【県別ランキング】三大疾病が多い都道府県の意外な結果!?

体のこと
スポンサーリンク

三大疾病とは・・・

 

歳をとると死に関連するニュースに目ざとくなる。

特に自分と同世代の有名人の訃報を聞くと、自分にも死神が迫っている感じがしてなんとなく後ろを振り向きたくなる。

 

棺桶の縁ギリギリに立っている感じだ。

 

先週厚生労働省から発表された昨年1年間の死者の数は138万1098人だったそうだ。

この数が例年と比較して多いか少ないかはわからないが、前の年よりも2万人弱増えているということなので、高齢化が進むにつれ死者の数も比例して増えていくのだろう。

 

すでに死神は死ぬ順番がわかっていて、きっと私もその序列のどこかにいる。

うんと前の方なのか後ろの方なのかはわからないから、まだ救われている。

 

しかし人気のラーメン屋にも並んだことがないのに、こんな死の行列に並ばなければならないなんて、これも老後の宿命なのだろう。

 

そして日本人の死因のトップはみなさんご存知のようにガンである。

全死者数の3割弱を占めるというから、いかに日本人にガンが多いかがわかる。

 

逆に言うとガンにならないことが長生きの秘訣ということにもなる。

老後はなるべくストレスがたまらないような生き方をしなければだな。

 

トップのガンに次いで2位になったのが心疾患。

3位が脳血管疾患という順番だ。

 

いわゆるこの3つの病気が三大疾病と言われる病のことである。

 

さて、この三大疾病だが、患者数を都道府県別に見るとどういうランキングになっているかと言うと・・・

 

意外や意外!

 

ガンで通院する患者の割合がもっとも多い都道府県はなんと北海道なんだそうだ!

総人口に対して1.26%の方がガンを患っているという。

1.26%と言ってもよくわならないが、数にすると6万6000人だからかなりの数であることがわかる。

 

しかし北海道って、あの広大な面積の土地があって酪農や大規模農業というイメージだから、あんまりストレスが溜まるとは思えないのだが。

 

それとも寒いから外に出る時間が少なく、屋内で鬱屈としている時間が長いからだろうか。

 

しかし寒いなら、東北はじめ日本海側も寒い県はたくさんある。

ではここで2位以下の都道府県別ランキングを見てみよう。

 

なんと2位も意外な感じだ。

 

2位 愛媛県

3位 高知県

4位 秋田県

5位 奈良県

 

愛媛県だと〜??

水道の蛇口からみかんジュースが出る県じゃなかったっけ?

ビタミンをたくさんとってもガンには関係ないのか。

 

しかもぜんぜん寒くないじゃないか!

 

そして3位は同じく四国にある高知県!

みんなでよさこい踊ってストレス発散してそうだけど、何か悩むことでもあるのか??

 

とにかくこの都道府県別ランキングを見ても何もわからない。

 

唯一このランキングを見てなるほどと思ったのは47位の沖縄県だけ。

九州全県が下位に名を連ねているので、多少気候は関係あるのかもしれない。

暖かいところで酒飲んで呑気に暮らしていれば、ガンにはならないのかも。

 

 

次に、ガンに次いで多い病気である心疾患について、こちらの患者数の都道府県別ランキングを見てみよう。

心疾患とは狭心症や心筋梗塞といった病気のことだ。

 

なんとこれもトップは北海道という結果・・・

もはや冗談を言ってる場合じゃなくなった。

 

そして心疾患の2位もガンと同じく愛媛県という結果だ。

北海道と愛媛県はいったいどうした!?

 

 

最後に脳卒中や脳梗塞などの脳疾患はというと、こちらはトップが岩手県、2位が秋田県、3位が北海道という結果。

 

愛媛県は5位だった。

 

むむむ・・・

またしても北海道と愛媛県は上位だ。

 

 

東京の名前が出てこなかったが、東京はスポーツをする行動率が全都道府県でなんとトップである。

 

東京の人は運動するんだな。

2位が埼玉、3位が神奈川、4位が千葉だから圧倒的に関東の人がスポーツに熱心だということがわかる。

スポーツ施設の数にも関係あるのだろう。

 

この結果を見ても運動と病気の関係が少なからずあるということは間違いないようだ。

 

 

さてジムもアシュタンガヨガもやめて、ワンコの散歩以外歩くこともなくなったぺこりーのは東京に住んでいる。

 

脊柱管狭窄症を患ってからは家でストレッチもできなくなった。

 

すでに死神に取り憑かれている予感がジワジワとしてくる。

 

 

そろそろ東京の順位を私がひとつ上げそうだ。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は野菜スープに野菜サラダ。

こんなの食べてて病気になったとしたら、もう何をどうやっても死ぬな。

 

スープの中身は、たまねぎ、トマト、サンチュ、大根、ごぼう、人参、ブロッコリー、レタス、ねぎ、ベーコン、ハム、キャベツくらいだったかな?

 

 

ランチはおうちラーメン醤油味。

極太メンマがうまい!

 

 

 

クラフトビールのいただきものシリーズが終了したので、いつもの金麦生活へ戻った。

また誰かがクラフトビールをくれるのをじっと待つ。

 

 

 

晩ごはんはもう余裕になった一人鍋。

今日のお鍋は豚バラ肉とキャベツの味噌バター鍋。

この組み合わせの味は鉄板だ!

 

 

 

日本で一番長い遺書』というブログがある。

享年33歳の女性のブログだ。

 

彼女はスキルス性のガンに侵され、2ヶ月という余命宣告を受けてからこのブログを書いている。

 

『たとえば、「32歳の誕生日を、ガンにならずに迎える」という幸せも、私にはありません。
もしあなたが32歳の誕生日を健康に迎えたことがあるのなら、あなたは私よりも幸せです。』

 

吐血したときから始まるこのブログは、ひとりの女性が生きた証としてネット上に残り続ける。
小さな子供を一人残して逝く無念。
今を生きている世の中の人たちが、いかにたくさんの幸せを手にしているかを彼女のブログは教えてくれている。

 

コメント

  1. ぺこりーのさん、こんにちは。

    はい、ポチッのあと広告も2つポチりました!

    63歳で死神が迫ってきていると考えるのは早すぎませんか?
    ぺこりーのさんは長生きできますよ、きっと。
    だってこんなにバランスのいい食事を、美味しそうに食べてらっしゃるんだから。

    このランキングによれば、幸福度ランキングトップ3つの県は九州と沖縄のです。
    愛媛県は23位、北海道は32位。
    気候が関係あるようなないような・・・

    https://diamond.jp/articles/-/248523

    この方の記事読みましたが、『幸せのハードルを自ら高くしてしまう人は、一生不幸です。』という言葉に感銘を受けました。そうなんですよね。
    今日はちょっと自分が手にした幸せを数えてみます。

    • ちゃり子さん

      コメントありがとうございます!

      わ〜い、50円ほど稼げました(笑)
      そうなんですよね〜。
      こんな食事を食べてるのに早死にしたくないとは思ってますが、死神くんはどこにいるかわからないから用心しないと・・・

      たしかに気候がまったく関係ないとは言えなさそうですね。
      ブリザードの厳しい土地よりも南国で1年中裸で暮らせる方が、見た目的にも幸せそうです。

  2. […] 昨日のランチはいつものおうちラーメン。 […]

  3. […] 午後は下北沢にあるクラフトビールのお店へ。 […]

  4. […] 休肝日明けはこのバーでクラフトビールを飲むのが楽しみだ。 […]

タイトルとURLをコピーしました