年末年始にひとりももう慣れた〜ひとりのおうち時間はこうやって楽しむ!

年金
スポンサーリンク

今日から12月

 

早いものでもう12月。

ひとりでクリスマスを過ごすのも、年末年始を過ごすのももう慣れた。

 

コロナのおかげでさらに家の中にいる時間が長くなり、家の中での楽しみ方も覚えた。

観葉植物が増え、部屋は頻繁に模様替えされ、洗濯機と電子レンジが新しくなり、料理を盛るお皿も増えた。

女子か!

 

みなおうち時間を楽しむためだ。

 

マスクが作れるようになった。

暇だからブログを始めた。

 

手作りラーメンのインスタの投稿は128杯となり、家で見た映画は数え切れない。

しかし映画館で見た映画はたったの4本だけ。

 

 

コロナ禍の生活は私の日常に大きな影響を与えた1年だった。

コロナがなかったら私はブログを書いていないし、ここまで職人のようにラーメンを作ってない。

料理はしていただろうが、これほど毎日自炊に明け暮れることはなかったと思う。

 

そしてブログを書くことで、嫁と暮らした記憶がまた鮮明に思い出された。

出会った頃の思い出から娘が生まれたこと。

引っ越しばかりしてきたこと。

2匹の犬が家族になったこと。

 

すべての記憶の輪郭が、ブログのおかげでくっきりと鮮明になった。

 

最初は冗談だったが、生前に嫁と二人でよく話したことがある。

どちらが先に死んでも、酒だけは腹いっぱい飲んだな〜と言って死のうと。

 

それだけは嫁に約束をはたせたと思う。

とにかく二人でよく酒を飲んだ。

 

もしかして飲み過ぎで死んだのか!?

いやいや、嫁は心筋炎で亡くなったのだ。

 

年末になると毎年こうやって1年を振り返る。

もう十分に幸せな人生だった。

 

ひとり居酒屋で飲みながらいつもそう思う。

嫁がひとり、かわいい娘がひとり、それに愛人がひとり犬が2匹という慎ましい人生だったが本当に幸せだった。

これ以上何を望むのだ?

 

もうあとは年末ジャンボが当たってくれればそれでいい。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は干し貝柱の炊き込みご飯と具沢山お味噌汁。

しょうがをたっぷり入れた炊き込みご飯は絶品だ!

簡単過ぎて料理とは言えないくらいだが、恐るべし干し貝柱。

 

ランチに初登場!

サラダボウル。

やっぱ野菜を食べるならこれだな。

 

 

ビールを飲みながら冷蔵庫にあるものでおつまみを作る。

ビールを飲むと料理がはかどる。

 

 

ピーマンのきんぴら、麻辣もやし、ホワイトマッシュルームとグリーンピース、冷凍コーンのバター煮。

バター煮うま過ぎ!

 

昨日11月30日は実は『ねんきんの日』だったそうだ。

なぜ11月30日??と思ったら、なんと1130(いいみらい)だからだと。

誰が決めたか?

もちろん厚生労働省だ。

 

年寄りに喧嘩売ってんのか!?

 

我々年寄りが言うならわかるが、お前が言うな!お前が!

少ない年金でみんな必死こいてやりくりしてるのに・・・

 

失礼。

ちょっと興奮した。

 

みらいは役人には期待せず自分で作ろう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました