オミクロンは風邪の一種は本当か!?実は本当だった・・・

クラフトビール
スポンサーリンク

長い歴史の中でのコロナ期

 

相変わらず世界中のニュースがコロナの報道だ。

世界が同時に同じニュースを延々と流し続けるというのは過去にあっただろうか。

1000年後くらいの未来では、地球のこの時期のことを歴史上『コロナ期』と呼ぶようになっているかもしれない。

 

大勢の人類が死にそしてコロナを克服してまた繁栄を続ける。

偉大なる人類が見えないウィルスに勝利したと書かれた地球の歴史だ。

 

そんな地球史の真っ只中に生きている私たちの目下の敵はオミクロン。

しかしこのオミクロンはただの風邪じゃないかという人が大勢いる。

私もなんとなくだがそう思っている。

 

可愛い名前のちょっとだけ強烈な風邪の類。

それがオミクロンなのでは?

 

東京都知事から猛反発が来そうだが、しかしどう見てもオミクロン株は重症化率も死者数も少ない。

未だ結核やSARSなどと同じ第2類という感染症レベルでいいのか?

 

医療関係者の間でもインフルエンザなどと同じ第5類相当に変更すべきという声がある。

さらにはオミクロンはもはや風邪と言っていいのでは?という有識者もいる。

 

風邪?

 

ルル3錠で治るん?

 

まさか〜。

と思うだろう。

しかしあながちオミクロンは風邪説も間違いじゃないと思われる。

 

なぜかというと・・・

 

現在のオミクロンの重症化率や死者数がデルタに比べれば格段に低いということはみんな知っている。

ただ、一部亡くなられた例の話などがあるから、ほらほらまだ怖いよ〜と脅されているだけのような気もする。

 

なぜなら以前にも何度か書いたことがあるが、例年大流行するインフルエンザの場合、1年間の死者数はおおよそ3〜4000人。

もっと具体的な数字で示すと厚生労働省が発表した2019年のインフルエンザによる死亡者数は3,575人だったのだ。

 

一方コロナ感染での死亡者はというと、この2年間では18,000人を超えている。

しかしオミクロン株が主流となった現在はどうかというと、この1ヶ月間の死亡者数は100人に満たない。

 

誤解を恐れずに言うともしかするとインフルエンザよりも死亡率は低いのでは??

手元にデータがないのであまり迂闊なことは言えないが、それでも相当低い数字であることは間違いない。

 

感染が爆発した沖縄では現在も1000人以上が陽性になっているが、重症者はというとたったの5人。

死亡者は0である。

 

そして沖縄のピークは過ぎようとしているそうだ。

政府はあまりに陽性者数にこだわりすぎて、いたずらに経済を傷つけているだけではないか?

 

世界を見ても陽性者数と死亡者数がリンクしていないことは明らかである。

なぜ日本の専門家会議は恐怖ばかり煽るのか。

 

すでに弱毒化されたコロナウィルスは、重症化率もインフルエンザ並みの0.05%以下。

そんなに恐ることはないよと正直に言えばいいのに。

 

さらに付け加えるならば実はインフルエンザとは風邪の一種と言うこと。

ウィルスが違うだけでインフルエンザは風邪なのだよ。

 

ルル3錠では治らないが・・・

 

だから同じウィルスで風邪のような症状があるオミクロン株は、上記のような理由で風邪説は正しい気がするのである。

 

私はワクチンも2回接種したしどちらかというとワクチン肯定派だった。

しかし3回目のブースター接種はどうしようか考えているところだ。

 

なぜなら現在のコロナ陽性者の無症状率は7〜8割。

それでワクチンを打つ必要がある?

 

陽性者がどれほど増えても無症状なら風邪でもないじゃないか。

もはやPCR検査も不要で濃厚接触者の隔離も無意味だと思う。

 

東京都だってついに『濃厚接触者には自分で連絡を』に変わってしまった。

保健所がもうそんなことはやれないのだ。

 

専門家会議でも『若者は検査せずに診断』と突然対策を投げ出した。

専門家会議が日本を混乱に貶めている。

 

一体若者って何歳までなの?

 

私もまだ若者のつもりでいるのだが。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は卵焼きワンプレートごはん。

卵3個で焼いた卵焼きが全部乗っている。

朝からよく食うやつだ。

 

 

ランチはブロッコリーの茎で作ったポタージュラーメン。

アスパラガスやブロッコリーの茎には旨味成分が多いのでいい出汁が出る。

今日から動画はスマホサイズにした。

パソコンではちょっと見ずらいかもだが、ぜひスマホで見てみていただきたい。

 

 

昨日の夜はビアバーへ行ってきた。

またまたうんざりのまん延防止重点措置のおかげで、お店の営業が制限されるので顔を出しておこうと思ったのだ。

 

今日のクラフトビールはLITTLE BEAST BREWINGのHAZY IPA。

あまり濁った色でもないし柑橘系の味もしないので、さほどHAZY感はなかった。

 

ビアバーで缶ビール1本を飲んでいつものまきたやへ。

 

店主に話を聞いたらまた時短営業をすると言っていた。

この店主ももううんざりだと言っていた。

そりゃそうだろうな。

 

ちぢみほうれん草のおひたし。

 

岩牡蠣。

一口で食べるのにちょうどいいサイズ!

 

 

天然の鯛のお刺身。

養殖の鯛ばかり食べていると、この脂ののってないさっぱりした鯛がうまいのか?と思ってしまう。

 

 

あら煮。

 

 

いつも満席のまきたやさんも昨日は客もまばらだった。

お店にとってはまた辛い時期になりそうだ。

 

風邪だってインフルエンザだってコロナだって罹患しないにこしたことはないが、社会生活に影響が出るほど制限する必要はないだろう。

風邪をひかない程度に気をつけていればいいだけのことだと思う。

 

ワクチン接種の4回目が進んでいるイスラエルでは、今オミクロン株が急増し始めたそうだ。

 

ワクチンももう初期の役目は終えたと言っていいのでは?

 

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました