ミニマリストの意味 | 本当に知ってる?

その他
スポンサーリンク

捨てるより整頓が好き

以前は私は自称ミニマリストみたいなことを書いたことがある。

しかしそれは、ただ狭い部屋に引越しをするために大量のモノを捨てただけのことである。

捨ててしまったことを後悔してまた買い足すという愚かなことは、本当のミニマリストはやらないだろう。

 

私の部屋は誰が訪ねてきても驚かれるが、男の一人暮らしとしては整然としている。

そう、私は整頓が好きなのだ。

一度出したものは必ず元の場所に戻す。

単純なことだが、実はこれができない人がいかに多いことか・・・

 

日本でミニマリストのブームをおこした、ミニマリストの第一人者である佐々木典士(ふみお)氏。

 

 出典:SUUMOジャーナル

 

部屋の中にはとことん何もない!

不要なものはまったくないと言っていい。

いや、これを見ると必要なものさえないような気がする。

とにかく、これくらい何もない部屋に住んでこそのミニマリストなのだ。

 

この方の部屋を見て思った。

私はモノを持たないミニマリストではなくモノを整理する人。

強いて名前をつけるとするとオーガナイザー?

ちょっとカッコいい(にこり)

 

 

しかし佐々木氏のようなミニマリストがいったい何を目的に、どんな生き方を目指しているかは私にはまったくわからない。

断捨離すればミニマリストとも違う。

 

ライススタイル系のブログの上位は、ほぼミニマリストがテーマのブログばかり。

ただのブームかファッション?

しかも女性ばかりだ。

 

一時期流行ったロハスと似たような現象で、ちょっとだけオーガニックな食事にはまっただけのにわかナチュラリストみたいなものとよく似ている。

要するにファッションだ。

 

でも本当のミニマリストとは、目指すものが全然違うのでは?という疑問が湧いた。

そこで、本当はもっと根源的なところの生き方に意味を見出しているのだろうと思い少し調べてみた。

 

スポンサーリンク

所詮お金持ちがやること

ミニマリストのブームは、アメリカのカリフォルニア州に住むレオ・バボータという人物が、最小限の持ち物で暮らすことを『ミニマリズム』とブログに書いたことがきっかけらしい。

元々は仏教の禅の考え方を学び、そこから不要なモノを処分してシンプルな生き方をするところから、このミニマリズムは生まれたとのこと。

 

なんだ、それなら元々日本にあった文化がアメリカでインスパイアされ、それが日本にまた逆輸入されたということか。

そんなことなど日本のミニマルブロガーは知っているのだろうか?

 

その後、そのミニマリストブームに火をつけたのがジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・ニコデマスの二人。

この二人は、今ではトークショーで全米の都市をツアーで回るほどの大人気なのだそうだ。

しかしこの二人は、元々は1000万以上の年収を稼ぎ、大きな家に住みブランド品を買いあさっていたというお金持ち。

その二人のお金持ちがアメリカの大量生産・大量消費の現実に嫌気が差し、ミニマリズムに傾倒していったということだった。

 

だからアメリカでは、ミニマリズムは所詮お金持ちしかできないと言われていたのだ。

本当に貧乏な黒人が私はミニマリストと言ったところで、誰もそれをミニマリズムだとは思わない。

ミニマリズムとは、貧乏で何も持ってない人の生き方ではないということ。

 

モノを持ってないのではなく、モノを持たない暮らしがミニマリスト。

どうやらそういうことらしい。

 

しかもミニマリストはあえて狭い極小住宅に住んでいる。

タイニーハウスと言われるほど小さな家だ。

要するにモノなど置く場所がない家。

最低限のモノで生活するには、そこまで徹底してやるのがミニマリスト。

先ほど紹介した佐々木典士氏だが、彼もまた小さな賃貸住宅に住んでいる。

 

しかしここに登場する人たちは、一度どこかで大量のモノを捨てた経験があるはずだ。

じゃないと現在も過去の遺物を引きずって生きていることになる。

それではミニマリストにはなれない。

 

今、世界中のミニマリストを引っ張っているのは『職業ミニマリスト』と言われる人たちだそうだ。

ミニマリストというライフスタイルでお金を稼ぎ生業にしている人たち。

お金を稼ぐためにモノを持たない生活をやっているって、何か釈然としない気がするのは私だけ?

 

ではお金ってなんだろう?

モノを買うためというのが、一番の存在理由ではないのか??

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食のサラダボウル。

鶏そぼろと大豆ボウルだが、どちらもサラダボウルとの相性がいい。

相性とは混ぜやすいということ。

一番混ぜにくいのは、毎日欠かせたことがないアーリーレッド!

スライスじゃなければみじん切りしかないが、みじん切りはかなり面倒臭いのだ。

 

 

ランチはスーパーで買ってきた舞茸の天ぷらをトッピングした舞茸天そば。

お惣菜コーナーのおばちゃんにスタンディングオベーション!

ブラボ〜!

 

 

ついでに赤蕪を買ってきて甘酢漬けにした。

手作りだとシャキシャキ感が残る。

京都の有名店のはやたら甘ったるいが、自分で作るとちょうどいい!

 

 

晩ごはんは焼肉定食にした。

A3和牛のカルビがセールだったのだ。

 

 

A3ランクでも脂がすごい!

しかし噛むのに歯は必要だ。

歯茎で噛むのも無理だろう。

どうしても一人で焼肉屋にはいれないので、おうち焼肉するしかなかった。

 

 

やっぱ焼肉はうまい!

1切れ残して明日のサラダボウルにトッピングしよう。

一人暮らしも4年目となり、すっかり私も主婦感覚が身についてしまった。

お金も食材も自分でやりくりしなければならないから仕方ない。

なるべく無駄にしないように頑張っている。

 

私は一度大量にモノを捨てたが、今でも賃貸の2DKにほどよくいっぱいのモノがある。

それらはすべてきれいに整頓されて、見せたくないものは見えないところへ。

見せたいものは見せたい場所に置いてある。

 

不要なモノなど何もない。

必要なモノを整理するオーガナイザーだから。

 

 

コメント

  1. おはようございます!昨夜はありがとうございました~
    色々といただいた貴重な情報を基に「すぐやる課」をやります(^O^)/

    もしかしてぺこりーのさんは血液型A型?(血液型の傾向を信じないタイプ!かもですが(笑))
    「出したものを元のところに戻す!」というの、よく言われ続けてます。
    私はそれをしないで、モノをなくす人です。
    サングラスなんて、ケースばかりが手元に残ってます。なぜだろう。

    私はそれほど躊躇なく物を処分できる人ですが、それでも今、周りを見回してみるとなんとものがあふれかえっていることか…。片付けては極限までひどい状態になり、片付けては、というのを繰り返しています。今週末も片付け、を予定していますが、また次の週には…でしょうね。

    では今日はこの辺で~♪

    • パンミミさん

      コメントありがとうございます!
      あれは最低限やった方がいいことですので、迷わずに実行していただければと思います。
      私の血液型はO型です!
      さほど几帳面ではありませんが、きれいなところにいるのが気持ちいいので、いつも片付いてます。嫁がきれい好きだったので、その影響が大きいかな〜。

      私もビシビシ捨てます!
      そこで躊躇するととんでもないことになると経験しているので、ミニマリストではないけど好きなものと必要なものだけで生活したい方です。
      必要なものがわりとたくさんあるので困ります^_^;

  2. ミニマリスト生活、全然憧れません。
    冬とか、超寒そうなんですけど~。
    程よい生活感のある部屋が好きですね。
    ぺこりーのさんは整頓が得意とのことで、すっばらしいですね~!
    私は掃除はやりますが、整頓が苦手ですぐに乱れます。
    たぶん死ぬまで直りません。

    今日のご飯も美味しそうです~☆
    焼肉のたれも手作りですか?
    舞茸天は、この前アップされた岩のように固い?、海老天に比べたら、凄く美味しそうですね。

    • こしあんさん

      コメントありがとうございます!
      たしかに物が無いがら〜んとした部屋は寒々しいですよね。
      几帳面ではないんですが、きれいなところが好きです。
      部屋が片付くと気持ちまですっきりするじゃないですか。
      それが気持ちいいんです〜。

      焼肉のタレはあればジャンを買ってきました。
      家族がいたころは生ダレを作ってましたが、今は作っても一人分なので・・・

      (笑)
      岩のように硬い海老天覚えてましたか!
      舞茸天はからっと揚ってて美味しかったですよ。

タイトルとURLをコピーしました