実はシニア起業は成功率が高いという事実!〜シニアの仕事は起業というスタイルに変わる

料理
スポンサーリンク

ベンチャー=若いというイメージ

 

特にテクノロジー系の事業だとこう思われていると思う。

実際のところ私もそう思っていた。

 

それは時代の寵児とも言えるアップルの創業者スティーブ・ジョブズやFace Bookの創業者マーク・ザッカーバーグなどのイメージがあるからだろう。

 

スティーブ・ジョブズがアップルを創業したのが21歳のとき。

ザッカーバーグがFace Bookを始めたのはなんと19歳のときだった。

 

そういう強烈な事例が印象に残っているため、ベンチャーの起業家たちは若いと思われているのだと思う。

 

しかしアメリカで行われた調査によると、高成長スタートアップ起業に絞って起業家の年齢を調べたところ、その平均年齢は45歳であることがわかったというのだ。

 

意外にみなさんアイデアだけでなく、経験も積んだ上で起業したことがうかがえる調査結果だ。

 

平均が45歳ということは、その平均年齢を上に引き上げている人たちの中には、きっと私くらいの年齢の方もいるのだろう。

 

私はブログでよく死について書いているが、『死ぬ死ぬ』言うな!とこの方たちに怒られそうだ。

 

 

 

スポンサーリンク

シニア起業は成功率も高い!

 

しかもシニア起業は成功率も高いという結果も出ている!

20代と50代を比較してみると、50代で起業した起業家のほうが20代の起業家よりも約2倍の成功率になっているという。

 

その理由としてはやはり経験だ!

特定の分野での専門的知識や知見が大きく成功率に関係していると分析されている。

 

仕事に限らずだが、やはり経験の有無というこの差は大きい。

 

では先程のスティーブ・ジョブズはどうかというと、ジョブズが起業したのは21歳のときだったが、アップルの主力商品となった『iPhone』を発売したのは彼が52歳のときだったのだ。

 

またAmazonの創業者ジェフ・ベゾスも書籍通販から全商材の通販にシフトしたのが45歳のとき。

やはりシニア世代になって、共に事業の成長の成功を果たしている。

 

また、マーケットとしてのシニア世代も魅力的だ。

 

これもアメリカの調査だが、アメリカの50歳以上の人口が1億1,740万人と全人口の約35%を占めていて、この年代だけで国内GDPは40%にものぼる。

その額は日本円でなんと870兆円!

 

これだけの経済を生み出しているのだ。

なんともすごい!

 

それによりシニアの起業家もどんどん排出されている。

オランダの83歳になるドアーン氏は、高齢者向けのセキュリティアプリを開発していて、今年2021年に販売開始の予定だそうだ。

 

また薬の効果を最大化するアプリを開発しているスタートアップ起業の創業者は、68歳と69歳という年齢。

 

これまで私も老後も働こうと言い続けてきたが、ただ働くのではなくそれまでの知識や経験を生かして、さらにシニアというライフスタイルまで利用して起業するという選択もあるということを、これらの先輩たちは教えてくれている。

 

世界中のシニアは頑張っている!

シニアが事業を起こし消費し経済を支えている。

 

なんとも心強い話だ。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食は焼きサバ定食。

いつもの昆布サバだが、脂の乗りがすごかった!

サバのA5ランクだ。

 

 

 

ランチは前日の焼き肉の残りで作った焼肉丼。

タレがしみたご飯はA5ランク!!

 

肉いらんし。

 

 

 

 

夜は下高井戸の居酒屋に行った。

緊急事態宣言が発令されるからと言って、飲み納めに行ったのではない。

家からまたく出ないので外の空気を吸いに行ったついでだ。

 

 

カウンターもアクリル板で仕切られ、入り口にはアルコール消毒と検温モニターが設置。

椅子も間引きされて十分にソーシャルディスタンスが保たれている。

それでも営業自粛とは飲食店も本当に辛いだろうな。

 

 

 

この居酒屋の一番人気である梅いわしの天ぷら。

A5!

 

 

 

いも焼酎は、ロックでたっぷり2杯は飲める量が徳利にはいってくる。

すばらしい!!

A5!

 

 

 

 

お祭り納豆小サイズ。

いろんな食材が納豆を介して混ざり合う。

うまいね〜!

A5!

 

 

 

しかしこのコロナ禍において、あえてこの時期に起業しようと思う方も少ないだろう。

ただ、今だからこそ世の中に必要とされるサービスやテクノロジーがあることも間違いない。

 

世界の経済は大変だが投資家のお金はダブついている。

いいアイデアにはお金は集まりやすいのではないか?

 

次のスティーブ・ジョブズはあなたかもしれない

 

 

 

昨日は388人の方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

昨日は388人の方に応援ポチいただきました!ありがとうございました!

いつもブログを読んでいただいて、そしてこっそりポチッと応援していただいているみなさんに心から感謝申し上げますm(_ _)m
拙い文章を読んでいただいたうえに、さらに時間がかかる応援ボタンを押してとお願いするのはたいへん心苦しいです。
でもこれが励みになってます!
ありがとうございます!

お気軽に読者登録してくださいね!
嫁より長生きしてしまいまして - にほんブログ村
料理 時事ネタ 老いるということ
スポンサーリンク
嫁より長生きしてしまいまして

コメント

  1. 私が好きな時事英語のメルマガ読者は50代以上が80%強を占めています。
    より良い自分になるため頑張っている中高年は意外と多そうです。
    時間が限られてきたからこそ真剣になるのかもしれないですね。
    有り余る自由時間があった20代の自分にもっと勉強せえ~って言いたいw

    • Kayさん

      コメントありがとうございます!

      私も英語くらい喋れるように勉強しておけばよかったです。
      今からでも遅くはないと言われるかもですが、歳とともに日本語のほうも危うくなってきているので無理です!
      今からはじめようかと思っていることは絵を描こうかと思ってるところです。

  2. とても興味深い記事でした!
    私も諸事情で年金がないので まさに、この記事の通りで自分の力でお金を産んでいかなければならない立場なのですが、なんだか励まされた気分、、、、、規模は自分が好きに生きていけるくらいの金額で良いという慎ましいものですが、未知な領域で毎日武者震いです。
    そんな時読んでほんと元気でました。ありがとうございます。

    • ArtAnneRoseさん

      コメントありがとうございます!

      参考になったようでよかったです!
      離婚やその他の事情で無年金という方も多いと思いますが、それはそれで受け入れて頑張るしかないですよね。
      でもアーティストに定年はないので大丈夫ですよ!
      私の知人も最近絵が売れだして喜んでいるんですが、絵を売る手段を悩んでいます。
      個展に依存すると体力を経費がかかりますよね。
      私は貸し出すのが一番いいと思ってます。

  3. ぺこりーのさん初めまして

    いつも高いレベルの文章、料理、そして多くの女性ファンからのコメント、楽しくうらやましく拝見しています。

    今回は一段と私に響く内容でしたので初コメントさせていただきました。

    私は56歳で脱サラ起業、家内と二人だけの会社で6年目を迎えることができました。
    おっしゃるようにシニアがその知識や経験を生かして起業するという選択枝がなんと成立しました。
    定年が無くやりがいのある毎日、脱サラしてほんとよかったと日々思っています。

    すぐブログ1位を獲得したり、待ちで転職できたり、転職のたびに年収を上げたり・・・ぺこりーのさんなら今から起業してもやっていけると思います。
    もうひと暴れしてください。

    食べすぎないよう、お身体を大切にこれからも楽しく深いブログ楽しみにしています。

    • スティックさん

      初コメントありがとうございます!

      なんかすごく嬉しいコメントで感謝申し上げます。
      しかも私の記事通りに脱サラして起業され、成功されているとのこと!
      おめでとうございます!!
      まさにシニアの鏡ですよ。

      何がなんでも起業というわけではないですが、その素養とチャンスを持った方は
      ぜひチャレンジしていただきたいと思ってあの記事を書きました。

      私はここでスティックさんのこれからのますますのご発展をお祈りすることにしておきます。
      食べ過ぎ(笑)
      お気遣いまでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました