アパート化するホテル!〜変化できる人たちだけが生き残る

料理
スポンサーリンク

究極のサバイバル時代

非常事態宣言の延長によって、飲食店をはじめ旅行業界やサービス業など、大打撃を受けている業界は多いと思う。

すでに大手企業の倒産などのニュースも耳にするから、もはや限界なんだろう。

 

そんななか、みなさんもニュースでご存知だろうが、帝国ホテルが客室をアパート化するというニュースが飛び込んできた。

月額36万円ということだ。

そんなお金を払って帝国ホテルに泊まりたいのだろうか?と思っていたら、なんと予約で全室埋まってしまったそうなのだ。

急遽帝国ホテル側は、さらに部屋数を確保するとのこと。

 

私のような貧乏人は、1ヶ月で36万円も家賃を払うくらいなら、国民健康保険料を一括払いにしてあとは米とビールを買う!

帝国ホテルに住んだところで、どうせ10時間くらいは寝ているのだ。

 

しかし!

帝国ホテルに倣って、なんと全国のホテルでアパート化がすすんでいるそうなのだ。

問い合わせの数もたいへん多いと報じられているから、ニーズがあるんだな〜と感心した。

ただ、こういうことはホテル業界に限らずいろんな業界で起きている。

自社が持っている装置や強みを活かして、あらたな収益源を生み出す。

いわゆるイノベーションだ。

 

コロナによって生きるか死ぬかのサバイバル時代だからこそ、あらたなビジネス戦略が生まれイノベーションが起きる。

そしてこの変化の時代に変化できない企業だけが消えて行くのだろう。

日本人だけではないだろうが、それにしても目の前で起こるさまさまな変化に、驚きながらも感心する。

日本人はすごいな〜!

 

日本の新型コロナの感染者数も徐々に減少に転じている。

これは非常事態宣言が発出されたこともあるだろうが、ヨーロッパのようにロックダウンしなくても、緩い規制のまま日本人は感染リスクが抑えられていると思っていいと思う。

日本の非常事態宣言など、外国の規制と比較したらまったく別物だ。

すべて自主的な行動を促すお願いにとどまっている。

 

私も一時はもっと強制力のある規制を発出すべきと思ったが、どうやら日本はそういう国ではないらしい。

なんだかよくわからないが、感染者数も重症患者数も減少しているのだ。

 

その感染者が減少している理由とはなんだろうと考えると、やっぱり日本人の国民性の一言に尽きる気がする。

相変わらず若者は出歩いているし土日の人出も減る様子はない。

しかしなぜか感染者は減った。

 

おそらくだが、飲食店の営業を短縮や外出規制などよりも、何よりも日本人の高度な衛生観念によって感染増加は食い止められているように思う。

マスクや手洗いは日本人にとっては特別なことではない。

毎年インフルエンザの時期になると、政府が指示などしなくても大半の人はマスクをつけ始める。

手を洗うにいたっては、保育園の頃からの習慣だ。

 

欧米のマネなどしなくてよかった。

欧米ではロックダウンしても感染者数は増加しているではないか。

 

日本人には、強い規制よりも日本人が持ち合わせている善意や道徳心に訴えかけるほうが、よほど効果があると思った。

日本人は他人と同じであることで安心する。

だからマスクや手洗いが常識だと言われれば、そうだと言わんばかりに隣を見て同じ行動をとる。

 

昨日、ある中学校の校則についてのニュースがあった。

その内容にちょっと耳を疑ったが、今どき中学校で下着の色の検査をやっているそうだ。

それも女子生徒と男子生徒と同じ部屋でやっているというから、ちょっと古いがハレンチ学園か!とツッコんでしまった。

合法的なスカートめくり?

新宿歌舞伎町に『私立もっこり学園』というちょっとHな学園があるが、そこですらタダでは下着は見せてもらえない。

通常料金に指名料まで払わされる。

 

下着の色が勉学にどんな影響を及ぼすのだろう。

もうバカバカしくて真面目に書く気まで失せてしまう。

 

私の娘の高校には校則がなかった。

服も自由だし髪色もネイルも化粧もなんでも自由だ。

もちろん下着なんて履いても履かなくてもどっちでもいい。

 

しかし都立ではまあまあの進学校だったし、自主自立の精神が先輩から後輩へと受け継がれていて、学校行事はすべて生徒が仕切ってやっていた。

実に素晴らしい生徒たちだった。

 

だらしない国会議員ばかり目にするが、そんな大人が作った規制などなくても子供は立派に育つ!

そしてコロナだってなんなく乗り越えてしまう。

 

それが日本人なんだよ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食はサバの味噌煮定食。

サバの味噌煮はイオンで買った調理済のやつだ。

でもなかなか美味しかった。

今回は肉じゃがもよくできた。

こんなに美味しく肉じゃがが作れるんだったら、誰かの胃袋も掴めそうだ。

 

 

ランチはかき揚げそば

いつものスーパーのお惣菜のかき揚げだが、私はこのかき揚げそばが大好きだ。

かき揚げはほとんど衣でできている。

野菜は気持ちだけ。

しかしおつゆに溶けた衣が最高なのだ。

 

衣の塊で120円もする高級品だからな。

 

 

休肝日の昨日は肉じゃが定食だ。

朝食でも書いたが今日の肉じゃがは実にうまい!

 

ホテルがアパートに変化して、飲食店はお持ち帰りのお弁当屋さんに変化した。

キャビンアテンダントさんはレジ係りに出向して、自宅が仕事場となった。

 

このコロナ禍によって、たくましく変化したものを私達はたくさん見た。

みんな頑張っている。

 

そしてもうひとつ見えたものがある。

だらしない大人の世界だ。

またもや自民党の白須賀議員がラウンジに飲みに行ったとして自民党を離党することになった。

 

時代錯誤の老害に自身の行動を律することができない国会議員。

一番先に変化を求められるのはこの方たちではないか?

 

コメント

  1. 帝国ホテルといえば、あの小室さん親子が記念写真を撮りに行った場所ではないですか!
    婚約者はお金出して見てるだけだったっていうのを思い出してしまいました~。
    1ヶ月36万ですか、、、庶民には手が出ませんね。

    中学生の下着の色検査は本当だったんですね。
    アホ臭すぎて笑えませんわ!

    肉じゃが、とっても美味しそうです~♪
    沢山作りすぎたら、コロッケにしても美味しいですよ(^^)
    あ、ぺこりーのさん、揚げ物しなかったですね?
    失礼いたしました。

    • こしあんさん

      コメントありがとうございます!

      小室さん親子は帝国ホテルで写真撮影してたんですか!?
      お金ないのになんでそんなところで・・・
      帝国ホテルなんてまだ1度しかはいったことないです。

      肉じゃがはたいへんよくできました!
      コロッケのリメイクってよく聞きますね。
      揚げ物はオイルポットを置く場所がなくてやらないと決めているんですが、
      でも揚げ物も自分で作りたいんですよね〜。
      どうしましょ。

タイトルとURLをコピーしました