たった一人の男の狂気的な犯行からなぜ守れない?安倍元総理安らかに・・・

時事ネタ
スポンサーリンク

衝撃

 

日本で、いや世界にとってとても悲しい事件が起きた。

安倍元総理が選挙演説中に銃撃されたというニュース。

 

しかもそのまま帰らぬ人となってしまわれた。

なんて無惨な・・・

 

安倍元総理が現役の総理大臣の頃は、私もいろいろとブログに書かせていただいた。

過去の総理大臣の中でも、最も日本人にとって記憶に残る総理大臣ではなかっただろうか。

 

いろんな疑惑もあったが、安倍元総理が残した功績は大きいと思う。

良くも悪くもよく働いた政治家だった。

 

それにしても銃社会でもないこの法治国家日本で、白昼堂々素人の手作り銃で射殺されるってありえないと思うのだが・・・

要人のすぐそばで犯人が撮影されていて、しかも凶器を持ってすぐ近くまで歩いて近づいている。

そんな警備ってあるのか?

 

今更言っても仕方ないことだが、どう見てもあれじゃSPは警備してないのと同じだ。

SPは事件を未然に防いでこそ任務を果たしたと言えるのではないか?

要人が射殺されたあとの犯人確保は二の次だろう。

 

日本は安全な国だとよく言われるが、それは裏返せば最も無防備な国のような気がする。

たった一人の男の狂気的な犯行すら止めることができない。

それもあんな稚拙な銃での犯罪をだ。

 

たった一人の狂った男が日本の偉大な政治家の命を奪う。

しかし日本はそれを止めることすらできなかった。

 

世界も同じだ。

プーチンという一人の狂った男の蛮行を止めることができない。

しかもプーチンは既に何万人もの人の命を奪っている。

 

どちらもたった一人の男が犯した犯罪だ。

悲しいがこれが現実なのか。

 

安倍元総理は政治家として大成功された方だと思う。

そんな方の最後がまさかこんな悲劇で終わるとは・・・

 

ただただご冥福を祈るばかりである。

 

 

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
時事ネタ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. Yoshi より:

    ぺこりーのさん、ご無沙汰しております。
    久々のコメント記入ですが、本当に悲しいニュースです。

    タイでも安倍元総理が亡くなられたニュースが各メディアで取り上げられていました。
    タイにとっても印象深い日本の政治家で、”シンゾー”の名前は多くの方が知っています。
    タイ人の多くの方は、日本はとても安全な法治国家であるという認識が一般的です。
    その日本で、日中観衆の目の前でこのような蛮行が行われたことに驚きを禁じ得ないでいます。
    昨今のニュースを見ていると、”日本は安全な法治国家である”
    とは言えなくなりつつある様な印象を受けます。
    むろん世界から見れば、日本はまだまだ安全な国です。
    しかし、今の時代何が起こるかわかりません。
    日本人も、個々人がもう少し危機意識を持つべき時を迎えつつあるのかも知れませんね。

    安倍元総理、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

  2. jun より:

    SPは安倍元首相に背を向けて警備に努めるべきであり、
    一発目の銃声が響いた直後は安倍氏に覆いかぶさって守るべき!
    後ろに立っていた人達も自分の頭抑えて振り返ってたもんね!

    更に安倍氏が倒れてから明らかに民間人と思われる人達が近くまで行き覗き込めるって何?

    更に夕方の医師会見では記者の質問がしどろもどろ。
    何を聞いたら良いか分かって無い!
    記者の質の低下も露呈してしまった!

  3. うらら より:

    衝撃的な昨日が終わってもなお悲しい気持ちを引きずっています。
    なんの心の準備もないまま、
    大切な人の死を受け入れなければならないご家族の気持ちを思うと
    いたたまれません。
    昭恵夫人といつも手を繋ぎながら飛行機のタラップを降りて来た
    安倍さんの姿、、
    まだまだこれからの人生だったのに、どんなに無念だった事か、、

    このどうしょうもない気持ちを共有したくて
    コメントさせていただきました。

  4. 財務省の自殺された職員の奥様と同様に
    昭恵夫人も未亡人になられてしまいましたね。

    一発目の銃声の後、元総理も驚いて振り返って
    ありましたよね。警備の方はその時覆い被さるなり
    するべきだったと私も思いました。

    私がBSのニュースで見た時は、元総理が倒れられた後
    『医療関係者の方はおられませんかー?!』と拡声器で

    叫ぶ声がして、看護師さんのような女性の方が一心不乱で
    心臓マッサージをされてる後ろ姿が映りましたが、、、

    その後のニュースでは、心臓から出血しておられたご様子で
    心配になりました。。。

  5. ミツル より:

    昨日から、気持ちが、ざわざわざわざわしています。

    あまりにむごく、あまりに痛ましい。

    明日からまた、ゆいまるくんとぺこりーのさんの穏やかな変わらぬ日常を綴って頂けたら、気持ちを切り替えられそうです。

    よろしくお願いします。

  6. オレンジ より:

    ぺこりーのさま、こんばんは

    古墳と鹿がトレードマークの地味県わが県で衝撃的な事件が起きてしまいました。
    安倍元首相の訃報に触れ、残念で残念でなりません。

    ひとつの命の重み、また生きている意味を改めて考え直しました。
    私の生きている現在の時代は何を目指してどこへ向かっているのでしょうーーー

  7. タカコ より:

    安倍元総理の訃報、本当に衝撃的でした。
    ニュース画像で見ると、2発目の銃撃は避けられたはず。
    安全神話の日本で、SPも機能を果たしていなかったと思います。
    ドクターヘリで病院に搬送されたのが、50分後というのも。
    わたしの地元なら駅前から大学病院まで救急車で10分ほどです。
    救えたはずの命だったのかなと。
    本当に残念です。

タイトルとURLをコピーしました