年金繰り上げよりも繰り下げる方が損をするこれだけの理由

年金
スポンサーリンク

繰り上げか繰り下げかの議論はもう終わり

 

2022年4月から年金の繰り下げ受給の上限が70歳から75歳へと引き上げられる。

あと3ヶ月後の話だ。

それにより65歳から年金を受給するよりも、70歳から受給開始すれば42%の受給額の増加だったのに対し75歳から受給すればなんと84%も年金受給額は増える。

 

何とすっごいお得な話に聞こえてこないか?

仮に月額13万円の年金だとしよう。

それが月額24万円にもなるのだ。

 

これをお得と言わずになんと言う!

しかし長年生きてきた私たちは、一見お得に見える話には必ず裏があることをすでに知っている。

 

毎日やってるくせに今から30分だけお得と言う通販のCM。

支払いはポイントが付く電子マネーでと言って集められている個人情報。

老後の不安を煽って投資を進めるファイナンシャルプランナー。

 

年寄りをなめんなよ!

 

そしてとてもお得に聞こえる年金改正についてもバッサリ切ってみよう。

年金は繰り上げか繰り下げか、あるいは普通に65歳から受給するのかと言う問題に決着をつける。

 

まず結論を言っておこう!

75歳からの繰り下げ受給はもっとも損をするということを。

 

ここで私が声を張り上げても誰も信用しないと思うが、実はこのことは年金制度改革関連法案の国会審議で明かされたことなのだ。

それを政府に追求したのが日本共産党の宮本徹議員。

 

簡単にどう言うことかと説明すると・・・

75歳からの繰り下げ受給にすれば額面は増えるがその分税金や社会保険料が大幅に上昇するため、手取りの総額では逆にマイナスになってしまうということ。

 

このことを先ほどの宮本議員が国会で指摘したのだ。

わかりやすく実際の年金額に照らして説明しよう。

 

仮に65歳から月額15万円の年金をもらっていたとする。

この人の税金と社会保険料の月額は5800円。

 

しかし75歳から84%増し増しの年金の月額は27万6000円。

それにかかる税金と社会保険料の月額はなんと3万6000円となり、その負担額は6倍にもなってしまう。

 

結果的にもし87歳の平均寿命まで生きたとして、一生で受け取れる年金の手取りは総額で370万円も減少してしまうという悪夢のような話なのだ。

話はここで終わりではない。

年金繰り下げ受給が損になるという理由は実はまだまだある。

 

それは75歳から適用される後期高齢者医療制度である。

これは健康保険料よりも所得による累進性がさらに高いのだ。

 

だから75歳からの年金繰り下げ受給を行い、年金額が84%も増えると医療保険の所得割がかかってくるため医療保険の負担は7倍までになる。

さらにさらにさらに・・・

 

年金額が上がるということは住民税が非課税でなくなるため、実はこれが一番大きいと思われる。

65歳からの年金を普通にもらっていれば、自治体によっても違うがほとんど住民税は非課税となる。

まあ、その程度の年金額ということだな。

 

ところが75歳から増し増し年金をもらうとなるとそうはいかない。

住民税が非課税の場合、介護保険量が軽減されたり高額医療費が下がったりという恩恵も受けられなくなる。

 

こんなにデメリットだらけの年金繰り下げ受給を、なぜ政府はゴリゴリ進めようとするのか意味がわからない。

なんだか今は共産党を推したい気分になってきた。

 

ただ、現実として繰り下げ受給をしている人がどれくらいの割合いるかというと実は1%台しかいないのである。

いくら政府がゴリ押ししても誰も政府の都合のいいようには動かないということだな。

 

一方年金を繰り上げ受給している人は20%近くいるそうなので、現実はそういうことなんだよ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はフレンチトーストサンド

中にチェーダーチーズ、表面はフレンチトーストにさらにかけチーをまぶしてフライパンで焼いている。

表面はカリカリに焼けたチーズの食感。

中はフレンチトーストのふわふわの食感。

 

yummy!!

 

欧米か!

 

 

リオナソーセージとビアハムの2種類をサンドしているのでいろんな味が楽しめる。

 

 

ランチはトマトクリームうまかっちゃん。

トマトジュースと牛乳とチーズで作る濃厚トマトクリームラーメン!

 

yummy!!

 

覚えたら何度も使いたがる。

 

 

 

 

晩ごはんはダルバート風ディッシュ。

 

 

冷凍しておいたほうれん草と豆のカレー、ナン、タンドリーチキン、キャベツのサブジ。

ダル=豆

ダルバート=ネパールの定食

うまいダルバートが食べたい。

 

 

日本年金機構が年金制度を決定しているわけではないだろうが、それにしてもいかに年金を払わないようにするか。

そればかりを考えて年金改正を行っているようにしか見えない。

 

年金受給者、要するに国民のことを先に考えればこんな誰も利用しない制度を作るわけがない。

何も考えてないから国会で追求される羽目になる。

 

よくよく考えてもらいたいのは、その年金は我々国民がすでに払ってきたお金であるということ。

 

汗水流して働いて払ったお金で老後に損をするなどありえない話だ。

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. 快走爺 より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。
    コメント差し上げるのは初めてです。

    年金の繰り下げ支給 10年先延ばしで支給額1.84倍は政府が(それも今現在の話)保証してくれるのでしょうが、10年先まで生きている保証は誰もしてくれません。なので私は「明日のステーキより、目の前の塩むすびを食べます」
    これからもブログ活動 ゆるゆるとがんばってください。

タイトルとURLをコピーしました