副業で稼ぐためのヒント!〜副業こそがきっとあなたの老後を救う

その他
スポンサーリンク

自営力は副業から

 

先日、小学生のなりたい職業の1位が会社員になったという話から、できれば会社員でありながらも自営力を身につけてほしいと書いた。

そしてそれが老後に必ず役に立つとも書いている。

しかしブログを読んだ大勢の方は、じゃあどうやって自営力を身につけるの??

と思っているに違いない。

そこで今日はもっと具体的に自営業で稼ぐやり方を書こうと思う。

 

それは自営業の前に会社員をしながら副業で稼ぐことから始まる。

なぜなら小学生の頃から会社員になりたいのだから、社会人の入り口が会社員だという人が圧倒的に多いことになる。

その方たちに自営力を身につけていただくには、副業で稼げるようになることが近道なのだ。

そしていずれ会社人生を終えたときに、自分のスキルで稼げることを身につけておけば自営への道も少ないリスクで拓けてくる。

それが自由な老後へと必ずつながってくる。

 

ここで紹介することはあくまで私の経験と主観であるから、これ以外に手段がないわけではないので、みなさんなりにその手段を探してみていただきたい。

私の記事はあくまで参考にしてほしい。

 

自営業もいろんなスタートの仕方があると思う。

例えば小学生の女の子に人気があるケーキ屋さんを例にとってみよう。

一番王道と思われるのは、まずお菓子やパティシエの専門学校で調理を学び、その後どこかの洋菓子店やホテルなどで実績を積み独立。

これがケーキ屋さんを自営するためのど真ん中のやり方だろう。

 

お店の場合、まず販売手法が対面なので必ず店舗という箱がいる。

それから調理の設備やケーキを並べるショーケースなどなど。

小学生の頃に夢見ていたケーキ屋さんは、自分でやるとなるとかなりの資金が必要なのだ。

ケーキを食べるのが大好き程度で夢見る職業ではない。

ケーキが作れるだけではダメで、ある程度経営も学ばないと夢の職業にはなれない。

 

夢のない話だな。

 

私がおすすめしている自営力とは、もちろん自分がやりたいことだと最高なのだが、世の中はそうそううまくはいかない。

自営するなど思ってもいない人たちが、あるきっかけで自営力が身に付くことだってあるのだ。

私はできればその方法でいつか自営への道を歩んでもらいたいと思っている。

 

そのひとつの手段としてあるのが冒頭に説明した副業である。

最近の働き方改革により副業OKという企業が急に増えたので、まさに副業は追い風となった。

さらに副業をマッチングするサービスもたくさんできているし、もう昔のように副業をこそこそ隠れてやる必要はないのだ。

 

一時マイナンバーカードで個人情報が一元化されるというニュースが流れ、それで慌てたホステスさんの話がネットを賑わせた。

そうだ。

OLの副業として銀座や大阪の北新地で働く女性は数多いたのである。

私も大勢何人か知っている。

 

当時は副業がバレればクビとまでいかなくても始末書くらいは書かなければならなかっただろう。

またホステスを副業にしている女性は、ほとんど申告していないからそれがまた問題だった。

しかし今となっては、そんなニュースがもう懐かしいくらいだ。

 

堂々と副業をやって自営力を身につけ、ここぞというタイミングで個人事業者として登録する。

これであなたが社長である。

実際に私が頻繁に時々通っていたお店のホステスさんは、OLを辞めて銀座の一等地でスナックをオープンしママとなった。

彼女は一会社員から、副業を通じて晴れて自営業者として独立したのだ。

 

話を戻そう。

では、先ほどのケーキ屋さんの例で言うと、会社員をしながらどうやって副業でケーキ屋さんを目指すのか・・・

実は私はあまり甘いものは食べないので、ひとりでケーキ屋さんに行くことなどほとんどない。

記憶にあるのは、部下の誕生日に自由が丘のダロワイヨでマカロンを買って以来だ。

なので、もう5年以上前の話。

それほどケーキ屋さんには疎い。

 

しかしビジネスとなれば別。

いくらでも副業でケーキ屋さんを目指すアイデアは出てくる。

実際にネットでアイシングクッキーのオンラインショップで独立した友人もいる。

 

友人も最初は会社員だったのだ。

そのアイシングクッキーのオンラインショップをやっている友人は、元々産業廃棄物の会社に勤務していて、アイシングクッキー作りが大好きだった。

私も何度かプレゼントで手作りしてもらったことがあるが、あれは絵心がないと絶対にうまくはできない。

その彼女が作るアイシングクッキーはめちゃくちゃ可愛い。

 

まず仕事のかたわら週末だけ自宅でアイシングクッキー教室を始めた。

同時にインスタへの投稿をスタートし、その映えるデザインがうけて超人気インスタグラマーになってしまった。

今はインスタの威力はすごい!

それから企業などからの依頼も増えて、ある程度売り上げが見込めるようになった段階でオンラインショップの開設に踏み切った。

 

このパターンはケーキやお菓子に限らず、どの分野でも同じような道のりをたどる。

 

スポンサーリンク

私が発注しているスモールビジネスの方たち

 

私も実は仕事で副業(スモールビジネス)をされている方達に仕事を依頼している。

私のように仕事を依頼したい方と、副業で仕事を受注したい方をマッチングするサービスはたくさんある。

以前も紹介したのでここではあえて割愛するが、私がいったいどんな仕事を発注しているかについて、今日は詳しくご紹介したいと思う。

また、その仕事にいくら払っているかも特別に公開する。

 

この半年あまりで依頼している仕事をざっと書き並べてみよう。

 

ライター      あるテーマに対して執筆(5〜6人)
デザイナー     ロゴ制作(2人)
WEBディレクター コンテンツチェック(1人)
カメラマン    商品撮影/動画編集(1人)
デザイナー    デザインパターン作成(1人)
マーケッター   デジタルマーケティング運用(1人)

 

上記にはいわゆる法人の取引先は含まれてない。

完全に個人事業主か、会社員をしながら副業として個人のスキルを活かしてお金を稼いでいる方達である。

そして全員が女性というのも特徴。

 

なぜ女性ばかりかというと、このほとんどの方とはお会いしたことがない。

あるいはオンラインで打ち合わせをした程度。

ほぼメールでのやりとりで仕事も請求も支払いも完結しているので、会う必要もないのだ。

まあコロナ禍というのもあるので、特に今はリアルで会うことはまずない。

 

顔も知らない方とビジネスをやる上で、納期やメールのレスポンスはたいへん重要になってくる。

これまでは男性とも何度か仕事をきたが、実績として女性のほうが納期が早くコミュニケーションもうまくいくパターンが多かった。

それと、単純に私が扱う商材が女性向けのものが多いということもある。

女性の視点が必要なので自ずと女性ばかりになったということだ。

 

さあ、そしてみなさんが一番気になる報酬だが、ざっと以下のような報酬を支払っている。

 

ライター      5000文字 1万円 月額10万〜
デザイナー     ロゴ1個あたり1〜2万円
WEBディレクター   業務次第 1作業5万円程度
カメラマン     商品撮影/動画編集 1日拘束 3万円
デザイナー     デザインパターン作成 1パターン3000円 月額10万〜20万
マーケッター    広告運用費の10% 月額3〜5万

 

いかがだろうか。

私ひとりでこれくらいの仕事を毎月発注しているのだから、世の中の企業がどれほど多くの仕事を外注しているか想像できるだろう。

しかも収入もまあまあだと思う。

私みたいな発注者を3〜4件抱えていれば、副業であれ十分に飯が食えると思うのだが・・・

 

ここまではすでにあるビジネスの副業を紹介してきたが、実は副業で起業というのもたいへん面白いと思っている。

副業だからこそスタートアップ時のリスクも少なく、現在あるネットワークや人材も活かせるというメリットもある。

もしあなたが考えているビジネスのアイデアがあれば、いきなり会社をやめて起業するよりもまずは副業としてやれないか検討してみてはいかがだろうか。

 

きっかけはなんでもいい。

初めて作ったシフォンケーキが、みんなにやたら美味しいと言ってもらえたから・・・

長年通っているヨガの先生に、あなた先生の素質あるわよと言われたから・・・

自分も友人もZ世代だし仲間は大勢いる。だったらZ世代のマーケティング始めたらどうだろうか・・・

趣味の週末農家の動画が人気になったからユーチューバー始めるか・・・

 

などなど。

 

それはそれはたいへん忙しいことになりそうだが、人生においてそういう死ぬほど忙しい時期が一度や二度はあるものだ。

そしてそこを乗り越えるとその後の人生が大きく変わることだってある。

実は私もいろいろアイデアだけは思い浮かぶ。

 

例えば、これだけ世の中が副業ブームになってくると必ず確定申告という問題がつきまとう。

今時確定申告をせずに副業しているのは、先ほどの銀座と北新地のホステスさんくらいだろう。

しかし夜のご商売だろうがなんだろうがちゃんと申告して納税しないとダメだ。

 

私はfreeeという会計サービスを利用して毎年確定申告を済ませているが、それでも年間数万円の利用料を支払っている。

副業レベルならもっと簡易的な確定申告のサービスができないものだろうかと考えている。

スマホのアプリで決算書が作れたり、領収書も写メでOK!

年度末の申告は、電子納税システムのe-Taxが組み込まれていてスマホでそのまま申告が完了。

 

副業が増えれば増えるほど確定申告をする人が増え続けるので、絶対に需要はあるはずだ。

 

さあ、ここに新しい起業のシードがある。

誰か手をあげてみないか?

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

 

昨日買った花はシャクヤク。

まだ咲いてなくても存在感がある。

 

 

さっそく嫁とらんまるの写真の前に飾る。

 

 

そして下高井戸まで買い物に行って帰ってくると・・・

なんと!

あっという間にシャクヤクが開花している。

なんかこの花は咲く場所がここだと知っているかのようだった。

 

嫁とらんまるもこの美しい大輪の花が見えているかな。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日のブランチは野菜たっぷりわんぱくサンド、野菜スープ、キウイ。

 

 

今日は初めてロウ紙だけで包んでみた。

サランラップのほうが包みやすいが、やぱりロウ紙で包んだほうがおしゃれ。

下に敷いてるのはダイソーの英字プリントのアルミホイル。

アルミだからこんなクシャクシャ感が出せる。

 

アルミもロウ紙もスープカップもキウイのお皿もぜ〜んぶダイソー!

 

晩ごはんは下高井戸商店街で買ってきたお惣菜たち。

とり貝とあおやぎ、しゃこのお刺身、えびしゅうまい、黒豚しゅうまい、やきとり。

 

 

お刺身は下高井駅前市場の魚屋さんで買って、しゅうまいは路地にある肉屋さん。

やきとりはたまに行く居酒屋さんで買ったもの。

どれも美味しい!

 

家でもう一度焼き直して食べると、お店で焼きたてを食べているようだ。

 

私も自営業だが、私の場合自分のやりたいことではなく本業で身につけたスキルを活かしてコンサルをやっている。

やりたいことが何もないという方は、ぜひ私のように本業のスキルで副業を見つけていただきたい。

 

いつかその副業があなたの老後の本業になるから。

 

コメント

  1. おはようございます。
    もう芍薬の季節なんですね!楚々とした香りが此方まで漂ってきそうです。
    ぺこりーのさんは常々只者では無いと思ってましたがお花まで美人がお好きとは😍🥰副業が副業の域を超えてらっしゃる👏👏凄い才能。

    私は欲を出さない程度でそこそこの副業に励みます。
    ではまたね〜。

    • おはようございます!
      副業の話、3回読み直しました。
      現実的でイメージしやすいアドバイスに、ぺこりーのさんのビジネスセンスを感じます。大変参考になりました。ありがとうございました😊

      下高井戸駅前市場ではお魚を時々購入しますが、お肉屋さんの焼売は買ったことがありません。
      今度是非試します。メンチカツもあるといいなーー♪

      • はらりんさん

        コメントありがとうございます!

        え〜、3回も読んでいただいたんですか!?
        私はまだ1回しか読んでない^^;

        下高井戸市場でもお買い物されてるんですね。
        どこかでお会いしたかも・・・
        メンチカツは路地のお肉屋さんではなく商店街のお肉屋さんが人気ですよね。
        いつも並んでますので。
        路地のお肉屋さんはしゅうまいが人気なんです。
        ぜひ〜!

    • ウォッカさん

      コメントありがとうございます!

      シャクヤクは本当に華がある花ですね。
      今日も誇らしげに咲いておりますよ。

      そうですね。
      副業は欲を出しすぎると本業がクビになってしまいます(^_^;)
      私も今でも副業気分ですよ。

  2. ぺこりーのさん、はじめまして。

    ぺこりーのさんのブログにたどり着いたのは、
    将来の生活の漠然とした不安(老後2000万円必要問題)から
    色々なサイトを検索し、彷徨っていた所漂着w。
    そこから、過去記事を一気読み‥
    毎日ブログの更新を楽しみにしております。

    記事の中で一番好きなのが、もんじゃ焼きのエピソードです。

    それと、奥様に‘退屈な幸せを与えたかった’という言葉がとても響きました。
    正に今、退屈な幸せを満喫しているのを気づかされ
    夫に感謝し、噛みしめる事が出来るように。

    ぺこりさんの記事を読むと、
    将来も中々楽しく生きられそうだと勇気づけられます。
    完全年金生活はどうなのか?と言う記事も
    いずれ更新されるのでしょうか、楽しみです。

    いつも面白い記事、読ませて頂きありがとうございます。

    • 澤田れもんさん

      初コメントありがとうございます!

      素敵なハンネですね!
      漫画家さんみたい。

      あ〜、もんじゃ焼き事件は確実に私の寿命を縮めた事件です。
      あれ以来、メールもLINEも宛先をとにかく確認するようになりました。

      退屈な人生って一番難しいと思います。
      そして変化のない日々にこそ小さな幸せは見つかるものなんですよね。

      完全年金生活は65歳からと思ってます。
      本当にやれるのか自信はないんですが・・・
      楽しみにしておいてくださいね。

  3. 数日前にワクチン予約のコツを教えて頂きありがとうございました。私は地元の集団接種が取れませんでしたが、大手町で取れました。モデルナに対し否定的な人もいますが、私は早く接種したいです。

    • メウさん

      コメントありがとうございます!

      お〜!
      予約とれたんですね。
      よかったです。
      私も大手町ですよ。

      来週火曜日ですのでまたご報告しますね。

  4. ペコリーノさんこんにちは。

    さすが!
    ペコリーノさんしっかりビジネスマンとしてやって来られただけありますねー

    ライター ~ マーケッターに合計約30~40万円ぐらいは毎月発注されている。
    それで利益率40%として利益12~16万円、(もっと利益率は高いかな)メールと電話でほぼ完結。

    その様に仕事をコンスタントに取ってこれる、それが今までのペコリーノさんの積み重ねですね。
    今でもクライアントに発揮し続けられているペコリーノさん価値、魅力ですね。

    私はペコリーノさんおっしゃる王道パターンで起業しました。

    今日の日経の書籍広告に「起業って自分を人生の主人公にすることなんだ!」と書かれていましたが、まさにその通りだと感じています。
    黄金の15年と言われるこの時期、人生を主人公として私は生きていきたいと思っています。

    金曜日、一週間が終わります、私も焼き鳥を温めなおして家飲みでほっとします。

    • スティックさん

      コメントありがとうございます!

      いえいえ。
      そんなたいしたことはないです。
      基本はコンサルフィーでクライアントからいただいているので、外注ではさほど利益はないんです。
      ただデジタルマーケの世界では優秀なライターを抱えていないと、いいコンテンツが作れないんですよね。
      なので外注のネットワークは大事にしています。

      1週間お疲れ様でした〜!

タイトルとURLをコピーしました