秋の食べ物といえばなんだろう・・・もう私の秋は永遠にやって来ない

秋の食材嫁のこと
スポンサーリンク

秋の食べ物といえば秋刀魚一択!

 

ついこの前まで夏だと思っていたら、なんか急に秋になってしまった。

こんなに急に季節って変わるものだったっけ?

 

私の65回目の夏も、夏らしいことは何もせずひたすらパソコンで動画を編集していた。

そして動画の編集がちょっと上手くなった頃には、もう夏は過ぎようとしていた。

 

まあ若い頃のように夏だからとはしゃぐ気持ちにもなれない。

日本中が夏にはしゃいでる姿をテレビで見ていれば、もうそれで十分夏らしい気持ちになる。

 

これが歳をとるということなんだろうな。

季節が変わるくらいで気持ちは高揚しない。

 

どんな季節であろうと自分の好きなことだけやって1日が終わればいい。

そして私のモチベーションをグイっとあげてくれるのが、今は動画の編集なのだ。

 

そうやって季節に無関心でいたら、いつの間にか夏は過ぎて秋になってしまっていた。

しばらく秋晴れの天気が続いたかと思うと、今度は梅雨の時期のような雨が続き急に気温も下がる。

 

秋って毎年こんな季節だったっけかな?

あんまり季節に無関心でいるとまたいつの間にか秋も過ぎてしまうだろう。

 

なので、ちょっとばかり今までの秋の季節を思い返してみる。

秋になると何をやってた?

 

秋といえばやっぱ食べ物だろう。

スーパーに並ぶ秋の食材はどれも季節を感じるものばかりだ。

 

果物売り場を占領していたスイカがいつの間にか消え、柿やぶどうが棚を埋め尽くす。

他にも栗や梨!

 

秋に旬を迎える果物はどれも美味しそうだ。

そして秋の食べ物といえばその代表は松茸だろう。

 

青果コーナーの一番目立つところに、たかがキノコの分際で桐の箱のような立派な箱に入れてある。

地べたに生えてるものをあんなに厚遇する必要があるのだろうかと思う。

 

秋の食べ物といえば松茸以外のキノコ類も秋が旬だろうに、他のキノコたちは発泡スチロールのトレーだ。

椎茸なんかはトレーにも入れてもらえず、ダンボールにそのままバラ売りされている。

 

形も松茸に似てるというのに・・・

椎茸も木の箱で並べられたかっただろう。

 

他にも秋の食べ物といえば、かぼちゃやさつまいも、れんこん、なすなどが旬だそうだ。

実は玉ねぎやにんじん、じゃがいも、カブやゴボウも秋が旬らしい。

 

なんだ。

葉物以外の野菜はみんな秋が旬なのか。

 

そして私が最も愛する秋の食べ物といえば秋刀魚だ。

秋刀魚がないと秋は始まらない。

 

毎年、嫁が焼いてくれた秋刀魚を肴に焼酎を飲む。

これこそが私の秋の楽しみだったように思う。

 

今、振り返ってみても、秋といえば秋刀魚を食べて酒を飲んでいることしか思い浮かばないのだ。

それほど私の脳は、秋という季節と秋刀魚の記憶が強く結びついている。

 

ちょっと焼けすぎか?くらいに焦げた秋刀魚。

これくらいがちょうどいい!

 

そこに嫁は必ず大根おろしとかぼすを添えてくれていた。

かぼすをギュッと絞り、醤油をタラタラと2〜3滴垂らして身を食べる。

 

酸っぱくて苦くてしょっぱくて・・・

それが秋の秋刀魚の味だった。

 

だから私の秋は秋刀魚なのである。

 

スポンサーリンク

秋の食べ物に興味なし

 

実は私は、秋刀魚以外の秋の食べ物に全く興味がない。

思い返してみてそう確信した。

 

もちろん梨もブドウも全く食べないわけじゃないが、それでも一度も食べずに秋を過ごすことは何度もあった。

今年は梨とぶどうは買いはしたが、それは嫁の月命日にお供えするためだ。

 

じゃなければ買ってない。

果物だけじゃない。

 

秋の食べ物の代表選手『松茸』なんぞは、もらってもきっと食べないと思う。

くれるなら松茸よりも永谷園の松茸のお吸い物の方が嬉しい。

 

テレビとかで芸能人が、松茸のグルメレポートをして大げさに『うまいうまい!』と騒いでいるのが全く意味がわからない。

松茸ってそんなにうまい?

 

私は田舎の実家の裏山で、松茸はいやほど採れていたので何度か食べたことがあるが、焼いて食べてもちっともうまいとは思わなかった。

まあそれが椎茸と同じくらいの値段で、1本が100円とかだったら食べてみてもいいかなと思うが、1本が5000円とか1万円とかのお金をだして食べる気にはサラサラなれない。

 

地べたに生えてるものに1万円ってありえないだろう。

松茸のお吸い物は好きなんだけどな・・・

 

そう考えてみると私にとっての秋の食べ物といえば、もう秋刀魚以外にはないのである。

こんなに秋に旬を迎える作物がたくさんあるというのに、私の秋は秋刀魚オンリーなのだ。

 

だってじゃがいもやカボチャが旬と言われても、夏に食べるものと味の違いがわからない。

年中あるからな。

 

そして私に秋を知らせてくれる唯一無二の食べ物であるその秋刀魚だが、残念ながらこの3年ほどは悲しいほど痩せこけた秋刀魚しかお目にかかってない。

1シーズンで何匹も食べていた秋刀魚だが、今年はようやく1匹買って食べただけだ。

 

それも小さくて貧相な秋刀魚だった。

もうあの脂が乗り切った、プリプリの秋刀魚にはお目にかかれないのだろうか。。。

 

丸々と肥えた秋刀魚はもういなくなった。

 

そんな秋刀魚を上手に焼いてくれた嫁も死んだ。

 

なんだか私にはもう永遠に秋は来ない気がする。

 

 

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
嫁のこと料理
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. 齋藤信子 より:

    11月に68才になるおばさんです。犬と2人生活。8月まで現役で働いていましたが、退職して年金のみの生活になりました。ペコリーノさんの年金のお話はとってもためになり助かります。ただ想像していなかった事態が起こりました。企業の保険から国民健康保険に変更しましたが、保険料がなんと月額8万1千円なんです。前年の収入から額が決まるようですが、今後月額20万円程度しかない年金額から8万円。老後の資金って生活費よりも税金の納付資金がたっぷり必要なんじゃないのかしらん。ショックです。自分のことばかりでごめんなさい。

嫁より長生きしてしまいましてをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む