戦争のやり方が古い!情報戦ももっと進化したやり方ができないものだろうか

料理
スポンサーリンク

まだミサイルとかで戦争してるの?

 

ロシアとウクライナの戦争もだんだん泥沼化してきそうだ。

これだけ多くのウクライナ市民が戦争で亡くなるとは、もしかするとプーチンも想像していなかったかもしれない。

 

ウクライナ軍の捕虜となったロシア兵士が言っていた、『我々は演習だと言って連れてこられた』というのも、ひょっとすると演習程度の脅しでウクライナが参った!と言うとプーチンは思っていたのかも・・・

さすがにそこまでじゃないとしても、今の現状はプーチンにとって想定外だった可能性は高いと思われる。

 

なんだか戦争も長く続くと、だんだんと当たり前の日常のニュースになってしまう。

戦争当事者が払う犠牲はますます大きくなり、それから長い戦後の復興が続きそれはプーチンが死んでからも延々と続くのだ。

 

あいつ頭が悪いのかな?

あの禿頭を一度パッチ〜ンとウィル・スミスに平手打ちしてもらえ!

 

それにしても久しぶりの大きな戦争だというのに、戦争のやり方が古すぎて驚いてしまう。

第二次世界大戦の映像とさして変わらないような古臭い戦車や装甲車がまだ動いている。

 

あれから何十年も経つというのに相変わらず大砲やミサイルを撃つのか・・・

戦争はあってはならないが、どうせやるならもっと進化した戦いをすればいいのに。

 

例えば市民は絶対に傷つかないやり方とか、破壊行為だけでダメージを与えるやり方ではなくもっと他の強烈なダメージだけにするとか。

 

命を奪わない戦争だ。

うまく言えないがそういうやり方を頭のいい人が考え出せないものかと思う。

 

サイバー攻撃と言うとちょっと未来的に聞こえるが、アノニマスがやっているサイバー攻撃はDDoS攻撃と言われる単なるサーバーへの集中アクセスだ。

それ誰でもできるし!

サイバー攻撃なんだからもっとサイバーなことをやって欲しい。

 

そしてちょっと未来的な感じがするのは情報戦というもの。

これも現状ではすぐにバレバレの情報戦になっているから、あまり敵へのダメージは期待できない。

情報戦ももっと高度に進化を遂げているものかと思っていたが、相変わらずのフェイク合戦。

 

例えばだが・・・

検索という武器。

 

パソコンだってスマホだって、インターネットは何かしらのブラウザを通してしか見れない。

PCもスマホも合わせると圧倒的に使われているのはChromeだ。

 

だからGoogleは世界中の検索ワードを知っている。

私が最近WEB上で見せられている広告はコンドロイチンと青汁と育毛剤などなど。

これらは私の年齢から類推すれば、こういう商品のニーズがあるだろうというのは容易にわかる。

 

しかしシーズー犬のドッグフードの広告や丸いまな板の広告などは年齢とは関係がない。

私がChromeで検索したキーワードや購入履歴などからニーズを把握して広告を見せられている。

 

だったらGoogleはプーチンがウクライナ侵攻前にどんな検索をしたかわかっているはずだ。

もしかしてChromeを使っていないかもだが他社のブラウザであっても同じこと。

 

私が推測するにプーチンはきっとこんな検索をしていると思う。

 

『ウクライナ やっつけ方』

『ウクライナ 強い?』

 

もちろん検索結果に回答はない。

そこで検索ワードが武器になるのである。

 

プーチンが『ウクライナ 強い?』と検索したら検索エンジンは即座にこう表示させるようにする。

 

『めっちゃ強い!』

とか

『ロシアの10倍強い!』

という検索結果をずらりと表示するのだ。

 

するとさすがにプーチンもこれを見せられたらちょっとビビる。

 

これも一種のサイバー攻撃であり情報戦という戦争だと思う。

誰も傷つかないし死ぬことはない。

 

これは私が考えただけだが、もっと頭のいい人たちならきっとすごいアイデアが出ると思う。

早くそうなればいいのに・・・

 

そして泥沼化しつつあるロシアとウクライナの戦争。

もしかするとプーチンは今頃こんな検索をしているかもしれない。

 

『戦争 やめ方』

あるいは

『戦争 負けそう』

 

プーチンの本心は検索エンジンだけが知っている。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は大根飯。

 

 

前日の残った大根をごはんに乗っけただけの簡単飯だ。

しかし一晩でごはんのおかずにちょうどいいくらい出汁が沁みている。

 

 

ランチはチャーシューキムチチャーハン。

腕が痛かったがチャーハンのために必死でフライパンを振った。

まるで痛みをこらえながらも記録に挑戦するアスリートのように・・・

 

チャーハン、うんめぇ!

 

晩ごはんはバゲット1本買ってあとは冷蔵庫にあるもので・・・

ボイルしたソーセージとブラータとトマトのカプレーゼ。

 

 

うまいパンとワインがあればそれだけでいい。

 

 

 

フランスのマドモアゼルたちの食卓はこんな感じなんだろうか。

来世はフランス人もいいな。

 

 

大人気でなかなか手に入りにくいらしい花畑牧場のブラータ。

普通の生モッツアレラチーズとは違う。

めまいがするほどうまい!

 

 

プーチンとゼレンスキー大統領は一度一緒に飯でも食ってみたらどうか。

うまいものを食べているときに喧嘩しようとは思わないぞ。

 

焼きピロシキにウクライナボルシチにワイン!

 

酔っ払った勢いでプーチンはゼレンスキー大統領に『ごめんね』と謝ってしまえ。

 

 

 

※昨日も嬉しいコメントありがとうございました!

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. 経堂 より:

    こんにちは☂️
    最近、ブラータを食べました。が、花畑のでなかったから? ドローリと生クリーム、出て来ませんでした〜。でもイチゴとバルサミコ、ハチミツなどと食べたら、まあまあでした。次回は花畑ですね!

    本、楽しみです♪ 毎食の写真だけでも十分綺麗だし、ゆいまるくんとのお散歩の一コマも絵になりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました