老後にお金がないと言う人はお金がないのではなく持てない人かもしれない

年金
スポンサーリンク

お金を持つ器量

世の中はいまだコロナとオリンピックの話題ばかりだが、各局、各ニュース番組、各ワイドショー、どこも同じ内容ばかり。

それにしても橋本会長までセクハラやってたとはね〜。

子どもたちはどう思ってるんだろう?

日本中を漂白しようとは思わないが、せめてスポーツの世界くらいは清くあってほしいものだ。

 

女性蔑視で辞任した会長の後任がセクハラ会長って、たいして変わらない気がするがみなさんはいかがだろうか。

女性蔑視発言は人間性の問題だがセクハラは犯罪により近い行為である。

次期会長は女性であれば誰でもいいというわけではないから、個人的にはあまり釈然としない。

 

まあ文句を言えばきりがないが、今週は私は機嫌がいいから少々のことでは怒らない。

いや、私だけでなく日本中の老人が機嫌がいい!

なぜなら今週の15日は年金の受給日だったからだ。

 

2ヶ月に一度、偶数月の15日が年金受給日と決まっているから、老人はみな偶数月が大好きなのである。

しかし2ヶ月に一度の受給って本当に間が長い。

みなさん会社勤めの方が、『来月から給料は2ヶ月に一回の支給に変わりました!』と言われたらどうだろう。

 

毎月月末にはなんらかの支払いがあるだろうし、いくら計画的にお金を使おうと思っても2ヶ月は長すぎる。

偶数月の2週目あたりは、餓死寸前の老人がギリギリで生存している気がする。

日本の餓死者は偶数月に偏っているという統計がどこかにありそうだ。

次の4月の2週目あたりは、またみんな干からびているだろうな〜。

 

老後にお金で苦しむ老人がいることは、とても辛い話で黙って見過ごすことはできない。

人生の終焉を迎えて貧困に苦しみながら死ぬなんて哀れすぎるではないか。

そう考えると、いかに年金という制度がありがたいかがよくわかる。

実は私の友人の話だが、少ない年金だけで慎ましく生活している古い友人だ。

仮に名前をファーストサマーウイカと呼ぶ。

そのファーストサマーウイカが先日、私にいつもお世話になっているからと言って、高価なプレミアム焼酎をプレゼントしてくれた。

 

まあその時は焼酎好きな私だから、ただありがとうとお礼を言って素直に焼酎をいただいたのだが、なんだか知らないがまたまた高価な焼酎をくれると言うではないか。

さすがに私もそんなに何度もいただく理由はないと断ったが、よくよく話を聞いて見るとファーストサマーウイカが言うにはちょっと多額の臨時収入がはいったということだった。

長い間かけていた保険が満期となり、忘れた頃にお金が振り込まれていたのだそうだ。

 

それでやたらと私にプレゼントをしようとしてたらしい。

しかしファーストサマーウイカはいつもお金がないと言っては私のところへやってきていたやつだ。

仕方ないからビールをおごったり、おかずをタッパに入れて持たせたりしていたのだ。

 

先程言ったように偶数月の2週目あたりになると、ファーストサマーウイカは本当に餓死しそうな勢いでうちにやってきていた。

それほど2ヶ月は長いのだ。

 

それが急に懐具合がよくなったもので、ずいぶん散財している様子なのである。

また私へのプレゼントも、いつかまたお金がなくなることを予想して、偶数月の保険のためのプレゼントだと想像している。

それくらい急に金回りがよくなっていた。

 

何かその様子を見ていて思ったのは、ファーストサマーウイカはお金がなかったのではなく、お金を持つ器量がないのだと思った。

以前のブログにも書いたが、アメリカで宝くじに高額当選した人を追跡した調査では、ほとんどの人が当選金を使い果たして元の生活に戻っているか、何かしらの犯罪に巻き込まれている人が多かった。

老後にお金がないと嘆く人の気持ちもわかるが、人間は自分の器量以上のお金は結局は身につかないように思う。

 

その器量とは後から変わっていくものなのかどうか私にはわからないが、普通の人が世界のミリオネアのような大金を持ったところで、それだけで幸福にはなれる人はいない気がする。

自分も含めてだが、自分の器量に見合った収入で身の丈の生活をすることが一番幸せなのだろう。

 

なかなか死なない世の中になった今、何歳まで生きるか予想できる人はいない。

であれば、生きているあいだは必ずもらえる年金という制度に感謝しつつ、いただける金額の範囲で生活をすることだ。

 

偶数月の2週目さえ乗り切れれば、なんとか生きては行けるはずだから・・・

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食は、カチョ・カバロトーストの温玉のせと野菜スープ。

カチョ・カバロ絶品!!

フライパンで焼いてトロトロになったカチョ・カバロをトーストにのせるだけという簡単料理だが、これが目眩がするほどうまい!

 

ランチはメスティン弁当。

焼き鮭、卵焼き、ベーコン、炙り明太子、ブロッコリー、アーリーレッド、味噌漬け、大葉、海苔にごはん。

この狭い空間に、意外にいろんなものが詰め込まれているのだ。

 

 

夜はビールを飲みながら珍しいものを作った。

 

 

お一人様用チーズフォンデュ。

黒いポットの下には固形燃料が入るようになっていて、一人でチーズフォンデュが楽しめる。

貰い物だが、1回使えばもういい感じ。

 

 

手羽先の塩焼き。

シンプルに塩コショーだけで焼いたが、これがまたうまい!

 

 

ソロキャンプっぽいスタイリングだが、いつもの2DKの部屋の中である。

ひとりでバカバカしくも料理を作って楽しむ!

美味しいね〜!と話しかける相手もいないが、ソロキャンパーのヒロシもいつもブツブツと独り言しか言ってない。

ソロキャンプなんてそんなものだろう。

 

ファーストサマーウイカくんからはしばらく連絡がない。

お金がまだまだある証拠だ。

あいつはひょっとすると、人生は東京オリンピックくらいまでと勘違いしてるのではないだろうか。

まだまだこれからが長いときっと気づいてない。

 

ファーストサマーウイカからもらった焼酎を、本人がそろそろ飲ませてくれと言ってくるに違いない。

4月の2週目あたりに・・・

 

コメント

  1. ぺこりーのさん

    今日のおひとりさまごはん、おいしそうですね。
    お一人様用チーズフォンデュは初めてみました。

    僕はコロナに関係なく基本宅飲みが多いのですが、
    リビングと一続きのデッキや庭で、タイ式のミニ七輪を使って晩酌を楽しむ時があります。
    家族と一緒に食事をするのはもちろん楽しいのですが、
    やはり一人でしっぽりと晩酌を楽しむのも一興です。

    さて、今日のテーマになっているお金の話、

    ”お金がないのではなく、持てない”

    これって確かにあるかもしれませんね。
    宝くじの高額当選者が数年後に破産したって話をよく聞きます。
    身の丈以上のお金が入ると我を失ってしまい、お金に振り回されてしまう。
    お金がなくなっても元の生活に戻れれば良いですが、
    一度高くなった生活水準を下げることが難しくなり破産してしまう。

    ん、まてよ、だから僕は宝くじ当たんないのか?

    間違って高額当選なんてした日には欲望まみれの道へまっしぐら、
    最後は奈落の底へ落ちると・・・

    なるほどな〜
    神様は僕って人間をよくご存知ってことなのかもしれませんね😁

    • Yoshiさん

      コメントありがとうございます!

      私も不相応なお金を持ってしまうとダメになるタイプだと思うんです。
      本当にそうか試してみたいので、一度だけ神様も宝くじ当ててくれたらいいのにと思います。

      お金持ちの人ってお金の使い方をよくわきまえているんでしょうね。
      見習いたいものです。

      七輪でタイの焼き鳥焼いたら美味しそうですね!
      ガイヤーン食べたいです〜。

  2. 初めまして。

    少ない年金額で2ヶ月持たすには本当に長いです。

    シングルの私は2か月分の年金額が他の人の1か月分でもおかしくない額なのですか

    ら。それでも生きてますよ((´∀`))(でも年金の有難味を本当に感じています)

    生きてる限り振り込まれる年金って凄いといつも思ってます。

    お金っていくらあっても満足しないと思うのは高所得者でもお金に関する悪事を

    働く人がいるのを見ると欲はキリがないということですね。

    感謝の気持ちをもつと大事に使うものですよね。

    足し算、引き算が出来るんだったら計算して使うのが当たり前のことですよね。

    今月出た年金は早速1か月分だけ引き出してきました。エライ!!私。

    • 順子さん

      初コメントありがとうございます!
      本名ですか??
      公開しちゃって大丈夫ですか?

      年金生活なんですね。
      本当にありがたいと思います。
      歳を取ると、もうそんなにお金使うことないですよね?
      そこそこあれば生きていけます!

      それにしても2ヶ月は長過ぎですよ。
      誰か老人党でも立ち上げて改革してくれないかなと思います。
      昔、そういう映画があったんですが・・・

      また遊びに来てくださいね〜。
      お待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました