60歳で貯金2000万あれば勝ち組?

クラフトビール
スポンサーリンク

60歳はもう老後?

よくニュースや対談などで、日本の老後問題や年金問題について議論されることがあるが、その時に老後の勝ち組という言葉がコメンテーターの方から出ていた。

老後の勝ち負けってなんだろう?

老後=人生の終焉のことだから、人生の勝ち負けと言ってもいいのかもしれない。

60歳で老後というのもちょっと早過ぎる気がしないでもないが、とりあえず老後と言われる年齢になって、2000万以上の貯金を持っている人が勝ちで持ってない人が負け?

それとも夢を実現できた人が勝ちで、夢のまま終わった人が負けとか?

 

人生を勝ち負けで評価すること自体が私にはあまり理解ができないが、仮に勝ち負けという言葉をあえて使うとすれば、その勝ち組の代表と思われるような人物の言葉を参考にしたらどうだろう。

Appleの創業者スティーブ・ジョブズの最後の言葉だ。

この言葉は、いろんなところに掲載されているので、もはや引用先を表記する意味もないと思うので、編集なしでそのまま掲載しておこう。

スポンサーリンク

スティーブ・ジョブズの最後の言葉

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。

それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。

私のようにね。

 

神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。

行きたいところに行きなさい。

望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある。

全てはあなたの手の中にあるのだから。

 

世の中で、一番犠牲を払うことになる「ベッド」は、何か知っているかい?
シックベッド(病床)だよ。

※「ベッド(賭け金)」と「ベッド(寝床)」をかけている

 

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、再度見つけられない物がある。

人生だよ。命だよ。

手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

 

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

__________________

ジョブズの死後直後にこの言葉を読んだが、それから頭に焼きついて離れない。

ビジネスの世界で最も成功した男が、結局人生で最も大切なことは愛情ある思い出であり、大切にしなければならないのは健康だと言っている。

私と同世代の60歳前後のみなさん。

長い人生を振り返って、愛情ある思い出をたくさん持っている方。

多少のガタはきてても健康で生活できている方。

あなた方はきっと人生の勝ち組だ。

 

私も多分そうだと思う。

スポンサーリンク

老後にワンコがいる生活

私にたくさんの思い出を与えてくれているひとり。

10年も一緒にいるゆいまるだ。

人間の歳でいうと60歳くらいだろうか。

お前も思い出がたくさんあるよな?

 

あるある!

電柱に。

 

今日もパトロール終了!

[ad]

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

私も健康のために毎日サラダを食べているが、食べなければならないと思うとそれがストレスになるらしい。

だから私はサラダに飽きたら、朝からカレーを食べたりラーメンを食べたり、好きなものを自由に食べることにしている。

ただ、1日3食の中でバランスがとれるように考えているので、ジャンクなものを食べても他の2食で補えばいい。

今朝のモーニンサラダ。

今日はベーコンが残ってたので、カリカリに焼いてトッピングしてみた。

 

昨日のお昼のラーメンは鶏白湯ラーメン!

何でランチはラーメンが多いかというと、Instagramでラーメンアカウントを持っていて、それを更新するのでラーメン率が高いということ。

もし興味のある方は@ouchiramenbuで探してみて。

コロナの影響で自粛生活が続き、外でラーメンを食べることができなくなったので、家でラーメンを作り始めたのがきっかけ。

毎週、チャーシューと煮卵を仕込んでいるので、そろそろ豚一頭分くらいは焼いたかもしれない。

実はずっと使ってたT-falのフライパンがだいぶ焦げ付くようになったので、Amazonでル・クルーゼのフライパンを買った。

T-falに比べたら倍以上の価格だったが、見た目の美しさに惚れて男らしく買った。

左側が今まで使ってたT-falのフライパンで、右が新しく買ったル・クルーゼのフライパン。

そしてこの新しいフライパンを初めて使ったのは、先ほどのラーメンの麺を茹でること(≧∇≦)

 

麺を茹でるのにル・クルーゼはいらんやろ!!

 

そして午後からはゴボウを買ってきてきんぴらを作った。

やっぱ水に浸かった袋入りは美味しくないからね。

これはサラダゴボウというらしいが、ミニサイズなのでエコバッグからはみ出さなくていい。

 

出た!ル・クルーゼ!

今度はちゃんしたお料理だ。

 

お醤油変えたら、加減がわからずちょっとしょっぱかった。

スポンサーリンク

クラフトビール

夕方、いつもの近所のビアバーへ。

今日はポートランドのUPLIGHT BREWINGのIPA。

うまい!

 

ほろ酔いで帰る道すがら、世田谷線のねこ電車が走る。

東京でもこんなに環境のいいところは、あまりないのではないだろうか。

何もないけど大好きな街だ。

昨日は実は、これを履いて出かけた。

100均で買ったサンダル。

100均なのに、なんと300円もする高級品だ!

しかし、これが実に履きやすい。

 

今年の夏はこれで過ごす。

 

そして昨夜の晩ごはん。

代わり映えのしないサラダごはんだが、冷凍しておいたもも肉があったのでそれをソテーしてトッピング。

あと、変わった人参を見つけたので、これもボイルしてそのままトッピング。

甘くて実に美味しい人参だ。

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

私の大好きな区の検診!

しかし、よくよく見たら無料じゃなかったのね。

600円は自腹だったんだ。

老後を健康で過ごすには、ストレスのない日々の生活とバランスの取れた食生活、そしてマメな検診と思っているから、区の検診は本当にありがたい。

 

スティーブ・ジョブズの足元にも及ばないが、私も若い頃は仕事で競争に明け暮れてきた。

健康のことなど微塵も考えてなかったと思う。

功を急ぐ気持ちが、寝る間も惜しんで働く原動力となり、承認欲求の塊が人間の形になったような醜い自分に、私はハッと気づいた時があった。

早く走れることが一番大事なことなのか?

その時から急ぐことをやめ、競争することをやめた。

 

今は、何もかもがゆっくりで、LINEすら亀レスと娘から怒られる。

でもそれでいいのだ。

試合に負けて勝負に勝つという言葉があるじゃないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました