ニュースって面白いバラエティ番組のよう!副大臣の愛人契約からミサイル発射まで・・・

料理
スポンサーリンク

キャスターも大変だな

 

ニュースキャスターって本当に大変だと思う。

有名人の訃報のニュースの次には皇族のご結婚というおめでたい話をしなければならない。

レタスの価格のニュースもあれば北朝鮮のミサイル発射のニュースもある。

 

日本中のテレビでキャスターの顔がドアップで放送されているから、どのニュースも無表情で伝えるというわけにはいかないだろう。

これもニュースになっていたが、フジテレビの『イット』で榎並キャスターがニュースを伝える場面で涙ぐんでしまい、うまく話せなくなってしまったことがあった。

 

もしかするとご覧になった方もいるかもだが、私はちょうどそのニュースをテレビで見ていた。

そのニュースは新型コロナに感染した妊婦が、運悪く病床が逼迫しているときだったため入院先が決まらなかったというニュースだ。

その女性はやむなく自宅でお産することになってしまい、しかし残念ながら生まれた子供は亡くなってしまったというなんとも悲しいニュースだった。

 

そのニュースを読みながら榎並キャスターは感情が高まって思わず涙を流してしまったのだ。

 

私は榎並キャスターの気持ちがよくわかった。

だから全く違和感もなければ榎並さんをよもや責める気持ちなど微塵もなかった。

しかし世の中にはその時の榎並キャスターを責める人がいたということに私は驚いた。

 

キャスターだって人間だろう。

血が通った人間なら、こんな悲惨なニュースに涙の一つも出るのが当然だと思う。

 

ただ榎並さんは翌日謝罪をされていた。

それはキャスターとしてはやはり失格だと自分自身が思われたに違いない。

 

この時、あらためてキャスターって大変だなと思ったのだ。

ちなみに榎並さんは今年2月に奥様との間にお子様が生まれている。

そりゃ泣くわ!

 

私だったらもっと見苦しく大声あげて泣きじゃくってると思う。

『みなしごハッチ』を見て毎週泣いてたくらいだから、徳光さんに負けないくらい涙腺は弱い。

 

ただ、悲惨で悲しいニュースに涙が出るのはいいと思うが、場違いなところで大笑いするキャスターはどうかと思う。

先程の『イット』の前に、安藤優子さんがメインキャスターだったニュース番組『グッデイ』という番組が放送されていた。

 

ある日、台風の現場の状況を屋外でふらつきながら報道していたキャスターを見て、あろうことか安藤キャスターは大笑いしたのだ。

この場面もちょうど私は見ていたが、実に不快極まりなかったのを覚えている。

 

ここで大笑いってありえない。

しかし笑ってしまったもんだから、後から安藤キャスターは大変なバッシングを受けていた。

 

やっぱりキャスターとは大変な仕事だ。

笑いも涙もそうそうこらえられるものではないから。

 

それにしても今日のニュースもバラエティ感が半端ない。

北朝鮮がまたミサイルを発射したというニュースがあるかと思えば、一時高騰していたレタスの価格が3割も安くなったというニュースが続く。

 

さらに人気YouTuberを抱えるUUUMという事務所の鎌田社長が、クラブの元ママさんと同棲不倫しているというニュースもある。

さらにさらに下世話なニュースが続いて、「次期農水大臣」の声もあった当選5回の小里(おざと)泰弘前農水副大臣(61)が、あろうことか一晩10万円で女子大生と愛人契約を結んでいたことが発覚!

61歳でたいへんお元気な方だ。

 

しかしその女子大生は、小里議員に対して手切金300万円をゆすり取ろうとしたそうだ。

 

これでも十分なびっくりニュースなのだが、これくらいではニュースをまだまだバラエティとは呼べないのだ。

愛人だった女子大生が小里議員からゆすり取ろうとした金額は300万円!

小里議員はなんとその手切金を値切ったのである。

 

私には手切金の相場感も全くわからないが、値切った挙句に女子大生の愛人に支払った手切金の額は180万円!

ここまで日本中にバレてしまうなんて・・・

もう一度は社会的に罰を受けたようなものだ。

しかし小里議員の社会的な制裁はこれから始まる。

 

きっとこれから小里議員の奥様へどこかのキャスターがインタビューに行くんだろうけど、それもまた嫌な役目だな。

 

しかし一晩10万円か・・・

それなら私も一晩くらい小里議員に●※▲←コラ!!

 

最後はやはり眞子さまと小室圭さんのニュースだ。

小室さんは無事に眞子さまのご両親である秋篠宮家に挨拶に行かれたそうだ。

ポニーテールはバッサリ切って・・・

 

さて秋篠宮様はどんなお気持ちだったのだろうか。

私も一人娘を嫁に出したことがあるがその時の気持ちを思い出してみた。

 

もし娘が連れてきた相手が気に入らないとしたら、なんだかんだと理由をつけて反対したかもしれない。

しかし親はそれができない理由がある。

その理由とは娘の顔を見ればわかる。

 

娘がいかにその男に惚れているかが・・・

 

そんな表情をしている娘を前にして、結婚に反対できる親はいない。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は小豆バタートースト、ブロッコリーのスープ、コーヒー。

 

 

小豆バターも軽井沢で買ってきたものだが、あんこをトーストに塗って食べたのは初めて。

甘いけどうまいね!

 

 

ランチはあったかいわかめそばと野沢菜おにぎり。

火曜日の夜の『オモウマい店』で超大盛りそばのお店が出ていて、それを見たら無性にそばが食べたくなった。

あの番組はほんと暴力番組だな。

あれだけそばを見せられると夜中にコンビニに走りたくなる。

 

野沢菜おにぎりうまい!

すりごまをたっぷり入れるとなんとも風味がいい。

 

 

晩ごはんは鶏胸肉とほうれん草の豆乳クリーム煮。

野菜たっぷり!

 

 

豆乳だけだとちょっとコクが出ないが、これにカッテージチーズを入れるとグンとコクが増す。

カッテージチーズはクリームチーズのカロリーの1/3しかないからヘルシー。

 

 

ニュースは面白いニュースばかりではない。

なんと昨日は熊本県の阿蘇山が噴火したというニュース速報が流れた。

阿蘇山の爆発的噴火は36年ぶりらしい。

 

しかし今、日本国民が一番待っているのは、なんと言っても10/26に行われる眞子さまと小室圭さんの結婚会見だろう。

お二人の結婚という晴れの日の会見だから、キャスターの方にはもうお金がどうのこうのとか質問するのはやめるようにお願いしたい。

 

もしそれに答えるとするなら小室さんが一人で会見するべきだろう。

 

日本の皇族と結婚するのならそれくらい男らしい人であっていただきたい。

 

 

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. […] 昨日の朝食は最後の小豆バタートースト。 […]

タイトルとURLをコピーしました