人生を大逆転させるたった一つの方法〜今からでも遅くはない!

その他
スポンサーリンク

普通の人が奇跡の大逆転

 

私の古い友人の女性の話だが、その友人は学生時代はちょっとぽっちゃりしていて目立つこともなくごく普通の人だった。

いやどちらかというと、いてもいなくても誰も気づかないくらいの人だったと言っていい。

 

友人は高校を出てからはある化粧品会社の美容部員として働いていたが、この時期も学生時代とさして変わらず目立たない女性だったらしい。

相変わらずのぽっちゃりさんだったようだ。

 

そのうちいつの間にか同じ高校の先輩と結婚をし、20歳そこそこで専業主婦となったと聞いた。

慎ましくアパート暮らしをしていたそうだが、たまたまそのアパートの隣の部屋にガラの悪いチンピラのような男が入居してきたそうだ。

 

そのチンピラの部屋では毎晩大声で騒ぐ声が聞こえ、ちょうど妊娠してお腹に赤ちゃんがいた彼女は、眠れない日々が続いたと言っていた。

そして友人は我慢も限界に達し、ご主人に隣のチンピラに静かにするように注意をしてほしいと頼んだ。

 

しかし気の弱いご主人はチンピラに注意することができなかった。

その時に友人の女性はそのご主人を見て、『この人は私を守ってくれない』と判断したと言っていた。

 

お腹の大きい友人は何もしてくれないご主人を諦め、相変わらず騒いでいる隣の部屋に一人で乗り込み、三人のチンピラ相手に静かにするように文句を言ったそうだ。

三人のチンピラとのやりとりはここには書けないほど熾烈だったらしいが、最後はチンピラが折れ翌日からピタリと静かになったと言っている。

 

その後、友人はこの出来事で自分を守ってくれなかったご主人とはあっさりと離婚した。

そして産まれたばかりの赤ちゃんを抱えて仕事をすることにしたのだ。

 

しかし高卒で既に子持ちの彼女にできる仕事は限られていて給与も安い。

なかなか仕事も見つからず思い悩んでいたある日、彼女にその奇跡は起こった。

友人がたまたま通りがかった不動産屋の店先に、事務員募集の張り紙を見つけたのだ。

彼女はすぐさまその不動産屋に飛び込んだ。

 

高校を卒業して経験した仕事は美容部員という仕事だけ。

それも結婚までの1年足らずしか経験していない。

だから彼女は事務の経験など全くない。

 

ところがその不動産屋の社長がもしかするとぽっちゃり好きだったのかもしれないが、彼女は運良く事務員として採用されてしまったのだ。

さてここから彼女の人生の大逆転が始まる。

 

学生時代から目立たずぽっちゃりだった彼女は、学歴も高卒、早々と結婚した旦那とはすぐに離婚。

何の取り柄もない子持ちのバツイチという、これまでは逆転ホームランを打つ打席すら与えられそうにない人生。

 

ところがその彼女は、仕事と子育てをバリバリ頑張るうちにみるみる間に痩せてしまった。

私が彼女と知り合ったのはちょうどこの頃だ。

学生時代の写真も見せてもらったが、とても同一人物とは思えないほど今の彼女は美しい。

 

美容部員だったから化粧はうまい。

見た目が変わると男がチヤホヤする。

そして彼女は一介の事務員から不動産の営業へと部署を異動し、営業マンとして活躍することになる。

 

そこで彼女は気がついた。

『私は営業という仕事に向いているわ』

とても不動産の営業などできるようには見えなかった彼女は、なんとあれよあれよという間に営業成績がトップになる。

男性営業マンが誰も勝てないのだ。

 

彼女はマンションを売って売って売りまくって、ついに独立して不動産会社の社長になってしまった。

今では何棟ものビルを持つオーナー社長である。

 

この友人を見ていると、人生を大逆転させるほどの成功を得るには確かにちょっとした運も必要だと思う。

彼女で言えばあの不動産屋の事務員募集の張り紙を見つけたことだろう。

 

でももっと大事な事は、自分でも気づかない才能を見つけ出す事だと思う。

自分でも気づいてないのだからこれが一番難しい。

 

自分には営業が向いているのでは・・・

 

そう思ったとしても、それを行動に移せる人がどれくらいいるだろうか。

 

これもたまたま同じような話だが、クズ生活から月収700万円になった人の話が記事になっていた。

私は知らなかったが、フードファイターのMAX鈴木さんという方だそうだ。

テレビ東京の『大食い王決定戦』で何度もチャンピオンになった方らしいから、この番組を見ている方はきっとご存じだろう。

 

このMAX鈴木さんがフードファイターになるきっかけは、あの大食いアイドルのもえあずちゃんのファンだったからだそうだ。

それまで毎日の食事も普通の量しか食べたことがなく、自分がそんな大食いであることにも気づかずにいたらしい。

 

ところがあるお店の大食いメニューにチャレンジすると、もえあずちゃんの隣に自分の写真が並んで貼られるチャンスがあることを知り、そこで初めて『油そば特盛4杯2.8Kg』にチャレンジしたそうだ。

するとなんといとも簡単にペロリと食べてしまったんだと・・・

 

それでもしかして自分は大食いなんじゃないかと初めて気づいたらしい。

そしてついにテレビ出演を果たして、今ではYouTubeの広告収入だけで月収700万!

 

どうだろうか。

あなたにももしかすると自分でも気づかないでいる隠れた才能があるかもだ。

 

その才能は不動産の営業かもしれないし、はたまた大食いかもしれない・・・

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はハムエッグ丼。

今朝もブームの朝丼シリーズである。

 

 

ハムエッグは皿に盛るものだと誰が決めた?

どうせごはんと一緒に食べるのだからどこに盛ろうと同じだ。

洗うお茶碗も一個だけ。

 

 

実は昨日は朝から忙しくて、車で埼玉県の草加市まで行ってきた。

仕事で外出する日がよりによってあの荒天!

帰りに草加せんべいでも買って帰ろうと思ってたが、あの雨でそんな気にもならなかった。

 

お昼は途中で富士そばのカツ丼を食べたが、久しぶりの富士そばのカツ丼はなんとも貧相なカツ丼だった。

カツちっちぇ〜!!

何このシルバニアサイズのカツは〜?

 

昔はもっと美味しかった気がしたが・・・

 

丼の作り方を私が一から教えてやろうかと思った。

で、写真なし!

 

ヘトヘトで帰ってから晩ごはんも用意できなかったので、いつものインド料理屋に行ってきた。

生ビール299円!

安い!

それ以外褒めるとこはない。

 

 

チーズナンは確かにうまいけど、これはどこで食べてもうまいからな。

 

 

焼けた鉄板に乗せられてジュージュー音を立てながらやってきたタンドリーチキン

実に美味そうに見えるが、これも自分で作ったタンドリーチキンにはかなわない。

しかしネパール人の店長はいつも私に聞く。

 

『タンドリーチキンハオイシイカ?』

なんでタンドリーチキンを頼むたびに私に聞くのだ?

自信ないんかい!

 

 

何でネパール人がインド料理とタイ料理ばかり作ってるんだろうね〜。

 

この店長ももしかして気づいてないのかもしれない。

自分はネパール人だからネパール料理の方が美味しく作れるということに・・・

 

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
その他料理
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. […] ハムエッグにドバドバ醤油をかけて食べるのが最高だ。 […]

  2. […] 昨日の朝食はハムエッグ丼。 […]

タイトルとURLをコピーしました