後悔しない生き方

料理
スポンサーリンク

人生は後悔ばかりと言う男

60歳という年齢は、人間にとってはひとつの節目の年齢だと思う。

男も女も同じように60歳を迎えるのだろうが、男の場合は女よりもこの60歳という年齢は特別な感じがする。

 

男の50代はまだ仕事も現役だ。

男は仕事が現役のあいだは人生の目標もあり、やるべきことが目の前にあるし、会社からも必要とされているという実感がある。

 

家庭においても、まだ自分が働いて家族を養っているという自負もあるから、『風呂!メシ!寝る!』と言ってられる。

しかし60歳を越えたとたん、会社からは再雇用の話が持ち上がり、家庭でも奥様からこれからどうするのよ!と詰め寄られ、風向きがいきなり変わったことを感じるようになる。

 

同じ年代の社員たちが広めの会議室に集められる。

そこで再雇用制度や退職後の働き口、その他諸々の手続きなどについて十把一絡げに説明を受ける。

ホワイトボードを前にマイクで説明をしているのは、今まで部下だった女子社員だ。

 

たった1日で立場は逆転し、部下の女子社員に今後の身の振り方についてアドバイスを受ける立場になってしまっている自分がいる。

そこから男は焦るのだ。

 

部下の社員たちからもらった小ぶりな花束を抱え、会社人生最後の日の帰り道をトボトボと帰路につく男。

男は急にこれまで歩んできた人生を振り返り出す。

その中にはいくつか後悔の念が炙り出される。

 

あのときこうしていれば・・・

 

この先また今の会社に再就職して、以前とは違う窓辺の小さなデスクで仕事を続ける自分。

もう誰もお茶もいれてくれないし、ひょっとすると部下だった社員のお茶を自分がいれなければならないかもしれない!

 

そんなことをぐるぐる考えていると、『後悔』という言葉がどんどん大きくなって、自分の人生は大失敗だったのではと思い始める。

 

あのときこうしていれば、もしかすると今頃は役員に抜擢されて経営側としてずっと仕事ができていたかも。

いやいや、子会社の社長くらいにはなれていたかもしれない。

そんなことを考えだすと、いくらでも後悔する出来事は思い浮かんできて、もう取り止めもつかないようになる。

 

男は仕事がなくなると本当に哀れだ。

 

スポンサーリンク

人生は選択の連続

誰の人生も選択の連続だ。

以前TVドラマで『素敵な選TAXI』というドラマがあった。

芸人のバカリズムが脚本を書いて、主演は竹野内豊。

ストーリーは人生の選択を間違えた人たちが、竹野内豊が運転手のタクシーに乗り、誤った選択をやり直す過去まで戻れると言うストーリーだ。

 

内容はコメディなので面白かった。

そんなタクシーがあれば私も乗ってみたい。

しかしドラマの中では、何度過去に戻って違う選択をしても結局結果は失敗に終わるというストーリーなのだ。

 

人生の選択とはそういうものであろう。

『後悔』とは、自分が決定した結果が思わしくなかったから、過去に戻って別の決定をしたいという気持ちである。

では、先ほどの『選タクシー』のように過去に戻れたとしよう。

そして別の選択をしたところで、その結果が必ず良い結果になるという保障などないのである。

むしろ、今の結果の方がよかったという可能性だってある。

 

では今の結果を後悔して、悔い悩むことになんの意味があるのだ?

結局はどの人生を選んでも、その後の自分の努力で険しい人生の道を切り開いて、自分が望む人生の結果を得るしかないのである。

 

仕事がなくなっていろいろ悔やんでいるお父さん。

あなたも不安かもしれないが、家に帰れば愛する奥様が待っているではないか。

長年働いてきたあなたをいつも支えてくれたのは、あなたの奥様である。

奥様はあなたよりもずっと不安な気持ちで待っていると思う。

 

早く帰って『心配するな、この先も俺について来い!』と迷わず言ってあげてくれ。

 

その選択は一生後悔することはないはずだ。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

昨日の朝食はサラダボウルではなくチキンカリー。

娘に作ってあげたカレーがこれだけしか残らなかったので、半分サラダにして食べた。

サラダはほとんどホワイトセロリの葉っぱ。

セロリの葉っぱは生では食べずらいが、ホワイトセロリの葉っぱは柔らかくて美味しい!

 

 

ランチはエビのかき揚げ蕎麦。

かき揚げはスーパーのお惣菜コーナーで買ったもの。

寒くなるとラーメンもだが、温かい蕎麦の方が食べたくなる。

 

晩ごはんは特製サンドイッチ。

近所のパン屋さんのパンだが、これがめちゃくちゃ美味しかった。

引きが強くてもっちり食パン。

これにロースハムと豚バラチャーシュー、レタス、アーリーレッド、チーズ、ピクルス、マヨネーズを挟んで、バターをしいたフライパンで焼く。

ターナーでグイグイ潰しながら焼くと、表面がパリッとなって激ウマサンドとなる。

最近見た『シェフ』という題名の映画で、キューバのサンドイッチをクッキングカーで売って回るというシーンがある。

そのサンドイッチがたいへん美味しそうで、またサンドイッチにはまりそうな気配がした。

しかし、ああいう映画を寝る前に見てはいけない。

危うく夜中にサンドイッチを作りそうになった。

 

しかし私は大人だ。

今、食べてしまっては後悔するぞと自分に言い聞かせた。

 

後悔がちっちぇ〜!

 

 

コメント

  1. ぺこりーのさん おはようございます!

    サンドイッチ画像ヤバいです。見た瞬間お布団から這い出ました笑

    • そしてまたiPadからコメできない病…短文をKindle fireから入力して、iPadから長文作戦失敗 泣。ということでKindle継続です。4G回線下のiPhoneでもダメなんですよねー。謎すぎ!

      私の父は、長いものに巻かれるのが嫌いだからか、出世しませんでした。定年まで年下の上司の下で、家族の為にいろいろ我慢して働いたんだろうな、と思うといとおしい(T_T)出世したおとーさんを持つ友人が、遺産相続で悩んでいるのを見て、若干うらやましい今日この頃ですがw

      オットも父のかほりが…汗 ま、遺す対象もないし、メンタル病まないようほどほどに頑張っていただきたいですねっ

      • うさん

        コメントありがとうございます!
        ご迷惑をおかけします!!
        おかしいな〜。

        具体的には文章の入力はできるけど、送信ボタンが押せない?
        そもそも入力ができない?
        もう少し具体的な症状がわかれば対処可能かもしれませんので、お時間のあるときに教えてくださいね。
        ちなみに現在は少し見え方を変えました。

        男だけじゃないですが、一番後悔するのは自分の生きたいように生きれなかったことだと思います。
        せめて老後は自由に生きてほしいですね。
        ご主人もがんばれ〜。

  2. そもそも、コメントを書き込むボタンが反応しませ~ん涙

    キャッシュの問題?でもiPhoneとMacbookではぺこさんサイト見てないんですよぉ

    iPadで見るのが一番見やすいんです。iPhoneだと広告がスゴいイメージw

    • うさん

      今、『コメントをする』ボタンを消しました。
      コメント欄がいつでも開いてる状態にしましたが、これではどうでしょう??

  3. ぺこりーのさん、本当にお料理がお上手で仕上がりが綺麗ですね。

    おしゃれな飲食店でも開けそうです。

    後悔の話ですが、私は40代前半まで建設会社に勤めていました。

    仕事のできない男性上司にプロジェクト失敗の責任を押し付けられ切れてしまい、その上司の椅子の背もたれを蹴ってしまいました。

    上司は椅子と共にコロコロ流れて行き、顔がわなわなと震えているのを見て可笑しくて笑ってしまいました。 女だって戦場では戦うんだ!

    そして会社を辞めましたが、全く後悔はしていません。

    それから、私は沖縄出身で神奈川県在住です。

    • ももこさん

      コメントありがとうございます!

      素晴らしいエピソード!(笑)
      責任をとらない上司は最悪ですね。
      しかしそのシーン見たかった〜(≧∇≦)

      沖縄のご出身ですか!
      いいですね〜。
      昨年、1週間ほど沖縄に仕事で行ってきましたが、またプライベートで行きたいです!

  4. かけますぅぅ!

    私一人のエラーの為に、申し訳ありません&ありがとうございますっ
    ( ;∀;)

    そして、ももこさんのエピソードに惚れました☆

    • うさん

      よかった〜!!
      なんでもやればできる!

      ももこさん男前ですよね〜(笑)

タイトルとURLをコピーしました