デジタル給与になれば銀行も財布も金庫もいらない。必要なものはパスワードだけ?

料理
スポンサーリンク

紙よりまし!

 

労働政策審議会の分科会では、デジタル給与について審議されているそうだ。

 

ハァ〜?

と思った方もいるだろうが、すでに厚労省はデジタル給与の制度案の骨子を分科会に提案したとのことだからまんざら夢物語ではないらしい。

 

みなさんはどうだろうか。

給与が銀行から振り込まれるのではなく、あなたのスマホに直接働いている会社からチャリ〜ンと支払われることについて。

 

デジタル給与とはデジタル通貨で支払われる給与だから銀行を介することがない。

これってもしかすると銀行はいずれ不要になるってこと?

 

となると、当然硬貨や紙幣を入れておく財布もいらないわけで、どでかい金庫なんて世界で一番無用の長物となる。

 

しかしデジタル通貨って・・・

なんかちょっと不安もある。

 

その不安とはおそらく今の仮想通貨、いわゆる暗号資産と呼ばれる通貨のように、通貨の価値が乱高下したりハッキングにあったりと、とてもリスクが高そうに感じるからじゃないだろうか。

ここで勘違いしてはいけないのが、デジタル通貨とはもちろんその仮想通貨もデジタル通貨の仲間であり電子マネーなどもそうだ。

 

しかし仮想通貨はどこの国の中央銀行も価値を保証していないのに対して、国の中央銀行が発行するデジタル通貨は国が保証しているという大きな違いがある。

だからハッキングやシステムトラブルなどの資産リスクは、国が対処してくれることになる。

 

まあそれでも、もし本当にデジタル給与が当たり前の社会になれば、現状では予想もできないことが起きるのは間違いない。

ただ、私が思うに通貨がただの紙でできているよりもまだデジタルの方がマシかな。

 

東急リバブルのテレビCMでぐっさんが『一円玉を作るのに三円かかるって知ってる?』と言っているが、三円かけて一円玉を作る必要もなくなる。

 

硬貨はまだ金属だから紙よりも価値がありそうだが、逆に硬貨で最も高額なのは500円玉だ。

一方の紙はその20倍の価値の1万円札まである。

 

燃やせば燃える紙。

濡らせば破ける紙。

トイレでケ◯拭いたりする紙だ。

 

それで通貨が作られているというのがどうも不思議でならない。

ならまだデジタル通貨の方が信用できる。

 

そもそもお金を所有しているということ自体が既に数字化されている。

全ての現金をタンスにしまっている方は別として、銀行に預けた途端自分が入金した紙幣も他人の紙幣も混ぜご飯のようになってしまう。

 

そして自分が持っている現金を確認する方法は、通帳もしくは銀行のアプリの中の数字だけ。

既にデジタルと変わらないじゃないか。

 

私もほとんど現金は持ち歩かない主義なので、支払いは電子マネーとクレジットカードしか使わない。

クライアントからの振込もスマホのアプリで確認するだけ。

それが電子決済を通じて日々の買い物で消費される。

 

デジタルの方が手間がなくていい!

 

現金主義の泥棒もこれからはハッキングの技術を覚えないと泥棒として務まらない。

要するに賢くないと泥棒にもなれないのだ。

 

強盗してもその家には現金はない。

バッグをひったくっても現金はなし。

 

被害はせいぜい電子マネーにチャージされている額面だけになるだろう。

 

何千万の貯金を持っていたってそれを目にすることなんかないんだから、額面さえ正しければそれでいいという社会で既に生きている。

 

だったら私はデジタル給与に賛成だ。

 

ただ一つ心配なのは・・・

 

年寄りはパスワードが覚えられないこと。

デジタル通貨の管理にはパスワードが必須だろうから問題はそこだな。

 

超高齢化社会でデジタル通貨一本になったとしたら、年寄りたちはパスワードで右往左往するだろう。

おそらく年金もデジタル年金だろうから。

 

それもまた面白そうではあるが。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はハムエッグ

 

 

洗い物もお皿一枚だけのワンプレートごはん。

 

 

ランチは珍しくラーメンではない。

気温が上がったので冷たい蕎麦を食べてみようと思った。

今年初の冷たいお蕎麦。

 

 

野菜と薬味をたっぷりのせて食べるのがうまい!

これから暑くなると冷たい蕎麦が活躍するな。

 

 

晩ごはんは豚肉の切り落としの焼き肉。

 

 

厚揚げの煮物。

最近、豚肉の切り落としを買うことにしている。

豚バラ大好きなブタバラーを公言しているが、お安い切り落とし肉もうまいことに気がついた。

いろんな部位の肉が混ざっていて面白い味になる。

味付けはイオンのこれまたやっすい焼き肉のタレに、ちょっとだけパルスイートを入れるだけ。

 

 

昨日は東京の桜が満開ということで、近所の公園に一人花見をしてきた。

ゆいまるくんのお散歩の途中にもたくさんの桜の花が咲いているので、1時間散歩してても飽きることがない。

 

 

 

桜は咲くときも一気に花を開くが、散り際も潔くて見事だ。

花が開いている時間は短いが、それでも精一杯咲き誇る桜に日本人は何か人の人生を重ね合わせてみているのではないだろうか。

 

 

花が咲くときも美しく

 

そして花びらを散らす姿も美しく

 

人もそうやって一生を終えられたらなんて素晴らしいことだろうか。

 

 

※昨日もコメントありがとうございました!

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました