こんなに長い別れになるとは・・・素敵な人生を本当にありがとう

嫁のこと
スポンサーリンク

たかが死んだくらいで

 

5年もたてば、もう何も起こらないことはわかっている。

嫁が死んでもからというもの何一つ変化はない。

 

メッセージもなければ超常的なこともなし。

毎晩の夢にすら出てこないじゃないか。

 

嫁が死んで間もないころは、死ぬことは肉体が朽ちただけだから魂はどこかにきっといる。

そういう風に思っていた。

いや、信じていたというのが正しい。

 

きっと変な沼にハマってしまってそう思い込みたかっただけなのだ。

 

昨日のブログでは実の母親と叔母の宗教戦争のことを書いたが、宗教とは宗祖と言われる人物が人間の深い悲しみを救うべくきっと考えだしたものなんだろう。

当時の私も今の自分を誰かが救ってくれるともし知っていたら・・・

 

今頃下高井戸の駅前で『魂の救済』と書かれた冊子でも配っていたかもしれない。

この世の中は悩める子羊だらけの牧場だ。

 

昨日Amazonプライムビデオで1本の映画を見た。

実話を元に作られたラブストーリーだった。

オール・マイ・ライフ

 

ストーリーは若い2人が婚約をしてから彼の末期癌が見つかる。

しかしそれから余命わずかな彼と2人で結婚式をあげるというラブストーリーだ。

映画の最後には映画のモデルとなった実際のカップルの写真も登場していたので、その彼もきっとすでに亡くなっているのだろう。

 

この映画で印象に残ったシーンがある。

結婚式を無事に終えた後、彼女は友人たちとハネムーンに行った。

そうだ、友人たちとハネムーンに来ているということは、もうこのとき彼はこの世にいないのだ。

 

彼女はホテルの部屋でひとり、亡くなった彼が生前に用意していたサプライズのビデオメッセージを見る。

しかし彼女は涙ひとつ見せずにビデオを見終わった。

 

彼の死後、一度も涙を見せることもなくこの映画は終わったのだ。

それがちょっと印象的過ぎるくらい心に残った。

 

ハネムーンと言えば結婚式の直後であろう。

彼が亡くなったのもつい最近のことのはずだ。

 

しかし彼女は泣かない。

結婚式まではあんなによく泣いていた彼女なのに・・・

 

きっと監督はいつまでもクヨクヨ泣いている主人公を見せたくなかったのだろう。

たしかに映画の最後は彼女が新しい道を歩き始めるところで終わる。

 

彼女はもう、彼の肉体も魂もこの世にいないことを知っている。

 

スポンサーリンク

長い別れ

 

私と嫁の長い結婚生活では、単身赴任や長期出張などいろんな理由で離れて暮らしたことがある。

それでもたいていは一時的な仕事だから、すぐにまた一緒に暮らせるようになった。

 

しかし今回は5年も月日がたってしまった。

さすがにこんなに長いあいだ離れて暮らしたことはない。

まさかこんなに長い別れになるとは。

 

5年たってしみじみその時間の長さを感じる。

 

映画のようにパートナーの死の直後、もうこの世に肉体も魂も存在しないと割り切れる人がどれくらいいるだろうか。

私はそれを知るまでにはずいぶんと時間がかかった。

 

歳をとって記憶もほこりをかぶってしまい、いろんなことが曖昧になった気がする。

嫁と一緒に暮らした日は長い。

1万日以上も一緒に暮らしたのだ。

 

だけど一緒に暮らしたその1日1日のことを思い出せる日がいったい何日あるだろうか。

もう数えるほどしか思い出せない。

 

それほど日常は変化のない繰り返しだった。

でもそんな変化のない毎日がかけがえのない日々だったと思う。

 

こんな素敵な人生をありがとう。

 

もうこれ以上は何も望まない。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はかぼちゃのホットサンド。

9月になったとたん、どこもかしこももうハロウィン仕様だ。

1年の中でかぼちゃが一番活躍する季節だな。

 

 

トリックオアトリート!

近所の子供たちがそんなことを言ってるのは聞いたことがないが・・・

 

かぼちゃの甘さとハムの塩味が絶妙!

 

これも初めて気づいたが、4枚切りの食パン1枚よりも8枚切りの食パン2枚の方がカロリーがずいぶん低い!

どゆこと??

なんかちょっとお得な感じがした。

 

まだまだ世の中にはいろんな秘密が隠されている。

この歳になって知ることがまだあるなんて。

 

人生っていつまで学習させられるんだ?

 

 

ランチはもりそば。

いかにも手切りしましたという感じの生麺を買ってきた。

 

 

ごっつい田舎そばという感じだがなかなか美味しかった。

ちょっと気温は低いがまだまだ冷たいそばを食べたい気分だ。

 

 

晩ごはんはディルチキンとサラダ。

チキンを焼く際に白ワインが必要だったので、料理に使うにはちょっともったいなかったが白ワインを開けた。

 

 

皮なしの鶏胸肉だからヘルシー!

ディルって本当に好きだ。

 

今日も1日が終わった。

あとはウィスキーをちびちび飲みながら意識が薄れるのを待つだけだ。

 

グラスを握り締めながらこのまま逝ってしまいそうと思う時もある。

しかし不思議とまたいつものように朝はやってくる。

 

私は今もまたさして変化のない毎日を過ごしている。

きっといつか思い返せばこんな平凡な日々もまた宝物なのだろう。

 

時間が過ぎるのは早い。

嫁はいつのまにか2人の孫ができておばあちゃんになったことすら知らない。

 

早くそのことを教えてあげたい。

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. ミツル より:

    はじめまして。

    私も遺骨と同居、
    母と5年、ワンコと3年になります。

    一緒に暮らしてしいた日常を、1日でも取り戻せるなら、、、と何度思ったことか。

    ペコリーノさん、毎朝
    ありがとうございます!

    • ミツルさん

      初コメントありがとうございます!

      私とほぼ同じですね!
      でもご注意ください。
      遺骨をそのまま置いておくとカビが生える可能性があるそうです。
      なので私は近々粉骨して保存することにしています。
      そうするといつまでも自宅供養ができるようです。

      いつもブログを読んでいただいてありがとうございます!

  2. みっきーママ より:

    ぺこりーの様

    カビの件、ぺこりーのさんが心の広いかたでよかったです。

    奥様への深い思い、いつも感じ入っています。

    オール・マイ・ライフ、次に観てみようと思います。
    私が最近面白かったのは『おいしい給食』です。

    では良い午後をお過ごしください!

    • みっきーママさん

      カビの件、教えていただいてありがとうございました。
      みっきーママさんのおかげで粉骨して保存することにしました。
      本当にありがとうございます。

  3. ミツル より:

    カビ情報、おののきました。

    粉骨が有効なのですね。

    自宅供養に対策が必要とは
    思ってもみないことでした。

    中を確認しないと。。

    ありがとうございました。

  4. ピーターラビット より:

    はじめてコメントします。

    私がブログを読むのは夜です。
    まず、わが家の亡きわんこと引き合わせてくれたボランティアさんの保護犬のブログ、
    つぎに、ぺこりーのさん、
    つぎに、60代のかたのファッションブログ、これがここのところの日課です。

    今日の長い別れ、切ないです。
    秋の長雨、肌寒さ、と重なってさらに。

    うちは、こうしました、の話、散骨のさい、遺骨をあずけて、微細な粉にしてもらうのですが、その際
    ダイヤモンドにできますよ~の営業と、少しだけ粉をきれいなガラスのボトルに入れて、手元供養はいかがという営業があり、費用の関係から、ガラスのボトルのほうにしました。いつもそばに、という意味ではよかったと思います。
    私が死んだら、一緒に散骨してもらう予定。

    話は飛びますが、ぺこりーのさんの文の中で線で消してあっても読める「心のうちの声」、いつも笑ってます。

    そして、「モダンラブ」、教えてくださってありがとう。楽しみました。
    「オール・マイ・ライフ」観ます!

    朝ごはんはここのところ、ライスサラダです。飽きるまで続きそう。

    • ピーターラビットさん

      初コメントありがとうございます!

      いつもブログ読んでいただいて感謝申し上げます。
      遺骨をダイヤモンドにできるんですか!!
      そんな営業をされるんですね。
      実は私も粉骨することにしました。
      そして私も含めて全員が天国に行くまでは手元供養します。

      お〜!
      ライスサラダ美味しいでしょ。

      • マリコ より:

        返信も頂き、ありがとうございました。
        つらつら読んでおりましたら、ひょっとして京都のご出身?
        三宮の事もご存じの筈だ!と嬉しくなりました。

        メアドが間違って居たので、訂正しなければと思ってやって来ました。
        応援ポチも頂いたそうで、ありがとうございました。

        • マリコさん

          コメントありがとうございます!

          京都は大学から住んでいて就職も京都だったので長く住んでましたね。
          出身は熊本県なんですが・・・
          仕事でよく三宮には行きました。
          ガード下にステーキが安くてうまいお店があったのを覚えています。
          嫁と2人で食べに行きました。
          あと長浜ラーメンの美味しいお店もあったんですが、まだあるのかな〜。

          いつでも遊びにきてくださいね。

  5. マリコ より:

    最近母を亡くしたので、どんな感じかな?と思いながら読ませて頂いております。
    写真がお洒落なので、人気も高いですね?!
    羨ましいです。

    私にはうるさい姉がいますので、樹木葬を選びました。
    三宮の山の上に母は移動する予定。

    また時々、面白さによっては頻繁にコメントを入れてしまうかも知れませんが
    仲良くしてやって下さい。

    • マリコさん

      初コメントありがとうございます!

      お母さんが亡くなられたんですか。
      それはお寂しいですね。
      でも樹木葬を選べれたって素敵です!
      三宮の山なら神戸の街が一望できていいですね。

      ぜひコメントお待ちしておりますよ。
      応援ぽちさせていただきました!

タイトルとURLをコピーしました