親の介護はしないという選択に賛成!子供の人生を奪ってまで生きていたくない

ゆいまる
スポンサーリンク

親のことでもあり自分のことでもある

 

ある30代の男性の悩み相談だ。

60歳の父親が病気で倒れ急に介護が必要になったとのこと。

 

婚約している彼女とは近々結婚する予定だったが、父親の介護と介護費用のことを考えると結婚を諦めなければならないと思っている。

しかし彼女とは別れたくない

自分はいったいどうすればいいのかという相談だ。

 

この相談に回答しているのはタレントの毒蝮三太夫さん。

毒蝮さんの回答はよく読んでないが、おそらくこういう悩みを抱えている人たちは、日本中にたくさんいるのだろうと思った。

 

介護のために結婚を諦める。

介護のために仕事を辞めた。

介護のために離婚した。

介護のために人生を諦めた。

 

親の介護に悩んでいる人たちのことは毎日のようにニュースになっている。

しかしこれだけでは終わらない。

つい最近のニュースだが、85歳の夫を介護疲れから77歳の妻が首を絞めて殺そうとした殺人未遂事件。

 

長い人生を共に歩んできたはずの夫婦が、介護という問題で最後は殺人事件にまで発展する。

老老介護も悲惨な現実であることは間違いない。

 

こうなっても介護はしなければならないのか?

殺人事件になるまで自助努力を要求されるものなんだろうか・・・

私にはよくわからない。

 

たぶんに誤解を招く発言かと思うが、介護できなければしなくていいと私は思う。

子供も親の介護をするかしないかは個々の家庭の事情で考えればいい。

子供が親の介護をするのが当然のようなことが世の中の風潮としてあるから、子供が自分の人生まで諦めなければならなくなる。

 

できないんだったらしないだ。

 

私が薄情なのかもしれないが親と子供が心中する必要はないだろうと私は思う。

先ほどの結婚を諦めようとしている30代の男性ももっと公助に頼ってみてほしい。

私は詳しくないがきっと世の中の制度でどうにか救える方法があるはずだ。

 

介護も人によって介助の度合いが違う。

しかし病気で倒れてそれで介護が必要になったというのなら、それは医療制度で救うべきなんじゃないか?

 

若い頃に大病に罹ったからといって、自宅で家族が看護しますなんて話は誰も聞いたことがないだろう。

それがただ老人に代わっただけの話じゃないか。

 

たまたま30代の男性のことがニュースになっていたので目に止まったが、このブログの読者の方にも

介護で大変な思いをされている方は多いと思う。

しかし私には介護という言葉はずっと他人事のように聞こえてあまり関心もなかった。

 

私のように親がいないと親の介護というものを全く想像すらできないというのが本音だ。

どちらかというと、介護については私が娘に介護される立場ということであれば、よく理解できるしいくらでも想像できる。

 

だからこそ子供が親の介護をしないという選択に賛成するのである。

 

私の母親は生きてはいるが、今まで一度も一緒に暮らしたことがないからさすがに私に介護を頼もうとは思わないだろう。

それにまだまだ元気で動けなくなったら自分で施設に入るとも言っている。

まあ兄弟や親戚も近くにいるし本人もさほど心配してない様子だ。

 

私が親を必要としている時に親はいなかった。

おかげで親の介護に悩むこともないのかもしれない。

 

しかし娘は私の老いから目を背けることはできない。

私が娘を大事に育ててきたことなんて当たり前のことだから負担に思うことはない。

 

だから介護も当たり前などと思わないでほしい。

やれるならやれ。

やれないなら私がなんとかする。

 

 

スポンサーリンク

今日のゆいまるくん

 

東京はしばらく雨が続いたので紫陽花も勘違いしたのかな?

それとも例年こんなに早くから紫陽花が咲いていたのか・・・

 

 

梅雨の時期まで花はもつのかな?

それにしても目にまばゆいばかりの緑だ。

 

 

そろそろ早朝の散歩に切り替えないと、日中は暑くてゆいまるくんもバテ気味だ。

帰ったらキウイあげるからもうちょっと頑張ろう!

 

『お前な〜、わかってると思うんだけど俺はキウイよりもいちごが好きなんだよ!』

 

『はぁ〜!いちご食いて・・・考えただけでヨダレが出るぜ』

 

ベロリンチョ。

 

てか、もうイチゴの季節は終わりなんだよ。

 

『何〜〜!!!いちごは来年までお預けかよぉ』

ベロリンチョ。

 

 

『歩く気しねえ』

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はザ・日本の朝食。

納豆、切り昆布煮、海苔、イワシの丸干し。

 

 

この丸干しがめちゃくちゃ美味しかった!

これは朝食には最高だ。

これ日本人しか食べないんだろうな〜。

アメリカ人が食べたらあまりの美味さにびっくりすると思うけど・・・

全米が泣くぞ!

 

 

ランチはベトナムのなんとかっていうスープの素で作ったビーフ味のフォー。

麺は冷麦。

 

このスープが絶品!!

なんだこの美味さは。

豚肉とキャベツをスープで煮込んで、自家製パクチー、紫玉ねぎ、ネギ、茗荷、ライムをトッピング。

 

ライムをギュッと絞るとライムの酸味がスープの味を引き立てる。

最高か!

 

休肝日の晩ごはんは青椒肉絲。

ごはんがモリモリいける。

LOCABOで炊いたごはんだから糖質45%カット。

しかし45%増しの量を食べてるから全部チャラww

 

 

自転車に乗るのも、車の免許返納も、おおよその死ぬ時期も、全部自分の意志で決めたい。

介護を断れば長生きもできないはずだ。

 

そうすればおおよその寿命を自分で決められる。

 

それが一番いい人生の終え方のような気がする。

 

 

※昨日もたくさんのコメントありがとうございました!

二つのランキングに参加しています!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
二つのランキングに参加してます!
もしよろしければ下の二つのバナーをクリックしていただけるとたいへん嬉しいです。 お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
ぺこりーののYouTubeチャンネルはこちら
ゆいまる料理老いるということ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメントありがとうございます! いつもコメント楽しみに読んでいます。 しばらくお返事ができませんがコメント頂けたら嬉しいです!

  1. […] ランチは揖保乃糸の冷麦。 […]

タイトルとURLをコピーしました