こんなに長い別れになるとは・・・素敵な人生を本当にありがとう

嫁のこと
スポンサーリンク

ようやく我にかえる

 

6年もたてば、もう何も起こらないことはわかっている。

嫁が死んでからというもの何一つ変化はない。

 

メッセージもなければ超常的なこともなし。

毎晩の夢にすら出てこないじゃないか。

 

嫁が死んで間もないころは、死ぬことは肉体が朽ちただけだから魂はどこかにきっといる。

そういう風に思っていた。

いや、信じていたというのが正しい。

 

普段なら全く信じてもいない死後の世界や輪廻転生、それに神や仏の存在など、自分のちぎれてしまった心をなんとか救いたくて、急に信者となって物語を作り出す。

当時は、耐え難い喪失感に自分すら見失ってしまっていたのだろう。

 

しかし何も起こらない。

その変化のない毎日が6年も続けば、さすがの私も奇跡などもう起きないと悟る。

 

そしてようやく無宗教で無信心でバチ当たりな元の自分に戻ることができたのだ。

やれやれ・・・

 

 

つい最近、Amazonプライムビデオで1本の映画を見た。

実話を元に作られたラブストーリーだった。

オール・マイ・ライフ

 

ストーリーは若い2人が婚約をしてから彼の末期癌が見つかる。

しかしそれから余命わずかな彼と2人で結婚式をあげるというラブストーリーだ。

映画の最後には映画のモデルとなった実際のカップルの写真も登場していたので、その彼もきっとすでに亡くなっているのだろう。

 

この映画で印象に残ったシーンがある。

結婚式を無事に終えた後、彼女は友人たちとハネムーンに行った。

そうだ、友人たちとハネムーンに来ているということは、もうこのとき彼はこの世にいないのだ。

 

彼女はホテルの部屋でひとり、亡くなった彼が生前に用意していたサプライズのビデオメッセージを見る。

しかし彼女は涙ひとつ見せずにビデオを見終わった。

 

彼の死後、一度も涙を見せることもなくこの映画は終わったのだ。

それがちょっと印象的過ぎるくらい心に残った。

 

ハネムーンと言えば結婚式の直後であろう。

彼が亡くなったのもつい最近のことのはずだ。

 

しかし彼女は泣かない。

結婚式まではあんなによく泣いていた彼女なのに・・・

 

きっと監督はいつまでもクヨクヨ泣いている主人公を見せたくなかったのだろう。

たしかに映画の最後は彼女が新しい道を歩き始めるところで終わる。

 

彼女はもう、彼の肉体も魂もこの世にいないことを知っていたのだ。

 

スポンサーリンク

長い別れ

 

私と嫁の長い結婚生活では、単身赴任や長期出張などいろんな理由で離れて暮らしたことがある。

それでもたいていは一時的な仕事だから、すぐにまた一緒に暮らせるようになった。

 

しかし今回は6年も月日がたってしまった。

さすがにこんなに長いあいだ離れて暮らしたことはない。

まさかこんなに長い別れになるとは。

 

6年たってしみじみその時間の長さを感じる。

 

映画のようにパートナーの死の直後、もうこの世に肉体も魂も存在しないと割り切れる人がどれくらいいるだろうか。

私はそれを知るまでにはずいぶんと時間がかかった。

 

歳をとって記憶もほこりをかぶってしまい、いろんなことが曖昧になった気がする。

嫁と一緒に暮らした日は長い。

1万日以上も一緒に暮らしたのだ。

 

だけど一緒に暮らしたその1日1日のことを、はっきりと思い出せる日がいったい何日あるだろうか。

もう数えるほどしか思い出せない。

 

それほど日常は変化のない繰り返しだった。

でもそんな変化のない毎日がかけがえのない日々だったと思う。

 

こんな素敵な人生をありがとう。

 

もうこれ以上は何も望まない。

 

スポンサーリンク

最後に・・・

 

今日も1日が終わった。

あとはウィスキーをちびちび飲みながら意識が薄れるのを待つだけだ。

 

グラスを握り締めながらこのまま逝ってしまいそうと思う時もある。

しかし不思議とまたいつものように朝はやってくる。

 

私は今もまたさして変化のない毎日を過ごしている。

きっといつか思い返せばこんな平凡な日々もまた宝物なのだろう。

 

時間が過ぎるのは早い。

嫁はいつのまにか2人の孫ができておばあちゃんになったことすら知らない。

 

早くそのことを教えてあげたい。

 

 

※この記事は過去に書いたものをリライトして再掲載したものです。

なので、過去のコメントがそのままくっついてますがご了承くださいね。

タイトルとURLをコピーしました