極悪非道の男『老人二十面相ぺこりーの』〜一度極悪人というものになってみたい

その他
スポンサーリンク

善人にも悪人にもなれない

 

今日はどーでもいい話なので、お忙しい方は他のブログを読まれた方がいい。

てか、いつもたいしたことは書いてないけどね(´▽`)ノ

実は今朝起きて、あまりに自分がわかりやすくて起き抜けに笑ってしまったのだ。

 

みなさんは笑いながら朝起きたことがあるだろうか。

誰か一緒に寝てたらそうとう気持ち悪いと思う。

 

朝は眠い。

笑ってなどいられないのが普通だ。

 

では私はなぜ笑いながら起きたのか・・・

実は昨夜ムービープラスでアル・パチーノの古い映画『スカーフェイス』をやっていた。

名作なのでご存知の方も多いだろう。

 

アメリカで皿洗いだった男が麻薬の取引でのし上がり、ボスを殺して麻薬密売組織の頂点に上り詰めたトニーの物語だ。

トニーこそ極悪非道の極みだ。

ボスを殺してボスの女を愛人にするなど、マフィアじゃなくてもぶん殴られる。

 

そして映画が終わってすぐ眠りについたのだが、眠っているあいだ長い長い夢を見た。

そうだ。

私は夢の中でマフィアのギャングになっていた。

きっとどこかで一度極悪人になってみたいという願望があるのだとう思う。

 

もしくは怪人とか超人とか・・・

凡庸じゃない男への変身願望がどっかにある。

しかし現実の私は怪人でも超人でもなくただの老人だ。。。

 

前にも書いたが、映画を見て寝ると頻繁に映画のストーリー通りの夢を見ることが多い。

そして昨日もギャングになって、トニーと組織の頂点を争って戦っていた。

あまりにそれが馬鹿馬鹿しくて、朝目が覚めて思わず笑ってしまったのだ。

 

トニーはいつも常軌を逸している。

普通の状態でも目がいっちゃってる。

それは大量のコカインを常に吸っているからである。

 

白い粉末は大量にデスクに積まれていて、いつでも鼻から吸引できるようになっている。

吸引具がなくても器用にデスクに鼻を近づけて、片手で一方の鼻を塞ぎもう一方の鼻でフンとコカインを吸う。

するとたちまちトニーはコカインでハイになっていく。

 

私もギャングである。

ギャングはコカインを吸うものだ。

そこで私も手下の前でコカインを鼻から吸って見せるのだが、鼻からフンと吸ったとたんにくしゃみが出て白い粉がぜんぶ吹き飛んでしまった。

 

あわわわわ。。。

 

そうだ。

私は花粉症だからこの時期は鼻が敏感になってて、とてもじゃないが鼻から粉を吸うなんてできない。

はだびずがダラダラ流れてきったない顔になっている。

手下が困った顔をしているので、私は仕方なくコカインをコーヒーに入れて飲むことにした。

するとなんとコーヒーがまろやかになって美味しいじゃないか!

 

森永クリープか!

 

手下にも飲ませたが、みな反応がよく『美味しいっすね〜』と言ってうまそうにコーヒーを飲んでいる。

そこで私は目が覚めた。

 

なんちゅう夢?

 

しかし目が覚めて花粉症の人はギャングにはなれないと思った。

コカインが吸えないからな。

 

ダイエーの創業者の中内さんが言っていたが、『世の中にはバカも天才もいない。ただ凡人がいるだけだ。』と。

 

それを思い出して思ったが、私は善人にも悪人にもなれない。

ただの普通の男だなと。

 

スポンサーリンク

天体戦士サンレッド

 

悪人と言えば私には忘れられない人がいる。

彼を語らずして悪人を語るなかれ。

その人こそ『天体戦士サンレッド』に登場する悪の秘密結社フロシャイムの川崎支部リーダー『ヴァンプ将軍』その人である。

 

そもそもサンレッドとは何者かと言うと、地球を守る戦隊ヒーローなのだが神奈川在住なので主に神奈川県を守っているヒーローなのだ。

しかも神奈川県の中でも主に川崎市。

川崎市の中でも主に溝の口あたりを守っているという、とてもピンポイントで活躍する天体戦士である。

 

ちなみに私は溝の口に1年ほど住んでいたので、この天体戦士サンレッドにどハマりしていた。

とにかく面白いアニメだった!

 

サンレッドは保険会社に勤める内田かよ子と同棲していてほぼかよ子のヒモ。

ヒーローがヒモ暮らして・・・

 

悪のフロシャイムとの戦いがない日はいつもパチスロをしていて、それもかよ子の金で遊んでいるのだから、ヒーローではあるが最低のクズ野郎である。

 

そしてフロシャイムのリーダーヴァンプ将軍は、悪の将軍でありながら町内会の人たちとも仲が良く、餅つきをしたり糠漬けを漬けてご近所にお裾分けをしたりしている。

とっても人柄のいい悪の将軍なのだ。

いったいどっちが悪なのかよくわからないという馬鹿げたストーリーが面白いのだが、このヴァンプ将軍を見ていると、たとえ悪人でも人柄って大事だなと教えられる。

 

マフィアのボスも人間力がなければ手下はついてこない。

ボスは強くてカッコよくて手下には優しい。

コカイン吸ってくしゃみしているようなやつはボスにはなれない。

 

ヴァンプ将軍も、フロシャイムの悪の怪人たちの面倒見がいい。

よくヴァンプ将軍が鶏団子鍋を作って、怪人たちと鍋を囲んで美味しそうに食べている。

 

ぜひみなさんにもヴァンプ将軍の人間力を見ていただきたいので、YouTubeを貼り付けておいた。

 

今夜はきっとみなさんはサンレッドの夢を見る。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

普通の男の朝食。

マスカルポーネチーズトースト、野菜スープ、バナナ、キウイ、コーヒー。

美容にいいね。

 

 

晩酌はスーパードライの新発売のビールを買ってみた。

泡が出るというやつだが、私はビールの泡はいらない。

ジョッキのギリギリまで泡を立てずに注いでもらえたら、それほど嬉しいことはない。

しかし、まあ新発売なので買ってみた。

 

で!

泡はたたず。。。

どゆこと!?

 

 

昨日はエビが安かったので、海鮮グリルとパセリソース。

お安い白ワインも買ってきたが、このワインのコルクが抜けなくて10分ほど格闘した。

たま〜にあるよね。

異常にコルクが硬いやつが。

 

 

床に座って足に挟んで引っ張るが抜けない。

ゆいまるが何か面白いことして遊んでるのかと勘違いして、しっぽを振ってじゃれてくるから余計に抜きづらい。

ようやく抜けた白ワインはなかなか美味しいワインだった。

しかしもう2度と買わない。

 

海鮮グリルはバルセロナの味がした。

バルセロナでは焼いた魚貝をパセリソースで食べるらしいのだ。

 

バルセロナのギャングたちもこの海鮮グリルを食べるのだろう。

ワインをガブガブ飲みながら・・・

 

ベタベタの指を舐めながら葉巻を吸う。

いかにもギャングらしい。

 

しかし私は手がベタベタになるのは嫌なので、調理用のポリエチレン手袋をはめて手が汚れないようにして食べた。

綺麗好きなのだ。

葉巻も吸えないしコカインも吸えない。

 

どうやってもギャングには向いてないタイプだな。

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. パンミミ より:

    おはようございます!爽やかな土曜日のお昼前~
    毎朝の散歩からもどってきたところですが、あっちでおしゃべり、こっちでおしゃべりしてもうこの時間です。

    バナナ、前も写真で見たとき感心しましたが、素敵なプレゼンテーションですね。私が朝バナナをよく食べる理由は健康、ダイエット、それと歩きながら、何かしながら片手で(そうサルのように)食べられるから…なのにこんなに素敵にバナナを切って並べて…すごいですわ…。

    最近アルコールほとんど口にしないので我が家にはコロナ前に友人達と計画していた集まりのための泡もの、コストコのマルガリータ大ボトルなどがそのまま冷蔵庫の場所をとってます。ワインや発泡酒のコルクの固いのはまだ専用の道具で何とかなるけど、瓶詰の蓋が固いのは道具を使っても難しい時がありますね。さらにペットボトルの蓋で固いのとか、、、お年寄りには絶対無理、というのがあります。ホームヘルパーさんにあけてもらうしかないのか…

    • ぺこりーのぺこりーの より:

      パンミミさん

      コメントありがとうございます!

      東京もいいお天気です。
      気持ちいいですね〜。
      バナナは撮影用にカットしてますが、やっぱりサルのようにそのまま食べるのが一番美味しいですよ。

      瓶の蓋も硬いのありますね!
      先日買ったハラペーニョの蓋がそうでした。
      もう叩き割ろうかと思ったくらいに硬かったです。

タイトルとURLをコピーしました