死んだ花の方がまだいい。枯れない造花は嫌いだ・・・

ライフスタイル
スポンサーリンク

生きているから美しい

 

私のブログを長く読んでいただいている方はご存知かと思うが、私は花が好きでよく切花を買っては部屋に飾っている。

花だけでなく観葉植物も好きで部屋中が観葉植物だらけだ。

 

枯らした観葉植物もたくさんあるが、意外に育てるのはうまい方だと思っている。

今年だけでもどれだけ植え替えしたかわからない。

動物も植物も愛情を注げばちゃんと答えてくれる。

 

前にも書いたが私は池坊という華道を少し習っていた時期がある。

自慢ではないが一応講師の免状は持っている。

 

自慢だろ。

 

しかし私はとても真面目に華道の稽古に励んでいた。

ただ、真面目に稽古していた理由はとても不純だ。

とにかく池坊に通っている女子は美人が多かったのだ。

 

先生は厳しいおばあちゃん先生で格式のある教室だったので、当時は着物で稽古に来ている女子も多かった。

おかげで私は生け花もうまくなったが、なぜか着物の着付けもうまくなっていた。

 

おい!

 

まあそういう経験もあり、花屋の友人の展示会にも足を運ぶし、ゆいまるくんの散歩の途中で綺麗な花を見つけるのも楽しくて好きだ。

花のあの美しく鮮やかな色はどれも自然の色だからだと思う。

そうだ。

花は生きているから美しいのだ。

 

生きているからこそ美しい花たち。

だから私は造花が嫌いだ。

 

生のない美しさは魂のない人形と同じ。

所詮、造り物の美しさだと思う。

 

いつまでも枯れない造り物の花よりも、命の限り私たちのために一生懸命咲く花がいい。

そして役目を終えて色褪せて枯れていく花だからこそ、私たちは精一杯の美しさに感謝をする。

 

枯れない花は手がかからない。

しかし生きている花は水を替え水切りをし手をかけるから生きている。

生ある花はその手間さえも楽しみの一つだ。

 

祭壇の上の嫁の写真もまた造花のように枯れない。

いつも私の方を見て笑っている。

造り物の造花は嫌いなのに枯れない嫁の写真は壁のいたるところに飾っている。

 

おかしな話だ。

 

5年前、嫁は役目を終えた花のように枯れて散った。

それから私は、枯れない造り物の嫁の写真に毎朝ビールと水をあげ、話をし、手を合わせている。

悲しいが、もう今となっては造花のような嫁の写真しか手の合わせようがない。

 

生前の嫁は枯れてしまう花が嫌いだった。

だから君は造花になっちゃったんだな。

 

いつまでもフレームの中で笑っている君は、もう造花のように死ぬことはないんだね。

 

嬉しくて悲しいよ。

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

 

昨日の日曜日は今が見ごろだと思って明治神宮外苑のイチョウ並木に行ってみた。

お天気は雨こそ降らなかったがあいにくの曇り空だった。

これが青空だったら、さらに黄色く色づいたイチョウが青色に映えて美しかったと思う。

 

 

それにしても人が多かった!

半分くらいは外国人?というくらいアジア系の外国人が多い。

そろそろインバウンドも回復して来たのかと思った。

 

 

それにしても見事に形が整ったイチョウの木。

不思議なほど先端が尖っている。

きっと手入れも並大抵じゃないのだろうな。

 

生きている木々もまた美しい。

 

帰りは表参道の駅地下のカフェでハートランドを飲んだ。

なんかびっくりするくらいに美味かった!

 

そしてこのカフェも溢れるほど人がいた。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食兼昼食は男飯

牛丼と納豆、煮卵、キムチを大盛りごはんにトッピング。

 

 

こんなことは女子にはできまい。

満腹!

 

 

イチョウ並木から帰って作った晩ごはん。

買い物にも行かなかったので冷蔵庫にあるもので・・・

 

 

ゆで卵とハムのサラダ、大豆ミートのガパオ、エビのガーリックソテー、ジョンソンビルのソーセージグリル。

完全にビールのつまみである。

大豆ミートはいけるな。

 

イチョウ並木から国立競技場をぐるりと回って表参道駅まで歩いた。

毎日のゆいまるくんのお散歩以外に歩くことがないので、こんなに歩いたのは久しぶりだ。

 

いい運動になった。

やっぱり休日はお出かけして歩いた方がいいな。

 

青山通りの賑わいはそろそろ年末の景色になっている。

今年の冬はいつもの冬の姿になるのだろうか。

 

ようやく64回目の冬だな、

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. rose より:

    ペコリさん、池坊のお免状まで持ってるとは、びっくり!でも、お洋服やブログの写真のセンスの良さから伏線はありましたけどね。私も生花が絶対いいです。
    亡き奥様がズンバ好きというのも、
    私もって思ってました。
    バブル世代は、共感することが多いです。

    • roseさん

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね〜。
      実は池坊の講師なんです。
      なのでやっぱり生花がいいです。
      roseさんもズンバされるんですか!

  2. こしあん より:

    私も生花好きですが、仏壇に飾るには造花でもいいそうですよ。
    この前叔母の家に訪問した際に、ベランダで育てた小菊を持って行ったんですが、叔母がたいへん喜んでくれまして、なんでも、水替えが大変になっちゃって造花を飾るようになり、一応お寺さんに聞いてみたら、「造花でもいいんですよ♪」って言われて気が楽になったそうですよ。

    ぺこりーのさんも水替えがしんどくなったら、是非造花もお試しくださいな。
    造花は水洗いできるものが多いですし、生花と造花のミックスもいいと思いますよ。

    • こしあんさん

      コメントありがとうございます!

      仏教ではないので仏壇はないんです。
      いいか悪いかではなく好き嫌いだと思います。
      水替えも水切りもまた楽しいですよ。
      色々ご心配いただきありがとうございます。

  3. パンミミ より:

    私も造花、さらにドライフラワーも苦手です。

    でも滅多に行かないお墓には一度、お墓用の小さい造花を飾ったことあったけど、次回半年後に行くと…なくなってたので、やっぱり生花に戻りました♪

    • パンミミさん

      コメントありがとうございます!

      なんでも命があるから大事にするし美しいんだと思うんです。
      造花には命がないので何も感じません。
      お墓の中の故人も喜ばないはずですよ。

  4. ウォッカ より:

    こんにちは。

    着物姿のぺこりーのさんを一度見てみたいです!
    きっと素敵なんだろうなぁ〜。

タイトルとURLをコピーしました