実は少子高齢化では年金は破綻しない!この説明なら納得する

ゆいまる
スポンサーリンク

最初からそう説明すればいいのに

 

ただでさえ難解でわかりにくい年金なのに、これからさらに進む少子高齢化の波。

おそらく今の若者の大半がこの少子高齢化が原因で、将来は年金が破綻すると思っているのではないだろうか。

 

いや、若者だけじゃなく私だってこのまま少子高齢化が進めば、年金が破綻まではしなくてももらえる年金は雀の涙みたいな時代が来るのではと本気で思っていた。

なぜなら誰も今日のブログのような腑に落ちる説明をしてくれないからだ。

 

年金の間違ったイメージを払拭する役目は政府の役目だろう。

ACはNPOの活動の応援ばかりをPRして、肝心の国民の知りたいことへのPRがない。

高いテレビのCM放映料を払うくらいなら、YouTubeでいいから少子高齢化でも年金が破綻しない理由を説明すればいいのにと思う。

 

政府がやらないんだったら私がやろう。

と言っても私もデイリー新潮の記事を読んで知ったのだ。

その記事を書いたのは大江英樹さんという経済コラムニストの方。

 

そもそも大江さんに言わせると、日本の年金制度に不安を抱いてる人のほとんどの方が年金という制度を誤解しているそうだ。

何をどう誤解しているかというと年金とは貯蓄ではなくて保険だということ。

 

毎月、給与から控除されている社会保険を貯金だという人がいるだろうか。

社会保険というくらいだから保険なのである。

その時点で既に勘違いは始まっている。

 

貯蓄だったら、貯蓄額以上にお金を使ってしまえばなくなってしまうのは当然だ。

しかし年金は保険だから、一部の困っている人のために大勢の人のお金が使われるだけのこと。

 

その困っている人とは誰かというと、障害のある方や働き手を失った遺族。

あるいは高齢となって働けなくなった人たち。

要するに仕事を辞めた高齢者ということだ。

 

ここでわかりやすいように高齢者の年金、老齢年金に絞って説明しよう。

少子高齢化によって高齢者は増える。

しかし少子化によって若者が減る。

 

すると若者一人で何人の高齢者の年金を負担しなければならないのか。

昔は大勢で一人の高齢者の年金を負担していた。

しかし最近は二〜三人で一人の高齢者の年金を負担しなければならないのでは?と考える人が多いのである。

 

こんなイメージだ。

 

年金のイメージ

引用・デイリー新潮

 

ただでさえジジババの面倒なんて見たくないところに、よりによって自分の給料からジジババの生活費が引かれるなんて死んでもやなこった!

みんなそう思うよね〜。

 

しかしお前だってじきにその大っ嫌いなジジババになるんだよ!

 

間違った理解だとこんなふうに角が立つ。

そうじゃないのだ。

 

若者が高齢者の生活費を払っているというイメージが間違いなのである。

正しい理解とはこうだ。

 

『働いていない人を働いている人が支える』

 

これが正しい年金の理解なのである。

じゃあもっと少子高齢化が進んだ20年後も本当に年金は破綻しないのかということだが、この数字を見ていただきたい。

 

これは何の数字かというと・・・

一人の働いている人が、何人の働いていない人を支えているかという数字だ。

 

2020年 0.89人
1990年 0.96人
1970年 1.05人

 

なんと!

徐々に数字は下がっているではないか。

 

さらに少子高齢化が進むと言われている20年後の2040年でも、実は0.96人という計算になっているから今と変わらない。

だから年金は破綻などしないのだ。

 

どうだろう。

ここでみんな大きく頷いたと思う。

 

それでも疑り深いあなたのためにもう一つ腑に落ちる説明をしよう。

そうは言っても少子高齢化で本当にそうなるのか?

本当に自分が高齢者になった時に年金は今と変わらずもらえるのか?

 

そう思っているあなた!

先ほども言ったように社会保険とは働いている方が払う保険である。

実は今の世の中、働いている人は増えているということを知っているか?

 

昔は会社の定年は55歳だった。

ところが最近は60歳は当たり前。

65歳まで再雇用や定年延長を実施している企業は多い。

 

さらに女性の社会進出により働く人の数は増え、したがって社会保険料を払っている人の数も増えているとのこと。

日本人の寿命は世界一までに伸びた。

それに伴って働く人もまた増えているのである。

 

年金の定義は、働いていない人を働いている人が支えるということである。

 

それさえ理解できれば、将来の年金に絶望したり不安に思うことはないということだ。

 

政府よりためになるブログだな。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はひじきごはん、キムチ納豆、フライドチキン、味噌汁。

 

 

朝食にフライドチキンってどうよ。

しかし残っているからしょうがない。

 

 

ランチは味のマルタイ長浜ラーメン

焼豚は前日仕込んでおいた豚バラ焼豚。

 

 

 

味のマルタイのアンバサダーかってくらいマルタイラーメンを食べている。

お中元くらい送ってくれてもいいと思うが・・・

 

 

晩ごはんは休肝日なのでこんな感じ。

きゅうりとツナのゴママヨ、豚肉としめじのポン酢炒め、天草名物ばくだん、パプリカのマリネ、サラダ。

 

パプリカのマリネうまいね〜!

 

昨日は雨の中ゆいまるくんのシャンプーカットの日だった。

いつものサマーカットのゆいまるくんを見てほしい。

 

 

今日は珍しくカメラ目線だ。

 

ゆいまるくんも私の年金で生きている。

年金受給者はわずかな年金でペットも養っているのだ。

年金は受給者だけでなくその周辺にいる小さな動物たちの命も支えている。

 

若い人たちはいたずらに年金を不安視せずに、年金について正しい知識を持ってもらいたい。

そして自分達の未来につながる年金制度として継続したいただければと思う。

 

自分の命も小さな動物の命もずっと守られるように・・・

 

 

 

※昨日もコメントありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. じゅん より:

    ぺこりーのさん、本当にためになる情報ありがとうございます!
    年金保険料しかり、税金しかり、不安感にさいなまれる国民のため適正に使ってほしいものです。
    定年が65に延長されしかも70もありか❔とうんざりはしますが、年金制度が破綻しないかもと思えば、少しは気持ちが楽になりました。
    ペコリーノさんのもとにマルタイさんからのお中元が届きますように(笑)

  2. Yoko_chan より:

    そうでした!
    控除項目は社会保険でした。
    「保険」だと改めて考えると、腑に落ちます。
    いつも貴重な内容をありがとうございます。

    そして年金受給者のペットを扶養控除対象にしてくれるとうれしいですね。
    サマーカットの時期ですね。涼しげでカワイイです。

  3. ミツル より:

    ぺこりーのさん
    こんにちは。

    今日もためになりました!

    少子高齢化、出生率の低下。。
    年金の行く末を案じていましたが、なるほど!です。

    考えてみれば、私も
    僅かな年金もらいながら、毎月社会保険料を払ってます。

    それにしても
    ナニゲに来た年金減額通知には、怨嗟の念がフツフツでした。

    介護保険料の徴収開始の
    お知らせショックの次は、
    減額通知に落ち込む。。

    もしももしも、
    年金増額になったら、
    スタオベ+歓喜のバック転も出来ちゃうかもです。

    ゆいまるくんの
    つぶらな瞳に癒されます💗

タイトルとURLをコピーしました