女の幸せは結婚をせず子供を産まないこと〜日本の女性は欧米よりも幸せだった

ライフスタイル
スポンサーリンク

ショッキングなデータ

なんとなく女性が幸せな世界はすべて幸せな感じがするのは私だけだろうか。

女性が幸せ=子供も幸せ=弱者すべてが幸せ

勝手にこういう構図を思い浮かべてしまう。

 

実は女性の幸福度については欧米諸国でも研究が進められており、その結果がかなり興味深かった。

欧米は日本よりも先駆けて男女間の格差の解消に力を入れてきた。

そしてそれは着実に結果に表れていて、男女間の学歴や賃金、労働参加率などすべてにおいて格差は縮小してきているのだ。

 

ではその欧米の女性がそれで幸せになったかというとなんと逆。

女性の幸福度の調査では毎年下がっているのが現状とのこと。

そしてその理由はまだわかっていない。

 

明らかに職場や家庭での女性の地位というものは上昇しているにもかかわらず、欧米の女性は幸せとは思っていない。

それはいったい何を意味しているのか。

指摘されているのは、女性が幸福と感じる構成要素が変化したからではないかということだ。

 

何をもって女性が幸せと感じるのかその要素が変化してしまった結果、経済的な成功や地位向上に幸福感を感じなくなっているということか。

 

女性を幸せにするのはなかなか難しいものだな。

 

いや、それは男も同じだろう。

人間はすべからく何かを手に入れれば次の何かを欲しがる。

特に若いうちは今が幸せなことにはなかなか気づかない。

私もそうだったが、幸せとは夢を叶えた未来にしかないと思っていた。

 

一方で日本の女性はどうかというと、なんと幸福度は近年上昇しているそうだ。

日本の場合、男女の格差の是正についていろんな努力はされているものの、まだまだ欧米の水準になったとは言い難い。

それなのに、女性の幸福度は上昇してきているとはこれはいかなることか・・・

 

ここで残念なお知らせである。

幸福度が上昇したと答えた日本人女性の背景を見ると、結婚もせず子供もいない女性だということだ。

結婚して子供がいる女性の幸福度には明確なプラスの要素はなかった。

 

なんと、結婚せずにひとり暮らしを続け、将来家族を持つことがない女性たちの方が幸せだと言うのか。

結婚して幸せな家庭を築くこと。

それが女性の幸せだと言っていたのはいったいいつの時代のことだったのだろう。

 

このことをもっと俯瞰して見てみると、日本の少子化こそが女性を幸福にしているということになる。

2000年以降の女性の社会進出が進んだことで、女性が仕事の面でも活躍するようになってきた。

しかし研究では、これも直接的には女性の幸福度につながっていないと書かれている。

 

複雑な話だな〜。

社会的な地位向上でもなく、結婚して幸せな家庭でもなく、ただひとりで自由でいることに幸せを感じる日本女性。

 

しかしなぜそれで女性が幸せになったのかは不明だ。

理由がわからない。

 

DV夫から逃れてひとりで子育てして貧困家庭に陥るよりも、ひとりで自由に暮らした方が幸せだという理由ならよくわかる。

 

結婚で掴む幸福とは他力本願的ではある。

今の男たちでは幸せになれないと感じているのかもしれない。

そうなると原因は男にあることになる。

 

ところがさきの研究結果では日本人の男の幸福度は下がっているのだ。

幸せじゃない男が女を幸せにできるはずがない。

 

まず男が幸せになるべきか・・・

それとも女を幸せにすべきか・・・

 

鶏が先か卵が先かという話に似ているな。

 

その話で言うと、結論は交尾が先というオチがある。

 

結論はセ○クスだな。

 

 

おい!!

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はハートのレモンパンとベーコンエッグ。

欧米か!!

 

 

先日のマリトッツォに続いて、スーパーの自家製パンコーナーに登場した新製品。

なんかつい美味そうだったので買ってきたが・・・

酸っぱうまい!

 

これを食えば男も幸せになる。

 

 

ランチはしらすと納豆のカルボナーラ。

カルボナーラ?

 

 

しらすと納豆と大葉、生卵をボールで和えておき、そこに熱々のパスタを入れてカルボナーラ風になる予定だったが、ただの納豆かけパスタみたいになってしまった。

まあ、これはこれで美味しい!

 

 

晩ごはんは休肝日ということで、久々に作った豚ロースの生姜焼き定食。

生姜とにんにくをきかせたタレで焼いたがうま〜い!!

なんでも目分量でしか作らないのに天才かと思った。

 

 

生姜焼きみたいな簡単な料理でも、うまく作れればそれだけで幸せな気分になる。

この美味しさを誰かに伝えたいがあいにく私には友達がいない。

せいぜいインスタでいいねされるくらいだ。

 

 

 

うちの娘は二人目の女の子が産まれたばかりだ。

 

『お父さん、もう赤ちゃん笑ってるよ』と産まれた日のベッドの上で撮影した写真が私に送られてきた。

 

うちの娘は子供が産まれて幸せそうだ。

 

娘は、結婚して子供が産まれることに幸せを感じる女性なのだろう。

そうやって『今』に幸せを感じる人であってほしい。

 

未来は今の連続でできているから。

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. あい より:

    娘さん、かわいい女の子ご出産おめでとうございます🎉👏
    今に幸せを感じられる人に…
    そうですね 良い言葉です✨
    私もそうありたいです。

    • あいさん

      コメントありがとうございます!

      お祝いメッセージもいただき感謝申し上げます。
      ずーっと幸福でいられるということはないですからね。
      何回幸せを感じられたか。
      だから今が大事なんだと思います。

  2. Kay より:

    まずはお二人目のお孫さん誕生おめでとうございます!
    今度は女の子?ますます楽しみが増えましたね~^^

    日本で女性が仕事をしながら家庭を持とうとすると、
    負担が自分にのしかかってくるのが嫌で「1人が幸せ」と思う女性もいるかも?
    「男は誰でもアンタらのお父ちゃんみたいに協力的だと思うな。
    将来結婚して仕事もしてと望んでいるなら覚悟がいる。
    しっかり考えて良い男を選びなさい。(←そこ?w)」と、
    フルタイムでバリバリ働いていた母に姉と二人よく言われたものです。笑

  3. Kayさん

    お祝いメッセージありがとうございます!

    女の子の服は可愛いですよね〜。
    プレゼントのしがいがあります。

    何が幸せなのかは時代で変わりますよね。
    このコロナ禍でまた価値観が変わったのではと思ってます。
    男がいてもウィルスからは守ってはくれませんし。

    で、Kayさんは良い男を選んだ?

  4. あい より:

    いつも丁寧なお返事をありがとうございます。
    そうですね。私はこれで今日は幸せ😄よき日です❣️
    お掃除も終わったので今からお買い物🚗美味しいものも食べてきます!
    では、また明日のぺこりーのさんのブログたのしみにしてます👋🏻

  5. ネコスキー より:

    いつも楽しく拝読させていただいております。インスタされていたのですね。気がつきませんでした。早速フォローさせていただきました。これからも楽しいお話と美味しそうな料理楽しみにしております。

    • ネコスキーさん

      初コメントありがとうございます!

      インスタフォローいただきありがとうございます。
      ただブログの写真と同じなのであまり見る価値ないかもです^^;
      またコメントお待ちしております。

  6. jun より:

    初めまして。
    何度か爆笑させて頂いておりました。

    人の幸せとは刹那だと思います。
    その幸せの一瞬を思い出し、反芻しながら人生を終えるんだと…

    快感の積み重ねが幸せなんだと…

    それに気づいた時からその一瞬の快感を味わい尽くす事が出来る、
    その時をとても大切で貴重な時間だと知るのです。
    そして後で反芻する為に心に焼き付けようとします。

    旅行に行って素晴らしい景色を眺めた一瞬

    カモミールの花を積みながら聞く風の音

    寝転んだベッドから見えた月

    愛車でドライブして、気持ちよくコーナーを曲がった一瞬

    休日に夕方から好きな料理とお酒、音楽、映画

    ストーブの前で転がる愛猫

    快感は持続しませんが案外簡単に得られるのです

    家族や友人が居なくても人は泣き、笑い、怒れる生き物です
    だから一人って最高!

    • junさん

      初コメントありがとうございます!

      幸せのハードルが低いと幸せを見つけるのが上手になりますよね。
      やっぱり幸せは回数だな〜。
      私も一人って最高だと思ってます。
      孤独って何?

      またコメントお待ちしておりますね。

タイトルとURLをコピーしました