人生をやり直したいとあなたは思うか〜やり直せるならいつに戻りたい!?

ライフスタイル
スポンサーリンク

あの失敗をやり直したい!

 

長い人生、誰でも失敗のひとつやふたつはあるだろう。

あのときこうしていれば、のちの人生はもっといい人生だったに違いない。

人生をやり直せるなら、もう一度あの時に戻って違う道を歩きたい。

 

そういう気持ちはわからなくもない。

株式会社オウチーノが行ったアンケートでは、2人に1人が『人生最大の失敗』を経験しているそうだ。

その失敗でもっとも多かった回答が『受験や進学』。

次が『結婚』、そして『金銭関係』『恋愛や異性関係』と続く。

 

それもこれも人生において大きなイベントである。

そこで失敗するとたしかに痛い。

その時に戻ってもう一度やり直したいと思う気持ちもよくわかる。

 

しかし私はどの道を通っても人生のゴールはだいたい同じだと思うのだが・・・

 

最近は就活の時のエントリーシートに『あなたの人生最大の失敗を書いてください』という質問が用意されていることが多い。

なぜそんな質問をするかというと、何も面接官はあなたの恥ずかしい失敗談を聞いて大笑いしたいわけではない。

その失敗をどのように克服したかということを知りたいのだ。

 

失敗しないことよりも失敗で学ぶことの方が、人生においては重要なことであり自分を成長させてくれるチャンスとなる。

 

私が以前の職場で採用面接をしていたときに、同じようにエントリーシートに『過去の失敗談』を書いてもらう欄があった。

たいていは学生の頃の部活での失敗や友人関係のことを書いている。

そしてそれをどのように解決・克服したかを、だいたいマニュアル通りに書いているものだ。

 

しかしある女性の応募者が、ガチの失敗談を回答欄いっぱいに書いていて、私はそれを読んで大笑いした。

・遊園地の流れるプールで水着のブラが流されたこと。

・授業中に寝ぼけていきなり立ち上がり『これが勇者の剣!!』と叫んだこと。

もうこの2つしか覚えてないが、たしか10個ほど書かれていたと思う。

 

ただのおもしろエピソードで何も解決されてない。

そしてこの女性はというと見事採用され晴れて私の部下となった。

私ももの好きなものだ。

 

そして最近私が大爆笑したことがあった。

きっとあの女性はその時人生をやり直したいと思ったと思う。

 

いつも行くビアバーとは別の新宿にあるビアバーがある。

そのビアバーにはコロナ前にはよく通ってた。

外人さんが多くて、店内にはいるとちょっと日本とは思えない雰囲気のお店だ。

 

お客さんも多いので、いつもそのお店に入る時はスタッフから『混んできたら2時間制でお願いします』と同意を求められる。

しかしその日は新人の女の子が席まで案内してくれた。

なかなかの美人さんで新人なので張り切っている。

 

私が店内にはいるとマニュアル通りの言葉が出てきた。

 

『当店は混み合いましたら24時間制でお願いしております!』

 

24時間も飲めねえよ!!

 

と、すぐにツッコミを入れたのは当然だが、私よりもその新人スタッフの方が大笑いしていた。

恥ずかしい話はどこにでもあるものだ。

いちいち過去に戻ってやり直してたらなかなか人生は前に進まない。

 

つい先日私も同じことを聞かれた。

『人生をやり直せるとしたら何歳に戻りたいですか?』

と。

 

へ?

と思って一瞬考えたが何も思いつかない。

失敗はたくさんある。

しかし私はこう答えた。

 

『この人生がいい人生だったからやり直したくないね』

それにせっかく64歳まで歳をとったのに、またやり直すってめんどくさくてしょうがない。

 

やり直してもっといい大学にはいって、いい会社に就職して、嫁とは別の女と結婚したからと言って、それが幸せな人生になるかどうかはわからない。

 

だったら私にとってはこれまでの人生が最高だ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はおなじみのライスサラダと野菜スープ。

炊き立てのごはんをサラダにするなんてもったいないと言われそうだが、炊き立てであってもサラダとして食べたくなるほどうまいのである。

 

 

えごまオイルで手作りしたフレンチドレッシングがあう。

シンプルでビネガーのきいたドレッシングが最高だ。

それにさらにレモンを絞るという、まるで妊婦のように酸味を加えている。

 

 

ランチは肉野菜炒めライス。

豚バラと春キャベツをオイスターソースとナンプラーで炒める。

ちょっと甘めのエスニックな味だ。

 

 

晩ごはんは肉じゃが、切り昆布と揚げの煮物、サラダ、卵焼き、辛子明太子とういうおつまみセット。

やたらでかくてお安いじゃがいもを買ってきたが、なんとホクホクしててうまいんだろう。

今夜も焼酎がすすむ。

 

人生は一度きりだからみな全力で生きる。

何度もやり直せるなら真剣勝負ではない。

 

だから人は失敗すら糧にして、最大限の知恵を働かせて生きるのだろう。

今思えば、辛かったことも悲しかったこともすべては自分の人生のいろどり。

 

ぜんぶいい思い出としてぼやけた記憶の中に詰め込まれている。

まだまだ私も人生という旅の途中だ。

 

やり直すことを考えるよりも、この先の人生をどう楽しく生きるのかに考えをめぐらせたいものだ。

 

コメント

  1. こんにちは✨
    職場のランチ仲間とよくこの話題になります。
    みんな小1に戻って勉強をしっかりやる!と一致します。
    学歴というより色々な知識を身につける為の基本だから。
    そして素晴らしい職業を見つけ、素晴らしい旦那様に出会い、素晴らしい人生を送るのです。
    勝手な妄想です、笑

    • ペパーミントさん

      コメントありがとうございます!

      小1って。
      めっちゃ戻りますね(笑)
      たしかに勉強はもう一度ちゃんとやりたいと思います。
      しかしやり直しても同じような人生だと思うんですが^^;

  2. ぺこりーのさん、こんにちは。
    何とタイムリーに、私は今朝犬の散歩時に見慣れた景色を見ながら「人生が明日終わるなら、やり残した事はないか?」「生まれ変われるなら、どんな国でどんな仕事でどんな家族とどんな家で暮らしたい?」なーんて考えてました。
    で、結論は、やり残した事は無いし、生まれ変わったら(やり直せりるなら)今と同じ街で同じような生活したいな、と。いろいろ考え出せばキリがないですが、自分は自分の人生に満足しているというか、向上心が無いとか諦めるには早いとか、そういう事ではなく現状に満足できる(不必要な不満は持たない)のがシニアなのかなあ、と思ったり。
    でもまだ人生の度継続中はそのとおりですね。

    • 人生の度➡︎人生の旅

    • 揚げパンさん

      コメントありがとうございます!

      ほ〜!
      いやにタイムリーですね。
      てか、そういうお年頃なんでしょう。
      今の暮らしに満足できるというのは大事なことだと思います。
      自己肯定にもつながるし何よりも幸せを実感できます。
      まだまだ人生は続きますよ〜。

  3. 初めまして。
     昨日の日記に大笑いさせていただき 
     今日は心にしみて
     毎日読みたくなりました。

     お料理のお写真おいしそう、
     レイアウトも背景のボードも
     ただものではない!

     シニアライフもこんなに楽しそう、
     なんだか勇気をいただいたような。
     ありがとうございます。

    • もぐもぐアリスさん

      初コメントありがとうございます!

      沼にハマりましたね(≧∇≦)
      老後の悩みはこのブログでほぼ解決できると思います。
      過去記事もよかったら読んでみてくださいね。
      ぜひまた遊びにきてください!

タイトルとURLをコピーしました