デジタル社会は老後を変える | 『アレクサ』入れ歯とって!

その他
スポンサーリンク

そこまで来ていたデジタル化!

テレビCMやニュースなどでよく目にするスマート家電と呼ばれる電化製品の数々・・・

その中でも、話しかけるだけで自分の代わりにテレビのスイッチを入れたりエアコンをつけたりしてくれるのがAmazonの『Alexa』やGoogleの『Google アシスタント』。

私もデジタルには強い方だと思うので、何ができるのかはだいたい知ってはいたが、本当に『アレクサ テレビつけて』と言ったりしているやつがいるのかな?と思っていた。

 

Androidのスマホに向かって『OK Google』と言っているやつも見たことないし、ましてや家のテレビをつけるのにわざわざアレクサにお願いしているやつなどいないと思っていた。

リモコンのスイッチをポチッとするだけの操作でテレビはつくではないか。

 

ところが!

 

なんと『アレクサ テレビつけて!』と言っているやつを目の前で見た!

 

うちの娘だ。。。

 

先日娘の家の庭でBBQをしたときに、キッチンで子供を抱いたままBBQの準備をしていた娘が、小さなスピーカーに向かって『アレクサ テレビつけて』と言っている。

要するに娘は子供を抱いたままなので、両手がふさがっている状態。

その状態で動かせるのは口だけ。

それでアレクサに指示をしていたのだ。

 

そっか〜!

私のように暇を持て余している老人は、テレビのリモコンのスイッチを入れることなど苦にならないが、忙しい人にとってはこの上なく便利なものかもしれない。

 

アレクサはエアコンのスイッチもつけてくれるし、照明だって自由にオンオフできる。

音楽も好きな音楽を選曲してくれるし、オンラインショップで買い物までこなしてくれるのだ。

 

アレクサのスキルはどんどん増やすことができるらしい。

どんなことまでできるようになるのかは私にはわからないが、これは高齢者が使いこなしてこそもっとも役に立つAIだと思う。

 

手足が不自由になったり歩くのもやっとという状態になってくると、『アレクサ』と話しかけるだけで文句も言わずにやってくれるのはたいへんありがたい。

気を使って介護士に頼むよりよほどいい!

ましてやあなたの旦那に『お願い。照明消して』などと頼んだら、下手に勘違いされてたいへんな目にあうのがオチだ。

 

今はまだ家電のスイッチのオンオフやパソコンでできる機能の範囲だと思うが、そのうち家庭用のロボットなどが開発されるとアレクサとロボットが連動して、買い物やゴミ出し、掃除や洗濯、料理など家事全般がひとつのAIでできるようになるかもしれない。

 

おそらくそんな未来はもう目の前まで来ているのかも!

 

嫁はこんなデジタルな世の中になったことも知らずに死んだ。

私が死んで嫁に会ったら、そんな世の中になったことを話してあげよう。

 

その前にアレクサにひとつお願いしてみるか!

 

 

 

『アレクサ! 嫁を生き返らせて』

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食はフレンチトースト。

実は昨日が初めての登場だ。

なぜ今まで登場しなかったのだろう?

 

おそらく名前からしてフランス人が考えた料理なんだろうが、こんなに簡単でパンがちょっとだけ高級な料理に変身するのはすごい。

う〜ん、パリの朝を思い出す・・・

行ったことはないが。

 

ランチはハムライス。

ハム入りチャーハンにハム卵をトッピングするだけ。

 

 

チャーハンにはホワイトマッシュルームとグリンピースがはいっている。

米1合分くらい食べた!

 

 

夜はいただきものの琥珀エビス。

 

 

カレイの唐揚げ、キャベツのスパイシーピクルス、サラダ、鯖の棒寿司。

カレイの唐揚げはスーパーのお惣菜で199円だった。

揚げ物は家では作らないので、食べたくなるといつもお惣菜コーナーのお世話になる。

最近の電子レンジは、揚げ物をパリパリにして温めてくれる機能がついているから、本当に揚げたてのようになる。

カレイは平たすぎてあまり身はついてないが、ビールのおつまみには十分だ。

 

デジタルは世の中を便利にしてくれる。

デジタル技術は人間の寿命も伸ばしてくれているはずだ。

なぜなら医療現場で使われているデジタル技術は、数え切れないほどだと思われるから。

 

高齢者ほどデジタル社会の恩恵を受けることは間違いないので、みなさんもデジタルには疎いからとか言ってないで、できる限り使いこなしていただきたい。

 

世界最高齢でアプリを開発した女性として有名になった若宮正子さんという方がいらっしゃる。

御年85歳で、アプリを開発された年齢はなんと82歳!

たいへん若々しい方で、今でも毎年海外に一人旅に出かけられるとのことだ。

 

この若宮さんがパソコンを使い始めたのは60歳からだそうだ。

決して早い年齢ではない。

そして80代になってアプリの開発ができるようになるって、まさに現代の高齢者の代表のような方だと思った。

 

長い老後を便利に過ごすなら、デジタルを上手に使いこなすことが大事。

小学一年生になった気持ちで勉強を始めてみよう!

 

いつかアレクサがあなたの友達になってくれる。

 

 

昨日は388人の方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

昨日は388人の方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

お気軽に読者登録してくださいね!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
その他 料理 時事ネタ 老後あるある
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメント

  1. おはようございます

    アレクサ、そんなものがあったんですね。初めて知りました。
    科学の進歩は凄いですね!そういうものを開発する人間も凄い。時代の産物ですね。

    私はそんなに忙しくないし、体も動くから使いたいとは思わないけれど、
    確かに、今の時代、女性は仕事と育児の両立が一般的になっているし、寝たきりの病気の人や高齢者にはとても便利なものですね。

    • らんさん

      コメントありがとうございます!
      アレクサご存知なかったですか??
      実際に使ってみるとかなり便利ですよ。

      おそらくですが、将来は使うのが当たり前になっていると思います。
      私の予想では・・・
      まずリモコンがなくなると思うんですよ。
      すべての電化製品が声で動く。

  2. おはようございます、ぺこりーのさん

    私は美術が得意なので、中学生の頃には遊びで建物の平面図を書いていました。

    アナログ少女が設計したのは「機械の家」で、起床時から就寝まで全て機械が
    生活行動をサポートし食事はチューブ食でしたが、大人や友人には笑われました。

    でも近年デジタル技術の進歩は目覚ましく、現在が機械仕掛けの家なんですよ。

    人間だって脳さえ機能すれば映画のロボコップだって夢ではない時代です。

    またトータルリコールのように顔やボディが一瞬に変えられる日が、
    生きている間に来るのでしょうか。

    あっそうか!  
    人口減少の状態だから、脳もリサイクルされ人口増加プロジェクトが始まるんだ。
    そして死の概念さえ無くなるのか……

  3. ももこさん

    コメントありがとうございます!
    中学のころから将来は不動産関係と決まっていたんですね!

    人間の臓器はすでに人工のものが開発されているので、あとは臓器を入れるケースが開発されればロボコップの完成ですね。
    町中にアーノルドシュワルツネッガーがウロウロしている日も間近です!

    • 町中に🤖ターミネーターって想像するだけでも怖いですね。

      不動産業や建築設計は食べていく為の仕事で、その頃の夢はシンデレラのような
      お姫様でした。

      でも、現在は頭が飛んでれだ・心は死しんでれらの猛獣使いになってしまいました。 
      👨🐯💂🐘🦁👨

      • 恥ずかしながら知りませんでした😵
        その辺りの事に関しては疎いものでして・・・
        確かに将来は当たり前になりそうですね。

        • らんさん

          コメントありがとうございます!
          もうすでに当たり前になってきているので、頑張ってお勉強してくださいね〜。

      • ももこさん

        コメントありがとうございます!
        猛獣使えるなら木下大サーカスにはいれます!

タイトルとURLをコピーしました