長生きすることは悲しい・・・百歳になって見えるもの

老いるということ
スポンサーリンク

人生は長さなのか?

 

人生は長さだと言い切れる人は少ないと思う。

誰もが漠然と長生きしたいとは思っていても、人生においてそれが全てではないとみんな思っていると思う。

私もそうだ。

 

人生にいいも悪いもないと思うし、ただ生きた時間の長さだけで何かが測れるものでもない。

お金持ちの家に生まれたらそれだけで幸せでもなかろうし、貧乏な家に生まれてもそこから這い上がった人もたくさんいるだろう。

 

ただ年老いた時の気持ちの持ちようだと思う。

いい人生だったと自分の人生を肯定できるか。

あるいはつまらない人生だったと後悔だけで死ぬか。

 

老いて死が目前に迫ってくる。

世の中に感謝をしながら穏やかに死ねることが最良のような気がする。

しかし私はまだそこまでヨタヨタになっていないので、実感としては想像できない。

 

なぜなら今はそう簡単に歳もとれないのだ。

今の年寄りは若い!

しかも元気である。

 

元気な人ばかりが目に付くからかもしれないが、それでも昔に比べれば恐ろしく元気な年寄りが多い気がするのだが・・・

いつもテレビで見ている『オモウマい店』に出てくる食堂の店主もそうだし、一昨日見た『ウラ撮れちゃいました』で紹介されていた食堂のおばあちゃんもそうだった。

 

みんな八十歳を過ぎてもバイクで仕入れに走り、大量の仕込みを一人でこなしている。

ああいう元気な姿を見ると、たかだか六四歳にして腰が痛いだの目が見えないだの言っている自分が恥ずかしくなる。

 

昨日40年ぶりにアルバムを発売したスェーデンの往年の人気グループ『アバ』は、全員が70代半ばという年齢!

お元気でなによりだ。

 

ミック・ジャガーもいつまで死なないし・・・

一番先に死んでほしいロッカーだった。

 

 

私の場合、ゆいまるくんのお散歩だけが1日の私の運動の時間である。

お散歩から帰ると、まるで1日中工事現場で働いてでも来たかのようにヨレヨレになっている。

 

情けない。。。

 

もう少し体力をつけないと、嫁とばあちゃんと再会する日がすごく近い気がしてきた。

 

まあ長生きをしたいとは思わないのだが、いつからが長生きと言うのかもよくわからないからこれもただ漠然とした話だ。

私の感覚では長生きとは百歳が近くなってくると長生きだなと言う感じである。

 

実は私の母方の祖母は百歳で亡くなった。

祖父の方は早くに亡くなったが、祖父は祖母に比べると一回りも歳が違うのかと言うほど老けこんでいた。

私の母も現在八十八歳なので、おそらく母も相当長生きするのだろう。

 

先日、百歳まで生きたからと言って、日本は何かお祝いするようなムードではないとブログで書いた。

それほど超高齢化社会は進んでしまったのでとてもお祝いムードとはいかないのだ。

 

そんな中、百歳になっても現役で理容師の仕事をされている方のニュースを目にした。

百歳になっても仕事をしているって尋常じゃない。

六四歳でも犬の散歩が精一杯なのに百歳で現役で仕事をされているって凄すぎる。

 

しかし別の百歳の方が悲しいことをおっしゃっていた。

私の周りの人はみんな死んでしまったと・・・

 

そうなるよな〜。

長生きすると・・・

 

ついには自分の子供までが先に死んでしまうという現実。

実は先ほどの私の祖母もまた、母の弟を先に亡くしている。

 

誰もが漠然と長生きを望む世の中にあって、その長生きが生む悲しみもはかり知れない。

私も嫁というかけがえの無い身内を亡くしたが、それでも娘を先に失うよりはまだマシだ。

 

うちは長生きの家系だが、絶対に娘よりも長生きしたいとは思わない。

 

 

スポンサーリンク

追記

 

さすがに百歳にもなると自分で料理などできるのだろうか?

厳しいだろうな〜。

 

六十代が若い頃に想像した六十代とは全く違ったので、おそらく今自分が想像する百歳もこれまた全く違うのかもしれない。

 

介護士さんがビアバーまで連れて行ってくれるかな?

 

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
老いるということ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして
タイトルとURLをコピーしました