最近の面白いニュース!〜タイトルを読むだけで酒が飲める

料理
スポンサーリンク

実は菅首相が一番面白い!

最近のと書いたが、今日ここで紹介するニュースはぜんぶ昨日1日のニュースだ。

その証拠にYahooニュースのスクリーンショットを撮影しておいた。

 

毎日誰かがやっているわいせつ事件から老人の話、介護、がん、菅首相と、この緩急織り交ぜたバラエティ感がすばらしい!

またニュースのタイトルがいずれも短文にもかかわらず、わかりやすくよく考えられていると感心する。

 

元々日本には俳句や短歌のような文化があるから、限られた文字数でもその世界観を表現することに長けているのだろう。

その日本文化がYahooニュースのタイトルにも生かされているということが、毎日欠かさずニュースを読んでいる者からすればよくわかる。

 

ニュースのタイトルはもはや近代文芸の域に達していると言っても過言ではないだろう。

もしかすると新たな流派でも生まれるかもしれない。

 

野風(Yahoo)派

具乃詩(グノシー)主義

 

みたいな・・・

 

Yahooニュースのスクリーンショット

 

マツコ・デラックスの体臭の話などどうでもいいような気がするが・・・

これがニュースになること自体がニュースでありバカバカしくて面白い。

 

こう書かれると、マツコ・デラックスの脇のあたりはどうなっているのかたいへん気になってくる。

目に染みるほど臭うのだろうか。。。

 

「毎日テレビを見るの老人ばかり」キー局が冷や汗をかく”テレビ離れ”の最新データ

このニュースは日本国民がいかにテレビを見なくなったかというニュースである。

しかしこれはずいぶん昔から言われ続けてきたことだ。

特に10代や20代の若者は2人に1人しかテレビを見ない。

若者世代が見ているのはネット動画だ。

 

これは何を意味するかと言うと、テレビのコンテンツよりもネット動画のコンテンツの方が若い世代には面白いというその一言に尽きる。

 

1日中バラエティばっか。

芝居じみた通販番組。

番宣のためのゲスト出演。

大食いに大盛りに激辛だけのグルメ番組。

何回見せれば気が済むシャワーとウーバーイーツのCM。

 

私でも見たくない。

 

そして今テレビを見ている人はどんな人かというと、もうおわかりかと思うが年寄りばかりなのだ。

だったらもっと年寄りが喜ぶ番組を作ったらどうだ?

 

米寿さんいらっしゃい!

ばあちゃんはキレイだった

京都地検の老婆

坂上老人王国

爺スマ

爺様のブランチ

 

年寄り見るかな?

 

なんと妻が28歳年上の夫婦「避けては通れない介護も、むしろ合理的」

このニュースを笑い話にしてはいけない。

女性が28歳も年上なのにご結婚されたのは、ひとえにご主人の純粋な愛情ゆえのことだからだ。

ただ、それを老老介護にはならないから合理的というのはどうなんだろう。

 

ご主人が60歳のときに奥様は88歳。

十分老老介護だ。

そして人はいつ死ぬかはわからない。

 

ただ、このニュースでも笑いたいところがある。

それはこの二人の出会いが出会い系サイトであること。

どちらかが検索の仕方を間違えたんじゃないのか?

 

そしてもうひとつ大笑いしたいところは、ご主人が熟女好きだということだ。

そりゃ仕方ないな。

お幸せに!

 

スカート内にスマホ差し入れ 容疑の大阪国税職員を逮捕

 

まあこの手のニュースは1日に何度か目にするので珍しくもなんともない。

しかし今日のニュースは他のわいせつ事件とはちょっと違った。

なんせ容疑者が大阪国税局北税務署の上席国税調査官だったからだ。

 

逮捕されて『女性のスカート内を税務調査していただけだ』とか言ってくれると面白かっただろうに。

大阪人なんだからいついかなるときも笑いを取りに行くべきだ。

しかしこの容疑者の言い訳はこうだった。

 

『しびれをとるために右腕を曲げ伸ばししていただけ』

 

つまらん!

 

東京五輪「無観客も辞さない」「異例の開催」と言うけれど…菅首相の“やらかし発言”が面白すぎる

さすが文春さんである。

私も同じことを思っていたのだが、プロの書きようは一味違っている。

いわゆる誉め殺し。

 

この記事はスクショには載ってないが、実はYahooニュースのトップ記事なので一番上に掲載されていた。

お気づきの方も多いと思うが、菅首相はずっと観客を入れてオリンピックを開催したいと言い続けてきた人だ。

その方が『無観客も辞さない』という言い方は明らかにおかしい。

菅首相が言うとするなら『無観客もやむおえない』と、多少無念さを残す言い方じゃないと意味が通じない。

 

次の『異例の開催』というのも滑稽だ。

『緊急事態宣言の下で異例の開催となった』と菅首相は会見で言っていたが、『異例の開催』を決めたのは菅首相本人だ。

異例に開催されたわけではない。

 

とにかく菅首相の発信力のなさにはがっかりするが、そもそも首相として必要なスキルを何一つ持ち合わせていない方のように見える。

まるで丸腰のリーダーだ。

 

さて今週からまた緊急事態宣言が始まった。

また菅内閣の誰かがやらかしそうな雰囲気だ。

 

今日のニュースも楽しみにしておこう。

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

 

嫁とらんまるの祭壇に供える花。

今日は鮮やかな黄色のカラーだ。

カラーは私の好きな花。

首の長いカラーは品がいい。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はホットサンドとコーヒー。

中身はレタス、ハム、ベーコン、目玉焼き、マヨネーズ。

 

 

ランチはいつものミート丼

 

 

豚ロースの生姜焼き、チョリソー、肉団子、煮卵、キムチ。

茶色い食べ物はうまいという法則は間違いない。

 

 

晩ごはんはサラダバー。

海老とブロッコリーのサラダ、クレイジーソルトチキン、きゅうりの浅漬け。

 

 

刻んだ野菜をタッパーに入れると冷蔵庫の収まりがいい。

しかし写真の見栄えは最低だな。

 

チキンソテーはクレイジーソルトを振って焼いただけの簡単料理。

クレイジーソルトってそれほどクレイジーにうまいとも思わないのだがそれは私だけだろうか?

そんなにハーブの味もしないしただの塩としか思えん。

 

 

偉い人って本当に余計なことを言う。

昨日はIOCのバッハ会長がとんでもない発言をしたニュースが流れていた。

よりによって私たち日本人をチャイニーズピープルと言い間違えるとは・・・

 

金メダル級のミスだ。

 

さらにバッハ会長は『五輪開催を恐れる必要はない』とも言っている。

緊急事態宣言がまた発出されたばかりというのに、いったい何を根拠に言ってるのだろうか。

無責任過ぎて呆れてしまう。

 

日本国民がオリンピック開催を素直に喜べなくなったのは、単にコロナウィルスのせいだけだと思っているのだろうか。

我々はそういうIOCの上からものを言う姿勢に辟易しているのだよ、バッハさん。

 

ニュースはその人の人柄までを伝えてくれる。

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました