人はいかようにも変われるという驚愕のできごと〜笑っちゃうくらい変わりすぎじゃね?

クラフトビール
スポンサーリンク

政治家も皇族も

 

人はいかようにも変われるものだと思う。

まだ娘が保育園に通っていたころ、ミュージカルの劇団にはいっていたことがある。

娘はもっぱら動物の役だった。

娘は早く人間になりたいと妖怪人間ベムみたいなことをいつも呟いていた。

 

妖怪人間ベムと聞いてピンときた人とは友達になれそうだ。

 

主役はいつも劇団で一番偉い先生が決めるのだが、誰もが主役にはなりたいもののその重圧は子供ながら大変なものである。

だから主役に抜擢されて泣き出す子供もいた。

 

しかし、泣きながらもその重圧に耐えて主役として稽古を続けていくと、いつのまにか堂々とした主役になっているから不思議だった。

弱虫だったちびっこがこうなるのかと驚いたものだ。

人は変われるもんだな〜とつくづく実感した。

 

仕事でも同じような経験がある。

まわりの役員連中は反対するなか、女性の部下を部長に抜擢したことがある。

みんなまだまだそんな器ではないと言い張ったが、しかしその女性部長は過去最高の売上を作ってみせた。

 

人はその器に入ると、器の大きさに応じて自分の形や大きさを変えることができるのだと思う。

大きな器を任せるとちゃんとその器の大きさに勝手に育つのだ。

 

ただ器の大きさはそのままで色だけ変えようとする人がいる。

そういう人はなぜか本当の器量は小さいままなので、結局何をやっても成長しない。

 

小室圭さんと眞子さまの結婚のことがずっと話題になっているが、初めてお二人揃っての婚約会見を見た時には、小室さんはすでに皇室の方のような話し方だった。

皇族でもないのに皇族のように話す小室さんを見て、当時私はあの会見が虚飾のように見えて絶対にうまくいかないと確信したのを覚えている。

 

結果は案の定、親の借金事件で週刊誌に追われる人となってしまった。

 

他にも元アイドルから政治家になられた方が何人かいるが、この方達もいつのまにか政治家のような話し方になっている。

人は変わってないのに話し方だけが変わるという違和感。

それに違和感を覚えるのは私だけだろうか?

そのように立ち振る舞わなければならない、何か型のようなものがあるのだろうか思ってしまう。

 

アイドルを政治家として国民が選んだ理由は、みんなに麻生さんや二階さんのようになってほしいわけじゃないだろう。

そんな旧態依然とした型にはまらないところに、国民の期待値があったと思うがいかがだろうか。

 

何か日本人はそうあるべきという考え方が人一倍強いように思えてしまう。

挙げ句の果てに期待されない人に変わってしまっている。

 

話は戻って小室さん眞子さまのあの婚約会見を多くの人が見たと思うが、眞子さまは皇族だからともかく小室さんまで『月のようなお方でござりまする』などと言う必要はないだろう。

いかにも打ち合わせしてきました的な『太陽のようなお方』『月のようなお方』というくだりに私は辟易した。

 

しかしあの婚約会見からもう4年がたっている。

まさかのことだったが、お二人がここまで変わらぬ愛を貫いていらっしゃる姿を拝見すると、まんざらただの小芝居ではなかったのかとも思う。

もしかしてあの太陽と月の話は打ち合わせなしだったのかもと思えてきた。

 

世間が言うように、小室さんが金目当てで結婚しようがなんだろうがもういいじゃないか。

2人が本当に結婚したいのであれば・・・

世の一般人の女子だって男の年収目当てに結婚したと言う人はたくさんいるだろう。

 

ただ・・・

そういう動機だと長い長い結婚生活はしんどいぞ〜。

愛がなければただの同居者だ。

 

一生愛のない生活を続けるというのは地獄の苦しみだと思う。

しかもその愛のない女と●※▲をやり続けるって男はさすがに無理だろ!

私はやだな。

 

お二人が皇室を離れて自分たちの力で生活されるというのだったら、まわりがとやかく言う話でもない。
冒頭にも言ったように人はいかようにも変われる。

一般人としてお二人が幸せな家庭を作られることで、何が目当てで結婚されたのかはいずれ世間に証明ができるというものだ。

 

もしかすると小室さんは本当に太陽で眞子さまは本当に月なのかもしれない。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はバタートーストと野菜スープ、アイスコーヒー、チーズ。

 

 

熱々のやさいスープにアイスコーヒーって変な季節感だ。

季節の変わり目っていろいろ歪なことが起きる。

 

バタートーストってうまいね!

 

 

ランチはお気に入りのストレート麺で豚骨ラーメン。

いい感じのビジュアルだ。

 

 

私を30代で痛風にした豚骨ラーメン。

いまだ痛風の薬を飲みながら豚骨ラーメンを食べている。

どうしようもないね。

 

 

久しぶりに夕方からビアバーへ行ってみた。

最近はABVの高いクラフトビールをパイント1杯飲むと酔っ払う。

ずいぶん安上がりになったものだ。

 

このビールは大好きなGIGANTIC IPA。

うまいな〜!

 

 

酔って作ったワンプレートごはん。

 

右上の丸いのは冷奴。

ジンリッキーに冷奴って・・・

酔ってスーパーに行くと意味不明なものを買ってくるから危ない。

 

 

どうやら小室さんが今年中に一時帰国されることが決まったらしい。

するとまたお二人で会見を開かれるのであろう。

 

久しぶりにまたラブラブなお二人を拝見できる。

 

小室さんの皇族トークが楽しみだ←コラッ!

 

 

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. マリコ より:

    おはよう御座います。

    大笑いしちゃいました。
    楽しいです。

    ペコリ-ノさんのお洒落で明るい雰囲気は、ご夫妻の雰囲気でもあるのでしょうね?
    夫婦って同じような雰囲気の人で無いとぴったり来ないですもんね。

    おっしゃるように、真子様&小室様もどの皇族方より一緒に居てぴったりの雰囲気です。

    また持論をお聞かせください。楽しみにしております♪

    • マリコさん

      コメントありがとうございます!

      今日は皇室か総務省からクレームがはいらないかとビクビクしてました^^;
      若い二人があそこまで結婚したい言ってるんだから、微笑ましいじゃないですか。
      私だって皇族の方と結婚してたらあんな風に話してますよ、きっと。

  2. メウ より:

    私は小室さん母子に、足るを知る、身の丈にあった生活をする、自分で使うお金は自分で稼ごう、という言葉をプレゼントしたいです。国民の血税を使わないで!
    ところで、ペコリーノとはイタリアのチーズですか?

    • メウさん

      コメントありがとうございます!

      小室さん親子はまだまだいろんなことが出てきてますね。
      小室さん自身の経歴詐称疑惑や母親の疾病手当の不正受給とか。
      おそらく前途は多難かと思います。

      あ、そうです。
      以前はpecorino romanoというハンネを使ってたんですが長すぎて短くなりました。

  3. Kay より:

    「妖怪人間ベム」、関西ではしょっちゅう再放送していました。
    あれは子供向けの番組だったんですか?
    怖くて泣きそうになりながら観ていた覚えがあります。

    小室さんの皇室トークネタ、笑けました。^^
    日本の人の、特に女性の話し方、不思議に思うこと多いです。
    若い女性の声が高い。電話だとおばちゃんでも高い。
    あとエレベーターやバスガイドのお姉さんのしゃべり方に特徴ありますよね。
    ちなみに、タレントから政治家になった人はしゃべり方も変わりますが、
    急にメガネかけ出したりするのも笑けます〜ww

    • Kayさん

      コメントありがとうございます!

      お久しぶりです!
      妖怪人間ベムご存知ですか?
      たしかに何度か再放送されてましたね。
      怖い漫画でした。

      アイドルならアイドルみたいな政治家になった方が面白いと思うんですが、なんでああなっちゃうんでしょうね。
      ほんとイミフです。
      また小室さんのトークが見れるのが楽しみ〜(笑)

タイトルとURLをコピーしました