夢は叶わないで終わった〜しかしこの地味な生活もまた楽しい

ゆいまる
スポンサーリンク

無数の夢

 

私の娘と共有している『みてね』という写真共有アプリがある。

つい先日、そのアプリに3歳になった男の孫の写真がアップされていた。

娘の家の中に置いてある大きなジャングルジムで、その男の孫が遊んでいる写真だった。

 

アプリにアップされていたたくさんの写真の中に、ひときわ目を引く1枚の写真があった。

それは孫が、体操の平行棒のように腕だけで真っ直ぐ体を支えている写真だった。

腕の力とバランス感覚がないと、3歳児にはなかなか難しいポーズのように見えた。

 

そして、その写真に娘のキャプションがついていた。

 

『すご〜い!!将来は体操選手だわ!!』

 

ハイハイ。

 

子供の成長に一喜一憂する気持ちは私にもよくわかる。

みんな親は子供に対してはバカなのだ。

 

しかし夢を見るのはいいことだ。

もし男の孫が本当に体操が好きなら体操選手を目指せばいい。

 

子供の頃は無数に夢は広がっている。

私だって子供の頃は何にでもなれそうな気がしていた。

 

仮面の忍者赤影になりたかったな〜。

宇宙少年ソランにもなりたかった!

 

 

漫画だろ!

 

 

しかしその無数の夢はひとつづつ消えていき、最後に残った道はこの道だった。

夢とは程遠い地味な生活だ。

 

別に派手な生活を望んだわけじゃないが、それでも今の生活はそうとう地味だ。

光も当たらないし、私がこの道を歩いていることすら誰も知らない。

 

ただ・・・

この地味な生活がなかなかいいのだ。

 

決して負け惜しみを言っているわけではない。

悔し紛れに嘘を言うほどプライドも高くはない。

 

本当にこの代わり映えのしない毎日が楽しいと思う。

自由だからなんでもやれるのに、なんにもやらない毎日。

それがどれだけ贅沢なことか・・・

 

人間だからいいことも悪いことも交互にやってくる。

本当に台本通りか!と思えるほど人生とは浮いたり沈んだりを繰り返す。

 

この先の老後もきっと、プカプカ水面に浮いていたかと思うといきなり横波に沈められ溺れそうになったりするのだろう。

しかしそれももう慣れた。

波にのまれて沈んでも、人間の体は自然と浮くようにできている。

 

そしていつかプカプカ浮いたまま私の息が止まる。

 

それでいい。

 

どん底に沈んだときに初めて人の温もりを知った。

いろんな人に助けられて生きてきた。

おそらくみんなそうだろう。

 

感謝を忘れてはならない。

 

この地味な生活が幸せだなと思えるようになったのは、いつの日かもう多くを望まなくなったころ。

酒があれば愛もいらない。

 

ようやくこの年になって、幸せになる秘訣は欲張らないことだとわかった。

私は嫁と犬から愛をもらった。

 

ほんの少しばかりの愛で人は人生に満足する。

たった一人の愛を知っただけで生きててよかったと心から思う。

 

子供の頃の夢は何ひとつ叶わなかったとしても・・・

 

人生に満足し、幸せに満ちた日々を送ることができることを若い方達にも教えてあげたい。

 

スポンサーリンク

今日のゆいまるくん

 

ゆいまるくんはこの公園が大好きだ。

 

 

しかし昨日もまだ暑かった。

あと3周は無理っすよ!

 

 

でもどうしても3周したいゆいまるくんでした・・・

 

べーって!

飼い主に向かって態度悪いな〜。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は冷蔵庫にあったものをただ並べただけ。

きれいに盛り付けようという気力もなかった。

 

 

ランチは鍋ラーメン。

奈良天理ラーメンと書いてあったが、白菜と豚肉を入れるようになってたから神座っぽいラーメンなんだろう。

しかし白菜はなし!

ネギと豚肉にした。

 

ダイソーのアルミ鍋。

ラーメン用にしょうどいい!

 

晩ごはんはテイクアウトで買ってきた焼き鳥とお惣菜。

右側のきゅうりとにんじんとツナのピリ辛炒めが、これが本当の無限きゅうりだと思った!

きゅうり3本を一気に食べてしまった。

 

 

そろそろ焼き鳥もお店に食べに行くとしよう。

グリルで焼き直したからだぢぶ焦げた。

しかしうまいぞ!

 

 

実は来週末、ゆいまるくんを連れて軽井沢に遊びに行ってくる。

ワンコと泊まれる宿を探したが、高いお部屋から順番にびっくりするほど予約で埋まっていた。

もうみんな気分はGo To Travelなんだなと思った。

 

コロナウィルスが蔓延しているころには、もう一度焼き鳥屋で酒を飲むのが夢だった。

そして、旅行をするのも夢。

 

そうだ。

今まで通りの普段の生活が夢になっていたのだ。

 

きっと世界中の人の共通の夢だな。

 

その夢がまた少しづつ叶おうとしている。

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. ピーターラビット より:

    ぺこりーのさん こんにちは!
    久しぶりのゆいまるくんの登場、うれしいです。
    軽井沢ですか?いいですね~。移動は?最近キャンピングカーが流行っているので若ければ欲しかったなと思ったり。

    昨日のブログ、身近に10年ほど前に出演されたご夫妻がいらっしゃいます。それほど田舎ではありませんが、繁華街でもないところに住んでいます、ご近所です。そこで定年後カフェ(笑)をなさっていて、放送後ひとつきほど、大繁盛!車を停められないお客様がたくさんいて、周辺はおおさわぎでした。
    今でもお店はありますよ。

    • ピーターラビットさん

      コメントありがとうございます!

      今日はゆいまるくんは月一のサロンの日でした。
      スッキリしましたよ。

      出た〜!
      定年後のカフェ!!
      繁盛されてるんですね。
      素晴らしい・・・
      そういうご夫婦もいらっしゃるんですね〜。
      その後の楽園がどうなってるかあの番組でやればいいのにと思います。

タイトルとURLをコピーしました