嫁の死を予言した占い師〜エピローグ

ゆいまる
スポンサーリンク

手相

一昨年のことだが、私はある学校に通っていたことがある。

それは占いの学校で、私が学んだのは手相。

西新宿で通行人相手に、手相を見て生計を立てようと企んでいたのではない。

飲み屋で女の子の手相を見てあげるとやたらモテるが、そんなスケベ心で高い授業料を払うわけもない。

 

私が手相を学ぶきっかけになったのは、かれこれ30年ほど前に嫁の死を予言した占い師がいたからだ。

手相からスタートして、いろんな占いをマスターしたいと思った。

それほどあの予言は私にインパクトを与えた。

30年たってからしかわからないことを予言し、当時は気にもしなかったことが現実に起こったのだから。

 

嫁は知り合ったころから占いが好きだった。

まあ女性は誰でも好きなんだろうが、嫁は占い師の噂を聞きつけると、どんな遠方でも予約して行ってたので、新宿駅南口あたりにたくさんある○○の館あたりに通う女性とはレベルが違った。

嫁は占いよりも、もっと霊的な予言のようなものにもたいへん興味を持っていて、事実嫁自身のまわりでは不思議なことがたくさん起こった。

私も直接見てきたが、なぜこんなことが起きるのか説明がつかないことが多かった。

スポンサーリンク

嫁に起こる不思議なこと

 

たくさんの不思議な現象があった中で、その中のひとつをご紹介しよう。

嫁はジュエリーの仕事をしていたので、高額なジュエリーも安く手に入れることができた。

そのせいもあってたくさんのジュエリーを持っていたが、ある日ダイヤのピアスをお風呂場でなくしたと言って、バスタオルのままお風呂から嫁が出てきたことがあった。

 

『お風呂でなくしたのならすぐ見つかるだろう』

 

と私は言ったのだが、嫁は排水溝のネットから何からぜんぶ探したけど見当たらなかったと言う。

そんなバカなと思い、次の日に私がお風呂にはいったときに、隅から隅まで探してみたのだが嫁の言う通りどこにも見つからなかった。

 

嫁のダイヤのピアスはフック式ではなく、ちゃんとキャッチがついているスタッドピアスである。

次の日の夕食の時に嫁と二人でビールを飲みながら、おそらく排水溝のネットの網の目を通り抜けて、そのまま下水に流れていってしまったのだろうと話した。

しかし嫁は、あのピアスはなくしても今まで必ず見つかってきたから、今回も必ずどこかで見つかるわと言った。

 

小さなダイヤのピアスと言えども、グレードのいい石だったので安くはない。

そんな呑気なことを言ってるあいだに下水から大海原へ流れ着いて、今頃は太平洋あたりででキラキラ光っているかもしれない。

本当に人魚がいるなら、素敵な人魚へのプレゼントだ。

 

そして数日がたったある日、嫁が誇らしげに私にこう言った。

 

『ほら、やっぱりピアス見つかったわよ』

 

どこで見つかったのかと私が聞くと、なんと何度も二人で探したお風呂の排水溝のネットに引っかかっていたというのだ。

いやいや。

あのネットは私が外してくまなく調べた。

ネットに引っかかってたのなら、絶対に私が気づくはず!

そう私が言っても特に反論もせず、さらに驚くことを私に言った。

 

『じつはね、ピアスにはキャッチがついたままだったのよ』

 

まさか。

キャッチがはずれずにどうやって耳から落ちるのか!

落ちたピアスに、またキャッチが刺さったというのか??

どう考えても答えは出てこなかったが、事実ピアスは見つかったのだ。

 

キャッチがついたまま見つかったことに嫁は特に驚く様子もなく、

 

『この世の中、そんなことはよく起きるわ』

 

と言った。

 

起きないから。

 

普通はそんなことは起きないし、少なくとも私には一生起きないだろう。

 

明日へ続く・・・

明日は、嫁の死を予言した占い師がついに登場!

 

[ad]

 

スポンサーリンク

今日のゆいまるくん

ガブガブガブガブガブ・・・

 

ぷは〜!

やっぱ夏は牛乳にかぎるわ〜。

ゆいまるくんはお水が嫌いなので、ちょっとだけ牛乳を足して飲ませている。

本人はこれが牛乳だと思っている。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

今朝のサラダボウル。

今日はWトマトに辛子明太子1本乗せという荒業だ。

フルーツトマトって書いてあるけど、酸っぱくて目がショボショボした。

 

 

もうちょっときれいにマヨネーズかけるつもりが、残り少なかったのでバフッ!バフッ!と言って飛び散りやがった。

てぃっきしょー!

 

 

ランチはチャーハンだ。

手作りチャーシューがゴロゴロ。

チャーハン用にわざわざ硬めのごはんを炊いたので、いい感じにパラパラチャーハンができた。

 

 

晩ごはんは前に書いたケンタロウさんの大好きなレシピから『真鯛のカルパッチョケンタロウ風』

ビネガーを使わずはまる美味しさなので、ぜひみなさんも作ってみて!

今回は一人分なので真鯛のお刺身のパックにした。

できればサクで買って薄めに切るのがおすすめ!

 

●材料 真鯛、ディル、チューブのにんにく、オリーブオイル、岩塩

これをただ和えるだけという、もはや料理といわないくらいに簡単で美味しい!

パックのお刺身だと身が厚いので、岩塩を多めにしたほうが美味しい。

実は昨日、私にも摩訶不思議なことが起こった。

嫁の話をブログに書いたからだろうか・・・

冷凍庫に買っておいたはずの塩キャラメルアイスが、なんと半分なくなっているではないか!

しかも私がいつも半分食べて残す時のように、黄色のクリップで開けた袋を止めてある。

まるで私が食べたかのように見せようと、誰かが仕組んだに違いないと思った。

 

さて、この難解な事件の犯人はいったい誰だ??

コメント

タイトルとURLをコピーしました