貯金はなくても老後には自由がある!

料理
スポンサーリンク

自由も不自由も幸せ

ある作家さんがおっしゃっていたが、歳をとるに連れて友人や仕事関係の方との交際の範囲も徐々に狭めて行き、手が届く範囲でお付き合いをした方がいいと。

私もまさにそう思う。

SNSを見れば、友人が元気かどうかはどこにいてもわかるし、昔のように頻繁に飲みに行こうと誘ったりはしない。

使えるお金も限られているわけだから、身の丈で生きていくことを考えることが賢明だと思う。

子供が育ち盛りの頃は一番家族も多いし、仕事もバリバリやっている頃だから仕事の付き合いも多いだろう。

また、子供関係のお付き合いやイベントごとなど、お金も出ていくし人と接する時間もとても長い。

なかなか自分の時間も取れずに不自由だな〜と思うことも多いと思う。

特に子育て中のママさんなどは、自分一人でショッピングに出かけるなんて、よほど周りの家族の協力がないと難しいのではないだろうか。

 

それが子供も自分の道を歩き始め自分の家庭を持つ頃になると、年老いた夫婦二人の生活は何かしら夫婦共通の趣味でもないと時間を持て余す。

あれだけ仕事に子育てにと忙しく、自分の時間など全くない不自由だった生活は、老いと共に自由を手にするようになる。

しかし振り返れば、今の自由も不自由だったあの頃も、どちらも幸せな時間だった。

何一つ無駄な時間はなかったと確信できる。

私はあいにく嫁に先立たれたおかげで、夫婦で自由な時間を楽しむことはできなかったが、私は一人でその自由を目一杯楽しんでいる。

いつ寝ようが、いつ酒を飲もうが自由!

年寄りのようにシルバーシートに座ってみたり、シニア割りで映画を見たり、知らない街を徘徊してみたり・・・

毎日スーパーで食べたいものを探して、自分で料理を作り『うまい!』と自画自賛しながら酒を飲む。

テレビのリモコンも私一人の所有物だから、探偵ナイトスクープだって5時に夢中だって録画する必要なし!

これが老後なのだよ。

貯金なんかそんなになくても、お金には変えられない老後の自由がある!

 

今、子育てを頑張ってる若いみなさん!

家族や友人が大勢いるとたまにひとりになりたくなるよね。

でも慌てなくても、いずれ一人になって否が応でも自由な時間ができるよ。

だから今は、今の不自由な生活を精一杯楽しんでいただきたい。

 

私は焼肉屋だけはいまだ一人で入れない。

焼肉屋とかもんじゃ焼きとかお鍋とか、これはやっぱ家族や友人たち大勢と食べた方がうまい!

今は不自由だけどそういう楽しみもあるじゃないか。

[ad]

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

自分で作る料理もブームがあるというか偏りがあるね。

まあ、それも老後の自由なんだから、最近の偏りっぷりを見ていただこう。

 

ブームの沼サンド。

とうもろこしが進撃の巨人の歯みたいに見えて、ちょっとたじろいだ。

ゆいまるの視線が痛い。

 

手をドロドロにしながら食べるのがうまいんだよね。

 

これはランチだが、もはや何という名前の料理かすらわからない。

冷蔵庫にあったあまり物を全部ごはんに乗っけてみた。

フリーダム!!

見た目よりも美味しい。

 

夜も全く創作意欲が湧かず、これも冷凍庫から発掘されたステーキ肉を海苔巻きにして作ったおにぎらず。

おにぎらずも一時巷で流行ったよね。

今頃、その波が私のところまでやってきた。

うまいっすよ。

普通に。

 

こうやって張り切って料理をしたり、ある物で適当に料理したりというのもその日の気分で自由。

サンドイッチにしろおにぎらずにしろ、挟むブームがきているのも自由。

またすぐに違うブームがやって来るから、せいぜい今は挟まれた食べ物を見ていて欲しい。

そういや、最近サラダが出てこないな。

一時、お野菜が高かったからね〜。

これは自由じゃなくて、お財布が不自由なのだ。

コメント

  1. Nao より:

    ぺこりーのさん こんばんは。
    アメリカ東部時間 火曜日の22:55を過ぎたところです。

    米国民主党全国大会をテレビで観ながら英語の勉強をしてます。
    そんでもってネットで日本語に浸っています。(近所に日本人がいないので日本語を使う機会がありません)

    ぺこりーのさんは本当に何でもプロ並みで、とっても器用な方ですね。
    文章も難しい単語を使わずに誰にでも分かり易い、そしてオチもきちんと用意されていて。
    お写真もとっても素敵で、本職の方かとお見受けします。
    私は日本食に飢えているので、毎日の『おひとりさまごはん』更新を楽しみにしているんですよ。ありがとうございます。

    ぺこりーのさんが若い人に向けてせっかく為になることを言っているのに、このブログは『60代 生き方』、『シニアライフ』のカテゴリーにあるんですよね。。。残念。
    素敵なブログなので、年代で区分けしないもっと相応しいカテゴリーがあるような気がします。
    (お節介のようでごめんなさい!)

    5時に夢中、私も好きでした。(特に金曜日!)

    友達の件。
    私はろくでもない人生を送ってきたので、もう一度誰も知らない場所でやり直している最中です。
    なりたい自分になる!

    人間としてはダメダメでも、それでも子育てだけは全力投球しました。
    反抗期あたりから子離れしないといけないと悟って、彼らの自立を口出しせず遠くから応援するに留めて。

    私にとって『友達』って定義が難しい。。。
    幼馴染、仕事仲間、ママ友、ダイビング仲間、どれも大事なんだけど、連絡とらなくてもどうってことないような気がします。

    本当に魂の通じ合える『友達』って、テレパシーのようなもので繋がっていて。
    何年も会っていなくても心のどこかでぼんやりと思い出してたり。
    それである時ひょっこりとメールが来たり。。。しませんか?

    オチもなくてごめんなさい。
    私は英語も日本語も不自由しています。

    それでは又。

    • Naoさん

      おはようございます!
      東京は朝の6:30でございます。

      いろいろとお褒めに預かり光栄です。
      でも、写真もスマホで撮ってるのであれが限界なのです。
      以前、10年ほどグルメブログをやってた時期があり、それで料理の撮影は慣れているのかもしれませんね。
      当時はデジタル一眼レフで撮影してましたが、今はあんまり頑張りたくないのでスマホです。

      実は、カテゴリーはシニアですが、意外に若い方に読んでいただいていてびっくりしております。
      今日のブログでご説明しようと思いました。
      できれば私は、私と同年代の方には共感を、そして私より若い方には老いることへの不安を少しでも解消できたらと思ってます。

      世界中がまるで映画みたいにウィルスに感染してしまって辛い時期なので、ブログを読んでいただいたみなさんが少しでも元気になっていただければと思ってます。

      私の方は、実はコメントで励まされてるんですよ。
      いつもありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました