人の人生ではあるけれど〜突然の引っ越しでいなくなる隣人たちにいったい何が?

ソーシャルグッド
スポンサーリンク

突然消える人たち

 

私は不動産屋でもないしマンションの管理人でもない。

だから近所の住人が突然引っ越したからと言って驚くことはない。

 

引っ越しの挨拶をする義務もなければ引っ越し先を報告する義務もないからな。

しかし最近引っ越ししていかれた方たちはなんだか気になるところがあった。

 

私が住むマンションは3階建てという低層マンションで、築年数も40年近くとたいへん古いマンションだ。

しかし駅まで30秒という立地に加えマンションの一階がミニスーパー。

 

コンビニにも大型スーパーにも1分以内の徒歩圏内という、スーパーコンビニエンスな環境の中にある。

なので古いにもかかわらず、空き部屋が出てもすぐに埋まってしまうという人気のマンションとなっている。

 

私はここに引っ越してきてかれこれ5年目になろうとしている。

このマンションの住人としてはもう割と古い方かもしれない。

そんな住居数が少ないマンションだから、住人の方達とは挨拶も交わすしいろんな話をする機会がある。

 

ところが最近立て続けに2つの家族が引っ越しして、このマンションを出て行った。

つい先週引っ越しされたご夫婦は、私と同年代でこのマンションに引っ越してこられてまだ1年足らずだった。

 

同じ階のお向かいさんなので挨拶もしたしよく話もした。

ところがそのご夫婦が先週突然の引っ越し!

 

夕方というか、もう暗くなってから引っ越しされたらしく、私はすでに酔っ払っていてまったく気がつかなかった。

もちろん引っ越し当日わざわざご挨拶に来て欲しいとは言わない。

 

しかし引っ越し前日には奥様と立ち話をしたばかりだったのだ。

そのときに一言くらい言ってもらえればとは思った。

 

しかしよくよく考えると、以前はご主人は毎朝ネクタイを締めて通勤されていた。

私も朝ゴミを捨てに行くときに会うので、『いってらっしゃい』と声をかけたことがある。

まるで世田谷のマダムのように会釈をしながら。

 

ところが最近はそのご主人が通勤されている様子を見たことがない。

ときどきゴルフクラブを持って近くの打ちっぱなしに練習に行かれるのは見たが、それは普段なら仕事されている昼間の時間だった。

 

もしかするとこのコロナ禍でご主人は仕事をクビになったのかもしれない。

年齢的に会社から一番クビを飛ばされそうな年代だ。

 

もしそうではなかったとしても、夜にバタバタと引っ越しするのは尋常ではない。

きっと何か人に言われぬ理由があったのだと思う。

今思えば、前日お会いした奥様もどことなくぎこちなかった。

 

まあ人の人生だから私がとやかく言う必要はない。

ただの賃貸マンションだからそれなりの人間関係だ。

 

しかし突然いなくなったのはそのご夫婦だけではなかった。

そのもう少し前にも同じフロアにひとり暮らしのおばちゃんがいた。

 

そのおばちゃんもコロナ以降仕事に行かなくなっていた。

昼間、ずっと家にいるからおかしいなとは思っていたが、だからと言って会社からテレワークを命じられるような職種でないことは知っている。

 

明らかにあのおばちゃんも職を失ったに違いない。

そしてそのおばちゃんに限っては、いつ引っ越したのかいつ消えていなくなったのかすらわからなかった。

 

ただ、消えたあとの部屋に何人かの男が尋ねてきたのを覚えている。

私の想像でしかないがちょっとめんどくさい人たちに見えた。

 

もしかしてあのおばちゃんはロシアのスパイだったのか!?

日本の公安警察に追われていたのかも・・・

 

それとも未来から来たお尋ね者という線もありゆる。

ということはあの男たちは時空警察だな。

 

文字数稼ぎにつまらないことを書いてしまった。

おばちゃんはどう見てもロシア人にも未来人にも見えない。

 

あの男たちはおそらく・・・

 

金融関係だったと思う。

 

スポンサーリンク

コロナが変えた街の様子

 

政府による緊急事態宣言が続く中、飲食店の中には時短営業をやめてお酒を出し始めたお店が増えたらしい。

理由は給付金が支払われないため営業せざるおえないということだ。

 

それはそうだろう。

本当にコロナで死ぬか経済で死ぬかの選択になっている。

 

ところが経済的に殺されかけているのは飲食店だけではない。

その周辺にいる方たちも生活できずに苦しんでいるはず。

さらに非正規雇用のみなさんの多くが職を失い、毎日の食事もままならない方が大勢いると思う。

 

ある記事では、日本の人口の1/3が経済危機を感じていると報じている。

しかし相変わらず富裕層の資産は安泰だ。

 

なぜなら株価が下がらないからである。

ただしこの株価を支えているのは日銀や大手投資信託による株の買い支えによるもの。

これがいつまで続くかはわからない。

 

最近この小さな街を見て気づくことがある。

それは小さな街だからこそよく顔を見かける方が何人もいる。

 

いつもなら仕事をしている昼間なのに顔を見るようになったことだ。

中にはテレワークで自宅でお仕事という方もいるだろう。

しかし様子を見ればなんとなくわかる。

 

思わず大丈夫だろうかという目で見てしまう。

 

私が少しばかり支援させていただいている国際NGO『グッドネイバーズジャパン』から定期的に活動の報告がある。

実は2ヶ月ほど前にこの団体の職員の方から電話をいただいた。

それは寄付の増額についてのお願いの電話だった。

 

その声は切羽詰まっていて丁寧ではあるが必死の訴えでもあった。

とにかく困窮しているひとり親世帯が急増していて、支援が追いつかないということだった。

 

私もそんなに余裕のある生活をしているわけではないので、はいそうですかと言って寄付の増額を受ける気は無かった。

しかしあらためて調べてみると、とっくに政府が言う『自助』でなんとかなる段階は超えている。

 

国や自治体の『公助』が行き届かないなら、誰かが『共助』の手を差し伸べないとコロナの前に経済で人が死ぬ。

 

助けよう。

誰だか顔もしらない人たちだが、誰かが助けなければならない。

 

そして助けられてほしい。

顔も知らない人たちの支援で、今を困っている人たちは助けられればいいのだ。

 

 

国際NGOグッドネイバーズジャパンの取り組み

 

このNGOの活動だけでも3ヶ月間に約3000世帯の家族が助かっている。

しかし日本中にはこの何倍もの数の生活困窮者がいる。

 

※グッドネイバーズジャパンのHP

 

国際NGOグッドネイバーズジャパンのトップ画像

 

それにしても次は誰が引っ越して行くのか・・・

それぞれの人生だから考えてもしょうがない。

 

人生はときどき苦い酒のような味がする。

 

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. はらりん より:

    おはようございます。私も一昨日、ミヤシタパークからセンター街を歩いていました。

    渋谷横丁はガラガラでしたね。お店の賑やかな外観とは裏腹に、全くお客さんのいない店内とのギャップが大きすぎて思わずガン見。

    センター街も空きテナントが目立っていましたね。閉店された飲食店や飲食に伴なう業種の方達。。大丈夫かなあ。しんどいだろうに。心配です。

    センター街も奥まで行くと、昼間から営業している居酒屋さんも散見されましたね。店内は満席で楽しそうに酔っ払っている人達を見て、もう本格的にコロナ対策の統制は取れていないんだなあ、と思いました。

    • はらりんさん

      コメントありがとうございます!

      はらりんさんもここを歩かれましたか。
      さすがにあの賑やかな外観でお客がまったくいないのは違和感がありますよね。
      渋谷でたまに行くクラフトビールのお店があるんですが、そこはビールを出しているようなのでよほど行こうかと思ったんですが、さすがにそれをブログで書くわけにもいかないのであきらめました。

      政府のチグハグな対応のおかげでもうみんな言うことを聞かないですよね。
      居酒屋で酒を飲むよりオリンピックの方があきらかに危険だと思います。

  2. パンミミ より:

    おはようさん。こっちは豪雨の後の小雨、曇り、今は晴れてきてます。
    最近週末を狙った仕事依頼が続いていて何とか断ろうとしたのですが、結局受けることになり..。今日中に何とか目途をつけてしまいたくて…なのにブログがいつもおもしろくてコメントしたくなります。

    昨日の記事もコメしたかった「離婚」というテーマ。うちは若い時に二人とも経験済みです。あとから思うと私なんて完全に慰謝料もらえた状況だけど早くリセットしたくて損しましたわ…それでも気付いたら25年超~。普段はめったに喧嘩しないけど先日とあることで私がぶちぎれて「離婚におわせ」宣言。数時間話し合って解決しましたが。ところで長年厚生年金の共働き世帯の場合は年金分割はどうなるんだろう。多分ほぼ同じなら分割しても意味がないんだろうね…。

    で今日の記事。うちは外資系が長かったから部署ごとなくなったりザラで相方などITというコスト部門だったからリストラは数えきれないほど経験しています。一番ひどかったのは夏休みだかでアメリカに滞在中、オフィスにも遊びにいった日の夜にリストラのメール。さすがに茫然として翌日の予定はキャンセルしましたね。でもそれ以外はリストラ当日も会社の人達とカラオケして帰ってきたり、と打たれ強くなった。それも人生、運みたいなもの、とポジティブ思考が必要ですね。しかも世の中、失業者だらけのコロナ禍。堂々と「コロナ失業なんですよ、、もう、、、早く収束してほしいわ。」と言えるようになりたいものです。

    そういえばGNP、ごく少額ではありますが申し込んでみました。動物保護団体の支援以外では母と昨年からこども食堂の食材支援をしていますが、本当に必要な子供の手に渡っているのかなぁとも思うときもあります…。それでも誰かの助けになっているならいいね、とも話しています。

    • パンミミさん

      コメントありがとうございます!

      東京は今日は大雨です。
      さほど風は強くないですが、雨の前にお散歩行けたのでよかったです。

      お、離婚の危機があったんですか(笑)
      その場合の年金分割はもしかするとパンミミさんからご主人様へ分けることになるかもですね。
      最悪ですね。
      なんとか離婚は回避しましょう!

      ご寄付いただいたんですか!
      ありがとうございます。
      子供たちからのお礼のメッセージが届いたりしますから楽しみしてください。
      ありがとうございました。

  3. BUPPA より:

    今日も心にしみました。
    近所でも救急車の音がまだまだ頻繁に聞こえます。
    ご近所さんが消えちゃうのはさびしい!

    • BUPPAさん

      コメントありがとうございます!

      アメリカやイギリスではすでにワクチン接種が広がって経済も回復基調だそうです。
      日本も早くそうなればいいですね。

タイトルとURLをコピーしました