出身が九州というだけで九州男児と呼ばれる男たち〜九州女子の方がすごいですけど・・・

その他
スポンサーリンク

九州男児のイメージ

 

私も熊本県出身なので若い頃はよく言われたものだ。

 

『九州男児』

 

割と褒め言葉として言われたことが多いので、生まれたのは実は練馬区だということはあまり大きな声では言えない。

しかし九州の男だからって昔はどうかわからないが、最近の九州男は特に熊みたいなやつもいないし、他県とさほど変わらないと思うのだが。

 

ある女子系メディアでこんな記事が投稿されていた。

九州男児と呼ばれてきた私には否が応でも目に入る記事だ。

 

「さすが九州男児だね!」と褒めると男性が喜ぶ瞬間9パターン

 

タイトルだけ読むとただのヨイショにしか思えないが、中身を読むとたしかに九州男児あるあるだ。

 

■飲み会でビールを飲み干した時

『いよっ!さすが九州男児!』と言われるシーンで一番多いのが酒の席である。

特に一気飲みしたりすれば喝采を浴びることになる。

しかしこの『九州男児はお酒が強い』というイメージで苦しむ人も意外と多い。

 

私の友人は生まれも育ちも九州でガタイもデカくて風貌は竹内力。

柔道部のキャプテンをやっていたので怪力である。

しかし仕事は家業の染め物屋さんを継ぎ、繊細な絵付けを得意としているから怪力は必要ない。

無駄な筋肉は今となってはなんの役にも立ってないただのいかつい男だ。

 

その友人は実は酒が飲めない。

家族全員が飲まない家庭なので代々飲めない家系なのだろう。

まったく飲めないわけではないのだが、ビールコップ半分でも顔は真っ赤。

それならむしろまったく飲めない方がまだいい。

 

しかしこの友人は酒が飲めないことでずいぶん苦しんだ。

見かけは九州男児そのものなのに、すすめられた酒を断るというのは九州男にとってはなかなか辛い。

 

私は若い頃から酒は強かった。

それで酒席でのせられて酒をがぶ飲みして失敗した話は数え切れないほどある。

バカでお調子者も九州の男に多い気がする。

 

■ゴキブリを退治してくれたとき

これは九州男児と関係あるか?

女子が言うから仕方なく退治しているだけのことだと思うが・・・

 

九州出身の男がゴキブリ扱いに慣れているというデータはどこにもない。

『九州男児=Gバスターズ』みたいな名誉は誰もいらない。

 

■飲食店で大きな声で店員さんを呼んでくれたとき

これで九州男児と賞賛されるのもどうかと思う。

九州男児がみな野太い声をしているわけでもないし、常日頃から発声練習をしているわけでもない。

 

歌手で俳優の福山雅治さんや郷ひろみさんの歌声を聞いてもわかると思う。

唯一当てはまるのはサンシャイン池崎くらいなものだろう。

ちなみにサンシャイン池崎は鹿児島県出身である。

 

なんでサンシャイン池崎だけ呼び捨て?

 

■デート中に口数が少ないとき

え?

それは寡黙でもなんでもなくただデートがつまんないだけだろ。

気に入っている女なら九州だろうが北海道だろうが男は饒舌にしゃべる。

そんなものだ。

 

■恥じることなく堂々と九州の方言で話しているとき

これな!

よく勘違いされるが、それは堂々と話しているわけじゃないのよ。

ただ方言が抜けないだけ。

 

妙な九州弁のイントネーションに乗せて標準語でしゃべることを、九州では『からいも標準語』と言う。

このからいも標準語の一番辛いところは、本人はまったくの標準語を話しているつもりであること。

 

ところが九州訛りは体に染み込んでいる。

標準語を見事なまでに九州のイントネーションにのせてしゃべる技術は無形文化財だ。

自分は九州出身です!!と名札をつけているようなものだな。

周りにはバレてるのに自分ではわからない『からいも的』なフレーズは、爆笑されて初めてそのからいもチックな自分に気づく。

 

『ばってんがさ〜』

だけどね〜と言ってるつもり。

 

『よかですね〜』

いいですねと言ってるつもり。

 

『なおします〜』

しまいますと言ってるつもり。

 

『はわきますね〜』

ほうきではくと言ってるつもり。

 

『からいますね〜』

背負うと言ってるつもり。

 

■デートに薄着で現れたとき

これはただの天気の読み違いだろう。

九州の男は寒さに弱い。

むしろ東京にいる九州人は厚着している人の方が多いと思う。

 

そして電車内で暑くてダラダラと汗をかいているのが九州男児。

真冬に薄着で平気なのは外人さんと小学生だけだ。

 

さあ、九州出身の男性諸君!

あなたはこの記事を読んでどう思っただろうか。

面白かった言っていただけると嬉しかばい。

 

よかよか。

 

スポンサーリンク

そして九州女子は・・・

 

昨日のメディアの記事を読んで、九州男児という言葉は今でも使われているんだと再認識した。

もうとっくに死語かと思っていたが・・・

 

しかし私は九州の男よりも九州の女性の方がすごいと思う。

うちの嫁もすごい女性だったからだ。

 

東京に来たばかりの頃、電車のシルバーシートに座っている若者に『年寄りに席ば譲らんね!』と叱り飛ばし、おばあちゃんを座らせてあげたことがあった。

また新幹線の中で携帯電話で大声で話しているおっさんに向かって嫁がポンポンと肩を叩き、ドアに向けてピッと指を刺し、外で話せと指示をしたこともあった。

おっさんは頭をぺこぺこしながらドアの外に出て行った。

 

私は側で見ながらこの人はすごいなと思った。

 

これが九州の女子である。

 

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
その他嫁のこと
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして
タイトルとURLをコピーしました