる期間を逆算して、検査を上手にすり抜けながら薬物を摂取する。

また反ドーピング団体も薬物検出の精度をどんどん上げてきている。

 

そんな中いきなりお母さんが登場してしまい、そしておじいちゃんのグラス説をぶちまけてしまったものだから、専門家は苦笑するしかなかっただろう。

 

ワリエワさん本人はきっと何も知らないことだ。

大人の勝手なエゴと利害に巻き込まれた15歳の天才が、本当に可哀想で見てられない。

 

今、彼女はどんな気持ちでいるのだろうか。

唐突に出てきたおじいちゃんのグラス説が本当か嘘かは、ワリエワさん本人は気づいているはずだ。

だからお母さん想いの彼女はますます口を開けなくなってしまった。

 

氷上の妖精は禁止薬物の陽性となり、フィギアスケート女子シングルスの結果はなんと4位に終わった。

世界中から疑惑の目で見られながらの演技はどれほど辛かっただろう。

 

大人たちはその責任をどうとるつもりなんだ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はざる盛りワンプレート。

 

 

久しぶりに普通サイズの卵焼きを焼いてみた。

小さい方がなかなか難しい。

 

 

今日のご当地ラーメンは『瀬戸内塩レモンあじラーメン』。

レモンラーメンは何度も作っているがインスタントラーメンは初めてだ。

スープはまるで生レモンを絞って作ったかのようにフレッシュな酸味がうまい!

 

それにしてもご当地ラーメンって奥深いな〜。

さすがに毎日インスタントラーメンというのは食べ過ぎだと思うが、今は動画を撮るのが楽しくてしょうがない。

どうか年寄りから楽しみを奪わないでほしい。

 

さあ、今日もインスタントラーメンをドーピングだ!

 

晩ごはんは牡蠣のポン酢バター炒め。

 

 

ミニ春巻き3種。

エビとニラの春巻き、チーズちくわの春巻き、ベーコンチーズの春巻き。

どれもビールにあうあう!

 

 

スポーツの起源がどうだったのかは知らないが、それでも今は練習を通じて体を鍛えそして心まで鍛えるために行うものではないのだろうか。

優秀なアスリートに人格者が多いのは、そういう日々の鍛錬のおかげだろう。

 

もしそれがスポーツの意義だとするならば、ズルをして相手に勝ってそれが一体何になる?

ワリエワ選手の出場継続を認めたCASの裁定には、世界中から非難の声が上がった。

しかし昨日のフリーの演技の結果は、ワリエワ選手は何度も転倒して惨めな姿を晒すことになってしまった。

 

おそらく演技ができるような精神状態ではなかったのだろうと思う。

 

可哀想ではあるが、ドーピングがバレてしまえばこういう結果が待っていることをワリエワ選手は教えてくれた。

 

 

※昨日もたくさんのコメントありがとうございました!

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. だりあ より:

    疑惑の国家に翻弄された、本来は出場するべきではない15歳の少女は、本当に可哀想でした。
    層が厚く、使い捨ての様にオリンピックの都度、新しい若い選手を送り込んできます。前回のスターザギトワはどうしたのでしょう。
    そんな状況でも前回のリベンジを果たした坂本花織ちゃんを讃えたいと思います。個人的には、新葉ちゃんのライオンキングが好きです。

  2. しずく より:

    私も血圧とコレステロールのお薬ドーピングしてるから
    4回転ジャンプできるかな?www

    ちなみにスケートは永遠の手すり磨きです( ´艸`)

  3. […] 今日のご当地ラーメンは『岩国蓮根麺』。 […]

タイトルとURLをコピーしました