『懐かしい痛みだわ〜♪』〜松田聖子のスイートメモリーズを歌っていたあの頃・・・

その他
スポンサーリンク

38年前

 

昨日、下高井戸の商店街を歩いていてどこからか聞こえてきたこの曲。

それはあの松田聖子さんの名曲『スイートメモリーズ』だった。

 

『なつかしい〜痛みだわ〜♪

ずっと前に〜忘れていた〜♪』

 

松田聖子さんというと1980年台を代表するアイドル。

いや〜懐かしかった。

歌は一気にその当時の記憶を引っ張り出してきて、まるで早送りの映画のように当時のことを再現する。

 

歌に限らず自分が若い頃に人気だった旧車を見かけたり、若い頃に読んだ本のタイトルを見つけたりしても、急にその当時の記憶が溢れ出すことがある。

不思議だな〜。

その頃はそんなに思い入れもなかったことなのに、なぜ今それが特別な記憶になっているのか・・・

 

私がスイートメモリーズをよく聞いていたのは、この曲が大人気となっていた1983年当時だからなんと26歳の頃である。

 

私もいきなり老ぼれたわけではない。

ちゃんと26歳の頃があったのだ。

調べてみたら『GENERATIONS』の片寄涼太くんが今年26歳だそうだ。

片寄くんもいつか私のようになるんだな。

かわいそうに・・・

 

私が26歳当時は転勤で山口県の徳山市という小さな街にいた。

ほんの1年足らずしかいなかったがいろんな思い出がある街だ。

営業の仕事をしていて毎日毎日数字に追われていたあの頃。

 

深夜に家に帰り早朝から出勤する。

そんな地獄の日々だった。

 

そしてその頃よく通ったのが、私のお客様でもあったママが経営するラウンジバー。

名前はもう忘れたが、そのお店で例の松田聖子さんの『スイートメモリーズ』が頻繁にかかっていたことを思い出した。

 

酒の飲み方も知らない若造にママは優しかった。

そしてなんとも言えない年上の女性の魅力に私は頭がクラクラした。

 

たまたまお客が私ひとりだったことがある。

そんなときあの『スイートメモリーズ』の歌に合わせてママも歌うことがあった。

 

私の目の前に松田聖子がいる。

そんな気さえしていた。

ママは本当に美しかった。

 

そんなことを下高井戸商店街を歩きながら急に思い出したのだ。

 

結局女の話かい!!

 

そう言われると返す言葉もないが、なぜか女の記憶は他の記憶と違い大事に保存されているようだ。

複雑なパスワードが設定されているので誰にも消すことはできない。

 

ママと一度くらいデートしたかった。

 

まだ言うか!

 

女の思い出には際限がない。

しかしデートに誘おうにもスマホもなかった時代だ。

その頃はいったいどうしていたんだろう?

そういうことになるとまったく記憶がない。

 

かろうじてスマホの前のガラケー時代のことだとわずかに記憶がある。

ガラケー時代は今のように女にLINEのIDを聞いたりしない。

ひたすら電話番号を聞いていた時代だ。

それも紙に書いてもらうという江戸時代のようなやり方で。

 

まさかのタイミングでペンと紙がないときは神様を呪ったものだ。

しかし奇跡的に電話番号を手に入れたときには、何度も神様にありがとうを言った。

アナログ時代の神様は呪われたりお礼を言われたり忙しかった。

 

会社や友達との飲み会があるときは、必ず会社のプリンターでお店の地図と電車の乗り換え情報をセットでプリントアウトしたものだ。

今のように地図アプリも乗り換えアプリもないからこうするしかなかった。

 

しかし社員全員が私用プリントするのでプリンターのコストがやたらと上がる。

なので総務部はプリンターにカウンターをつけて、どの部署がどれだけプリントしたかをチェックしたりしていた。

それでも減らないと『私用プリント禁止』の貼り紙を社内のすべてのプリンターに貼る。

その貼り紙をプリントするのは総務部だった。

 

そう考えるとなんとスマホって便利なんだろうか。

スマホのおかげで総務部は暇になり会社のコストまで削減してしまった。

 

飲み会のお店が急に変更になったりすると、駅に備え付けの伝言用の黒板に伝言が書いてある。

駅の黒板に自分の名前が書いてあるのだ。

街中の人が私が今日飲み会であることを知っていると言う・・・

個人情報もへったくれもあったもんじゃなかった。

 

もう少し文明が進むと駅の黒板が電話の伝言サービスへと変わった。

これも今考えればアホのように面倒くさかったが・・・

 

ポケベル時代もあったがもうあまり記憶に残ってない。

 

そういや会社のデスクに小さな紙切れが置かれていたことが何度かある。

会社の女子からの手紙だ。

 

今考えると危険極まりない行為だが、もらった方は妙にドキドキしたものだ。

 

遠い記憶・・・

 

スイートメモリーズ。

 

スポンサーリンク

過去を懐かしむと脳が健康になる

 

本当らしい。

東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授の研究によると、懐かしい物事に触れると脳は活性化され健康になると言うのだ。

それは見た目にも影響して、いつまでも若々しさを保つことにつながるらしい。

そう言えば同じ年齢なのに、歳相応に老け込んでいる人もいれば驚くほど若々しい人もいる。

 

過去を懐かしむという脳の行動は、知的好奇心が関与していて老化や見た目の若さに大きな影響を与えるとのこと。

それなら大いに昔話にも花を咲かそうじゃないか。

 

過去に聞いた歌、過去に見た映画、過去に触れた物・・・

そういう過去に触れることによって覚醒される記憶すべてが脳の活性化につながるのだ。

 

私のように昔の出来事ばかり探し出してブログに書くという行動は、これはもしかしたら最大の脳のリハビリなのかもしれない。

そう考えると多少うろ覚えのこともありはするが、懐かしい記憶を辿りながらブログを書くことで私の脳は元気になっているはずだ。

 

そう言えば去年の今頃このブログを書き始めた。

その頃のブログを読むともうすでに懐かしい感じがする。

 

もう1年たつのか。

よくぞ1日も休まず書き続けられたものだ。

 

毎日飽きもせずに稚拙な文章を読んでいただいたみなさんにも感謝したい。

 

少しでもみなさんの記憶に残れば嬉しい。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はバタートースト、野菜スープ、アイスコーヒー、ロッピーチーズ。

 

 

この食パンはスーパーのパンコーナーで焼いている食パンだが安くてうまい!

最近は食パンも高級になったが、安くてもうまいパンはたくさんある。

 

 

そしてランチも同じ食パンで作ったわんぱくサンド

 

 

中身は白身フライ、ポテトサラダ、紫キャベツのコールスロー。

めちゃめちゃ美味しいじゃないか!

 

 

晩ごはんは居酒屋ぺこり。

 

 

ただ数だけ並べてみたが見た目にもうまい。

ピーマンの味覇炒め、ゆで卵、湯むきトマト、ポテトサラダ、キムチ、冷奴、プルコギ、味噌漬け、ブロッコリー、しらす、きゅうりの浅漬け、チキントマト煮の12品。

焼酎だな。

 

 

それにしてもこうやって写真を見るから昨日のメニューを思い出せるが、写真がないと何を食べたかほぼ覚えてない。

 

昭和のことは覚えているのに。

 

残念なのか忘れるからまた作ろうと思うのか・・・

それにしてもこの1年いろんな料理を作ったな〜。

 

これもまたスイートメモリーズだ。

 

 

 

コメント

  1. ぺこりーのさん、こんにちは。

    小鉢が沢山のお料理、キレイだし美味しそう!
    高級旅館みたいで、わくわくします。
    どんどんお料理の画像が美しくなって来て
    冗談抜きにプロ並み+映えますね☆彡

    昨日の記事の、魔法の行動‥
    毎日の事では無いのですが、
    コロナ自粛になって、
    ちょっと楽しみになった新しい習慣があります。

    それは、夫の散髪をすることなのです。

    ちょっと腕も上がってきた気がして
    先日は、東急ハンズで関孫六の梳き鋏を購入。
    次回、私用するのが楽しみで…
    じっと向き合って、形を作り上げる静かな時間が楽しいのであります。

    • 澤田さん

      コメントありがとうございます!

      小皿にただ並べただけなんですけどね。
      しかも四角いお盆は100均!

      ご主人の散髪!
      それはいい時間ですね。
      散髪をさせるというのはよほど信頼してないと無理だと思います。
      ハサミまで買ったんですか!
      バリカンもなかなか気持ちいいですよ。

  2. 梅雨の晴れ間にお邪魔します。
    この歌はサントリーのビールのCMで愛くるしいペンギンが登場するCMでしたね🍺🐧好き。

    あの〜、肝心の手紙の内容が書かれてませんが😤
    新聞の連載小説みたいに翌日が待ち遠しい。
    またね〜

    • ウォッカさん

      コメントありがとうございます!

      ペンギンのCMでしたね〜。
      あれから35年もたったなんて冗談みたいです。

      手紙の内容は墓場まで持って行かなくてはならない内容です(≧∇≦)
      いや、墓場まで持って行っては嫁に殴られる!

  3. スイートメモリーズ、好きでした~♪
    あの頃の聖子ちゃんは、可愛かったですね。
    GENERATIONSの片寄君が26歳とは、顔が童顔だからもっと若いのかと思っていましたよ。
    おじいちゃんになっても、活躍してほしいですね!

    わんぱくサンドはいつもパンパンですが、口に入れる時つぶす感じですか?
    つぶさないと、顎がはずれそうです。
    白身の魚はパンとよく合いますので、とても美味しそうですよ~。
    今度作ってみますね。

    • こしあんさん

      コメントありがとうございます!

      みんなあの歌には思い出がありますよね。
      いい歌でした。

      わんぱくサンドはあの程度ならパクッといけますよ。
      顎も外れません。
      ただ上品にお口を開けててもダメです。
      白身のフライは本当にパンにあいます。
      ぜひ作ってみてくださいね。

  4. トーストに斜めに線を入れるのは斬新!今度やってみます。バターが良くしみこみそう(キャー)!

    • パンミミさん

      コメントありがとうございます!

      喫茶店のトーストとかよく切り込みはいってませんか??
      バターがしみしみになりますよ〜。

タイトルとURLをコピーしました