徘徊老人のような日本〜老人大国日本はいったいどこへ行こうとしているのか

料理
スポンサーリンク

古びた国

 

今日も我が国の年老いた政治家たちが、新型コロナワクチン接種の対象を65歳以下まで拡大したとアピールしている。

一回目のワクチン接種を終えた方が2000万人を超えたとも言っている。

そして沖縄を除く県の緊急事態宣言は解除された。

東京の新規感染者数は前週比で増加に転じたというのにだ。

 

よほどオリンピックをやりたいんだろう。

そのためにはどうしても緊急事態宣言は解除しておかなければならない。

老いた政治家たちの思惑が透けて見えてしまって、これではますます内閣支持率は下がる一方だ。

 

何かに囚われて正しい発想や柔軟な発想ができなくなった国。

国を動かしているのは政治家だ。

その政治家が老人ばかりでは国もまた老ぼれていくしか道はない。

この国はどこへ行きたいのかわからないまま徘徊する老人のようだ。

 

感染抑止なのか、オリンピックマネーなのか、国のメンツなのか、IOCへの忖度なのか・・・

政府はいろんなところで説明を求められているオリンピックを開催する目的については口を閉ざしたままだ。

もう国民に説明するつもりはないんだろう。

 

耳が遠くて国民の声も聞こえない。

自分が正しいという老人特有の思い込み。

近視眼的で大極が見えない老人性白内障。

 

明らかに国は老いている。

 

何もかも決断と対応に時間がかかり亀のようにノロマな政府。

ワクチン戦略も世界の国々から大きく出遅れ、感染対策も中途半端のままいつまでも繰り返すという愚かさ。

そしてオリンピックだけは何がなんでも開催という硬直しきった判断は本当に正しい判断なんだろうか。

しかも海外からの招待客は別枠で設けるという話まで出てきている。

国民には自粛を強いておきながら・・・

 

ワクチン接種が増えていると言っても、ワクチンの2回接種を終えたのは国民のわずか3%にも満たない。

これで政府が言うところの安心・安全なオリンピック開催と本気で言っているのだろうか。

 

65歳以下の国民にも接種枠を広げるという判断ももっと早くすべきだった。

結局は自治体の接種券郵送が追いつかないため、若い方が予約しようにも予約ができないというコントみたいなことが起きている。

 

あるジャーナリストの方の本がベストセラーになっている。

その本のタイトルは『未来の年表』シリーズの最新刊『未来のドリル コロナが見せた日本の弱点』という本だ。

本の内容は『日本の社会の老化』だ。

 

まさにこのコロナ禍で炙り出された日本社会の老化現象が、やたらとあちこちで目につくようになった。

私が今ハマっている韓国のテレビドラマがある。

秘密の森〜深い闇の向こうに〜

このドラマがやたらと面白い!

 

ストーリーは腐敗した検察庁の老幹部たちの悪行を、ファンという名の若い検事がさまざまな脅しにも屈せず暴いていくというストーリーだ。

老獪とも言える検察幹部たちの所業は、もう善悪の判断すらつかなくなっている。

『老い』が見せるもっとも厄介な一面は、世の中が変わりルールも新しくなっているというのに、自分だけは昔のルールで生きている人がいるということ。

 

このドラマでは犯罪だが、老化したこの社会のいたるところでこんな老獪による悪影響が出ている気がしてならない。

あなたの会社にもいないだろうか。

 

老人だらけの取締役会。

何もしない名前だけの担当部長。

いつも寝ている監査役。

代案提示をせず否定だけする老いた上司。

 

日本も政府も企業も個人も時代が変わればみんな変わらなくてはならない。

ましてや今は未曾有の災禍の真っ最中である。

 

いまだ古い日本の政治家のようなやり方に国民がついていくとは思えない。

先程の韓国ドラマの最後は若いファン検事が老獪たちに勝って終わる。

 

日本にもファン検事のような政治家が出てきて欲しい。

 

じゃないと脱皮できない蛇は死んでしまう。

 

スポンサーリンク

老後のライフスタイル

 

最近のぺこりファーム。

ちょっとおばけみたいにでかくなってるんだけど・・・

これ食べれるんだろか?

 

 

そしてサボテンくんが一気に成長していた。

ところがまさかの想像を裏切る伸び方!

サボテンってよく見るように横から新しいのがニョキニョキ出てくるのかと思っていた。

しかし新しいのが生えてきたのはなんと頭頂部から。

これで正しいのか??

 

 

そしてミニトマトが収穫の時期を迎えていた。

なんか実がなる植物っていいものだな。

 

 

2ヶ月かけて2個(≧∇≦)

私の1食分にもならない。

ベランダ菜園なんてこんなものか・・・

 

そろそろ畑がいるな。

 

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日のランチはAランチ。

 

 

白身フライ、厚焼きハムステーキ、目玉焼き、ポテサラ。

どこかの定食屋にありそうなAランチだ。

ミニトマトが4個も乗っかっている。

なんと贅沢な・・・

 

 

休肝日の晩ごはんはココナッツチキンカレー、野菜サラダ。

これもミニトマト4個のせ。

 

 

ココナッツを入れるとスパイシーだけどマイルドな味になる。

使ったスパイスはカレー粉、ガラムマサラ、コリアンダーパウダー、カルダモンホール、クローブホール、パプリカ、ハバネロペッパー。

 

 

全国の学校の運動会や遠足、修学旅行まで中止となっている今、でっかい運動会であるオリンピックはなぜ開催できるのだろう。

 

学校の運動会が中止となっている理由は、当然だが子供たちの安全・安心を守るため。

子供たちが犠牲にならないためである。

 

ではオリンピックが中止されないということは、国民の安全・安心は担保されないことになる。

そして国民がその犠牲になることは明白だ。

 

オリンピック開催もだが、国民はそういう政府のやり方の矛盾に怒っていると思う。

 

日本の老獪は妖怪になりつつある。

コメント

  1. おはようございます。

    私も老害の仲間入りですよ〜。
    年々、聴力と視力が低下してるんだから長い話は面倒くさい。
    例えば、食事の誘いならYESか NOで即決して欲しい。

    今日は雨なので家で大人しく過ごしますね😊

    🐴紫蘇は細切りにし、ご飯に胡麻とお味噌を混ぜておにぎりに。焼くと香ばしいですよ!
    本当は表面にお味噌を塗るのですが焦げ易いためお手軽バージョンです🤗

    • ウォッカさん

      コメントありがとうございます!

      そうですね〜。
      私も小さい字が見えないのでまったく本を読まなくなりました。
      買ったまま置いてある本が何冊あるか・・・

      ごまとお味噌でおにぎり!
      それ美味しそうですね。
      やってみます。

タイトルとURLをコピーしました