愛之助の歌舞伎から銀座『泰明庵』で昼酒!最高か!!

ライフスタイル
スポンサーリンク

吉例顔見世大歌舞伎

 

以前から一度は行きたいと思っていた歌舞伎座

どうせ見るなら誰か知っている人が出ている歌舞伎をと思い、『片岡愛之助』と『松本白鸚』の歌舞伎を見てきた。

この歳になって初めての歌舞伎座だ。

 

いつ頃からかわからないが、60歳を過ぎたら歌舞伎でも見に行って銀座で昼酒でもするのが老後なんだろうと思っていた。

しかし実際には60歳を過ぎても、歌舞伎よりも『ちゃんみな』とか『GLIM SPANKY』のライブに行きたかった。

 

俺っていつまで経ってもオツな年寄りにはなれないんだな。

こりゃ一生歌舞伎を見て昼酒というチャンスは訪れそうにないなと思っていた。

 

おまけにコロナだ。

全てのライブやショーが中止となってしまい、歌舞伎どころか『ちゃんみな』も『GLIM SPANKY』も見れない。

 

それですっかり諦めていたところにこの急激なコロナ感染者数の激減!

ついに全ての自粛要請が解除になったのを機に思い切って歌舞伎座に出かけてきたのだ。

 

昨日はいい観劇日和だった。

 

ふ・・・

私の日頃の行いだな。

 

小田急線豪徳寺の駅はいつも乗客は少ない。

なのにこの無駄な広さはなんだ。

新幹線の駅よりも広いって必要か?

 

私はこの小田急線と京王線の間に住んでいるが、どちらの電車に乗るのも最近ちょっと怖い。

電車の中の乗客も明かに不審者がいないか探している目だ。

 

 

今日はZARAで買ったブルーのセーターにLeeの白いダメージジーンズ。

着物でも着て行きたいところだがそこまでするとやり過ぎだ。

 

4年ほど前、この歌舞伎座に承諾を得て館内でモデルさんの撮影をしたことがある。

懐かしい場所だ。

 

 

そしてこれが今日の演目『吉例顔見世大歌舞伎』の看板。

 

 

この歌舞伎座は2013年に立て替えられたが、それから8年も経つがまだ新築のようだ。

平日ということもあるだろうが、まだまだお客様が以前のように戻っているという感じではなかった。

席も半分ほどは空席だったと思う。

 

それにしても片岡愛之助が男らしかったな〜。

歌舞伎ではあんなに男らしいとは思わなかった。

 

こちらはあまり知られてないが、歌舞伎座の隣にある歌舞伎タワーの5階の空中庭園。

実はこちらは撮影OKなのだ。

 

 

 

4年前もこのあたりを撮影したのでよく知っている。

観劇の記念に写真を撮るにはうってつけの場所だからおすすめだ。

 

 

そして2時間ほどの歌舞伎の観劇を楽しんだあとは、これも以前から行きたかった銀座の老舗蕎麦屋『泰明庵』へ。

創業60年以上の有名なお蕎麦屋さんだ。

 

店構えに歴史を感じる。

そして店内は14時近くだというのに満席だった。

かろうじて2階席に座れたのでラッキーだったが客の半分は昼間から酒を飲んでいる。

 

私の友達がたくさんいるじゃないか!

ここは酒飲みにとってはパラダイスのようなお店だ。

 

 

このお店は蕎麦もうまいがなんと言っても酒の肴がうまい!

壁中に貼り付けられたメニューの短冊を見るだけでも酒が飲める。

 

せりのおひたし。

このお店のおすすめはせり。

せり蕎麦、せりカレー蕎麦にこのせりのおひたしなど、とにかくせりが美味しい!

 

 

もう一つのおすすめが天ぷら。

揚げたての天ぷらも久しぶりだな〜。

 

蕎麦屋では日本酒だが、私は焼酎が好きなのでいつもの芋焼酎をロックで頼んだ。

しかし出てきたのは水割りだった。

ここでは焼酎のロックというと水割りが出てくるようだ。

 

まあ水割りもうまいじゃないか。

これも美味しかった!

マグロ煮。

煮凝りが絶品!

 

 

焼酎をおかわりしてしめにもりそばを食べる。

もりそばはこの量で600円だから安い!

普通、蕎麦の名店と言われるお店だと、保育園児の給食か!と思うほど量が少ない。

そして高い!

 

しかしここのもり蕎麦は普通だと大盛りの量!

しかも角が立ってうまい。

 

いい気分でまた日比谷方面へ歩く。

するといつもの『銀座熊本館』が見えてきた。

ここでラーメンやら揚げ物やらを買って家に帰った。

 

ここの揚げ物は、実は私の天草の親戚のお店が揚げているもの。

もう随分長いこと会ってないが、このお店の今の主人は私と同級生だった。

 

天草は遠くてそう簡単に会える距離ではないが、この熊本館に来れば親戚のお店の味に会える。

 

昨日はついに念願叶って、歌舞伎座からの蕎麦屋での昼酒という素晴らしい1日が堪能できた。

 

さて次はどこへ行く?

 

タイトルとURLをコピーしました