小室圭氏ユーチューバーデビューの真実!?初の皇族系ユーチューバー

料理
スポンサーリンク

結局、男は金を稼いでナンボ

 

このブログでも何度か小室圭氏・眞子様夫妻のことを書いてきた。

その書きっぷりは、だいたいが批判的あるいはおふざけがすぎるという記事だった。

皇族をいじるのは御法度だろ!

 

しかし真面目な報道はニュースがやってくれている。

だからあくまで私の意見として書かせていただいているのであしからず。

 

小室圭氏のことを書くことはもう2度とないと思っていた。

しかしここにきてどうしても書かずにはいられないことが起きた。

 

そうだ。

ブログのネタがないのだw

 

そっち?

まあそれもある。

 

ただ、なんと小室圭氏が2度目の司法試験にも不合格だったというじゃないか。

これはちょっと書かずにはいられない。

 

ずっと強気の会見、強気の発言。

『国民のせいで病気にもなりましたわ』と言い残してさっさと日本を捨ててアメリカに渡ってしまわれた小室夫妻。

 

残されたのは悪者一味とされた日本国民と、その悪者の税金で皇族を続けておられる秋篠宮一家だけ。

そんなに嫌なら税金で暮らしてもらう必要などないんですけど・・・

 

なんちゅう大人気ない言い方!

秋篠宮様、申し訳ございません。

つい本音が・・・

 

ところがここにきてなんと小室眞子様がお仕事を始められたと言う報道があった。

そりゃそうだろ。

小室圭氏が花のニューヨーク州の弁護士になるのを待っていても、それがいつになることやらわからないのだ。

 

ただ小室眞子様がお仕事をされているのはニューヨークにあるメトロポリタン美術館(MET)だそうだから、眞子様が以前から希望されていたお仕事である。

しかし学芸員になるためには博士号を持っていなければならず、眞子様はその博士号をお持ちじゃないのでアルバイトなんだそうだ。

 

月10万円程度の・・・

 

それじゃ苦しい。

ニューヨークで暮らすためには最低2000万の年収が必要と言われている中で、月に10万円のアルバイトでは日本の年金サバイバーよりも過酷だ。

 

そろそろ小室圭氏も身の振り方を真剣に考えるべきじゃないのか?

皇族と結婚して法学部ではなく教養学部出身の小室圭氏が弁護士試験に一発で受かる?

それも世界一の難関と言われるニューヨーク州の弁護士試験だ。

 

これが簡単にできちゃったらよほどの運の持ち主か天才か何かだったろう。

しかし蓋を開けたら2回も不合格。

普通に考えればそれが当たり前。

おそらく何度受験したところで弁護士試験には合格しないのでは?

 

ところが実は惜しいところで不合格だったと小室圭氏は言っている。

『合格まであと5点足りませんでした』と釈明したそうだ。

 

甘い・・・

その足りない5点でほとんどの人は不合格になっていると思う。

こうやっていくら惜しいアピールしたところで不合格は不合格だ。

ただの言い訳でしかない。

 

それにしても小室圭氏は3度目の受験を考えているのだろうか。

いくらなんでも皇族だった眞子様のヒモ状態になるのだけは男としてやめてほしい。

かっこいいニューヨーク州の弁護士はとっとと諦めて、ちゃんと自活できるようにもっと泥臭く頑張れないものか?

 

もうとっくにカッコ悪いのだから見てくれなんか気にする必要はない。

まずは眞子様との生活を守ることが先決だ。

 

その姿を秋篠宮様をはじめ皇族の方に見せていただきたい。

もちろんその姿を見たら日本国民も応援するはずだ。

 

じゃあ小室圭氏が何をやればいいのか。

私だったらユーチューバーをおすすめする。

 

いろいろあったにしろ、彼が動画にでれば相当な再生数になるはずだからすぐに金になる。

皇族系ユーチューバー?

 

例えば皇族系の会話の仕方をレクチャーする動画とか・・・

小室圭氏は一般人にも関わらず、初めての眞子様との会見ではいつの間に皇族になっちゃったの?と思うくらい皇族会話がお得意である。

 

あとは『メンズポニテの作り方』講座とか。

 

『親の借金をチャラにする方法』とか・・・

 

これ以上書いたら批判コメントが殺到する。

 

しかし冗談抜きで小室さん!

男だったら今は金を稼ぐ時だよ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はおにぎり定食。

 

 

今、写真で見てもうまそうだな。

シャケと明太子と卵焼き。

最強の朝飯ブラザーズ。

 

 

ランチは月見わかめ蕎麦とおにぎり。

実はおにぎりの型を買ったので何個も作って冷凍してあるのだ。

型があると楽だね〜。

 

 

晩ごはんは休肝日だったのでおかず度の高いごはん。

牛スネ肉の煮込み、鶏団子のみぞれ煮、ツナポテトサラダ。

サラダのドレッシングは味噌ドレッシング。

 

 

牛スネ肉は3時間ほど煮込んで作ったが激うまだった。

醤油、オイスターソース、ウェイパー、酒で煮込んである。

ツナポテトサラダと味噌ドレッシングは先日行った『こけけ』さんで食べて美味しかったので自作してみた。

味噌ドレッシングはいい!

 

 

小室圭氏はいつから法律家になりたかったんだろう。

法律家を目指すのなら大学から法学部に行くのが筋と言うもの。

仮に法律家が夢だったとしても、先に結婚してしまっては順番が逆だろう。

 

結婚したらまずは生活を安定させること。

それができて自分の夢だと思う。

 

早くニューヨークで暮らせるだけの収入を稼いで、それから夢に向かっていただきたい。

 

じゃないと日本のプリンセスが可哀想だろう。

 

 

※昨日もコメントありがとうございました!

個別にお返事できなくてごめんなさい。

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. ます子 より:

    毎朝楽しみに読ませて頂いてます。今日もクスッと笑えました。文才ありますよねぇ。読みやすいし、分かりやすい。
    返信いらないでーす。

  2. hiro より:

    ぺこりーのさんこんにちは。
    小室さん真子さんの事は書いて欲しいと、思ってたので、グッドタイミングでした。ユーチュバー‼️‼️
    いいアイデアです!
    確実にたくさん稼げます。
    朝から晩まで、法律事務所の事務員して、家賃しか払えない。生活費は真子さんの貯金取り崩してる現実から脱出するには、これくらい思い切ってやって欲しい。

  3. こしあん より:

    お久しぶりです!
    いくらなんでもバカにしすぎです。
    でも、ほとんどの国民の気持ちを代弁してくれて、ありがとうございます!
    もう、カッコつけてないで、なんでもいいから働けばいいと思いますわ。
    YouTuberはちょっと、顔見たくないんで、やめていただきたいです(ーωー)

  4. Bitter Daisy より:

    初めまして、
    KKネタでは「弁護士事務所の事務員」って言われているのがグッドです。私も今年退職するまで「メーカーの事務員」だったので😁

    KK夫人の就職もいかがなものでしょう。
    有名美術館勤務なんてヒエラルキーの最たるものですから。私の娘はロンドンの美術館勤務です。来館者に直に接する部門でPosh なイギリス人高齢者に悪態つかれて大変らしいです。
    コロナ禍でゲートが外なので雨の日は雨合羽着ての対応😅
    「KK夫人もきっと雨合羽着て来館者を並ばせているんだよ😁」というのが身内でのジョークです。

タイトルとURLをコピーしました