シニアのFacebook事情

ゆいまる
スポンサーリンク

シニアはFacebook使ってる?

私は仕事柄、SNSと言われるものはだいたいアカウントを持っている。

Instagramは2つのアカウントを現在も更新しているし、FacebookもTwitterもTumblr、Pinterestなどなど更新はあまりしてないが、いろいろとやってきた。

皆さんはいかがだろうか。

私ほどではないにしろ、何かしらのアカウントを持っていると言う方が多いのでは?

 

10年以上前になるが、第一次のブログブームみたいな時期があって、当時は私もグルメブログをやっていた。

おかげで酒飲みのブロガーの仲間がたくさんでき、オフ会と言われる飲み会を主宰すると50人以上集まることもザラだった。

ところがFacebookが流行り出して、みんなブログの更新をやめてFacebookに居場所を変えはじめた。

友達がFacebookに移動しちゃったので、私もそれに倣ってFacebookがメインのコミュニケーションツールになっていたことがある。

今はたまに覗く程度で、自分自身はまったく更新もしていないが、それでも何かしら友達全員に伝える必要がある時などは、とても便利なツールだ。

実は、4年前の私の嫁の訃報の連絡も、このFacebookを使って知人や友人に報告した。

訃報の前に、嫁が倒れたことや入院先の病院、面会時間についてなどの細かい連絡を、FacebookとLINEでやったことを覚えている。

もっと遡ると、娘が大学に入学したことも、私が転職したことも、らんまるが虹組になったことも、私のウーバーのアカウントがハッキングされてロシアで6000円使われたことも、全部全部Facebookで伝えた。

友人たちからは、同窓会の案内や県人会などの連絡がFacebookであったり、また同級生が亡くなった連絡などもFacebookで知ることが多かった。

私も一度古い友人の訃報を、Facebookで報告したことがある。

その友人は宮崎君と言う私と同じ田舎の同級生だった。

 

『永らく病気と戦ってきた伊藤君が先週末に永眠されました\(^▽^)/』

 

あわわわ。

絵文字間違えた!

いつもおんなじ絵文字しか使わないので、なんてこった!!!

 

LINEも最近は投稿が削除できるようになったが、以前は一度投稿するともうどうしようもなかった。

SNSではこう言うことがあるので、投稿する際は十分にご注意願いたい。

 

お前だろ!

お前!!

スポンサーリンク

今日のゆいまるくん

毎日、雨が止んでる隙を狙ってお散歩に行くゆいまる。

散歩から帰ると、必ず私の掛け布団の上で寝るのがお約束。

 

何かゆいまるを惹きつけて離さない、良い香りでもするのだろう。

 

ふふ。

気づいたか?

ダンディな男の香りに・・・

 

 

それそれ。

目が覚めるほど臭いんかっ!!!

年寄りはね、体からいろんなものを出してんだよ!

[ad]

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

今日は変な時間に目が覚めてしまい、夜中にお腹が空いてつまみ食いしたので朝食はなし。

休肝日はなかなか眠れない。

 

昨日のランチはいつものおうちラーメン。

ただし動物系ではなく、ヘルシーな冷製ベジラーメンだ。

コーンと紫カリフラワーの茎でスープを作ってキンキンに冷やしておく。

麺は市販のストレート麺。

スープはポタージュだから麺によく絡むので、細麺のストレートがいい。

本当に美味しいから、皆さん作ってみて。

 

夜は作り置きのおかずがいっぱいあるので、いただきもののボルシチを温めるだけにした。

このボルシチは、日本最古のロシア料理店『銀座ロゴスキー 』のボルシチ!

ロシアでウーバーのアカウントがハッキングされてから、ロシアとは馴染みが深い。

このボルシチは友人からいただいたものだが、寒い冬には持ってこいのスープだ。

真夏だよ!!

 

こうやって見ると豪華だな。

ボルシチ作らない方がよかったかも。

ボルシチまで残っちゃって、冷蔵庫がおかずだらけじゃないか!

何をやってんだか。。。

しかし俯瞰で見ると、この多国籍感は我ながらすごいな。

純和風の肉じゃがとおからに、ロシアのボルシチ、韓国のキムチ・・・

食卓にも確実にグローバルの波がやってきている。

 

一人暮らしの難点と言えば、やっぱり料理を作り過ぎちゃったり食べきれずに残ったりすることだろうか。

おでんとか作ると、なぜかコンビニ並にできちゃうからびっくりする。

隣の若いお姉ちゃんに『お裾分けです〜』とか言って持って行ったりすると、恐ろしい形相で間違いなくチェーンロックされるだろうしな。

 

こりゃ明日もグローバルだぞ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました