プロの仕事は結果が全て。ユーチューバーじゃないよ監督だよ

料理
スポンサーリンク

勝てば官軍負ければ賊軍

 

昭和な見出しだがこれしか思いつかなかった。

プロの仕事は結果が全て。

勝てば官軍として褒め称えられるが負けてしまえば賊軍と罵られる。

 

私たちサラリーマンの世界ですらそうだからプロスポーツの世界などまさにそうだろう。

私自身の話で恐縮だが、65歳の私が仕事をもらえているのは実はブログやYouTubeのおかげである。

 

私がやっている仕事は業種で言うとコンサルタントだが、専門分野はデジタルマーケティングや戦略広報などである。

デジタルマーケティングの中でもコンテンツマーケティングという、コンテンツによるユーザーとのコミュニケーションを得意としている。

 

コンテンツの中には文章もあれば動画もあれば写真もある。

企業は一人でも多くの見込み客やファンを醸成したいから、それにはコンテンツによるアプローチが大変有効なのだ。

 

じゃあそのコンテンツマーケティングの専門家が、自分で人気のコンテンツを作れるのかというのはとっても重要なこと。

世の中にたくさんいるコンテンツマーケの専門家が、自分のコンテンツでアクセス数をあげられなくては、当然だが集客やコンテンツマーケティングのアドバイザリーの仕事などこない。

しかし現実は自分でメディアを持っているマーケッターなんてほとんどいないだろう。

 

たまたま私はブログを始めたが、おかげさまで年間400万PVくらいのアクセスがある。

最近始めたYouTubeもまぐれで大当たりした。

 

まぐれのくせに大きな声で言わせてもらうが、実はこれ以上説得力のある職務経歴書は他にはない。

自分でやってみせているのだから・・・

 

結果が出せないのに、いくらこんなことがやれますなんて自慢したところで、それではプロの仕事としては失格だ。

私の自慢話のように聞こえたら申し訳ないが自慢話だ( ̄▽ ̄)

 

で、今日は何を言いたいかというと、最近大変なことになっている新庄ビッグボス。

私は野球を見ないのでプロ野球も詳しいことはわからない。

 

しかし新庄ビッグボスと大谷選手の話題は頻繁にニュースでやっているから、野球は知らなくてもこの二人のことはよく知っている。

どうやら新庄ビッグボスが率いる日本ハムファイターズは、開幕以来リーグ最速で10敗したらしい。

 

まだ試合数は12試合だ。

それで10敗って・・・

さすがの新庄ビッグボスも、一昨日の楽天との試合に敗れた後は取材にも応じなかったらしい。

 

まあまだシーズンも始まったばかり。

もしかするとこれから清宮選手を中心に打線が大爆発するかもしれない。

だから今シーズンの結果の話を今するのはいかがなものかと思う。

 

ただね〜。

新庄ビッグボスのあの派手なパフォーマンスも勝ててれば結果オーライだろう。

しかしこう負けが重なると派手なパフォーマンスは逆に痛いパフォーマンスになる。

 

もしこれがチームが連勝していたなら、他の球団の監督たちも球場にはドローンに乗って登場しただろう。

でも他の球団の監督はそれで負ければ痛いだけのパフォーマンスになることを知っている。

 

そのうちユーチューバーじゃないんだから何をやってんだよとファンからも言われかねない。

プロは結果が全てだ。

 

今日は私の自慢話を思いっきりさせてもらったが、自慢話ができるということは結果を出せているということ。

今の新庄ビッグボスに果たして自慢話の一つでもできるだろうか。

 

シーズンが終わる頃には日本ハムが日本シリーズに出るような成績になっていることを祈りたい。

 

そして新庄ビッグボスのビッグマウスでも聞きたいものだ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はライスサラダ

久しぶりの登場!

 

 

これだと朝からモリモリ野菜が食べれる。

そろそろまたドレッシングを手作りするか。

 

 

ランチはスーパーで買ってきた天丼とうどんのコンビ弁当。

 

 

 

滅多に弁当も買わないがこれは美味しかった。

冷たいうどんもうまいな。

 

 

ソーセージのガリっと焼き、茄子の煮浸し、生ハムコールスロー、たたききゅうりの塩昆布和え。

 

 

種類の違うソーセージをざっくり切って唐辛子と一緒に漕げるまで焼く。

ビールのつまみに最高だ!

 

 

熊本の名産の長茄子。

油で焼くと綺麗な茄子の色が出る。

これは焼酎だ。

 

今日も冷蔵庫にあるもので晩飯が作れた。

伝説の家政婦志麻さんだったら、この材料でとんでもなく美味しいものを作るんだろうな。

プロを超えてもはや伝説だからね。

 

志麻さんがすごいのは和食も作れるしフレンチも作れるというところ。

プロの料理人でも和食の板前さんはフレンチは作れない。

逆も然りでフレンチのシェフが刺身は切れないだろう。

 

しかし志麻さんはやっちゃうもんね。

 

やっぱりあの方はプロを超えてるわ。

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました