おひとりさまの老後の楽しみ方〜何も持たずに自由に生きる

料理
スポンサーリンク

諦めることの重要さ

 

私ももう漠然と老後なんだろうなと思ってはいた。

しかし、心のどこかで私はまだまだ老人じゃねえぞと抗う気持ちもあった。

 

ところが先日、世田谷区からコロナワクチンの案内が届いたことで、図らずしも自分が高齢者のくくりであることが証明されてしまった。

 

世田谷区め・・・

空気読めよ。

 

容赦ない世田谷区に当たりたい気持ちもあるが、そうは言ってももう老後なのだ。

まだ64歳なのに・・・

 

そうだ、まだ64歳なのになぜワクチン接種の案内が届いたのだ?

たしか高齢者の優先接種は65歳からのはず。

 

しかしその疑問はすぐに解消した。

いわゆる早生まれの方、1957年4/1以前に生まれた方は65歳とカウントされているのだ。

私は1月生まれ。

 

いつの日からから誕生日が嬉しくなくなった。

それと同様の気分である。

嬉しいはずなのに嬉しくない。

 

たった1歳にこだわるのは自分でもバカらしいと思うが、20歳が21歳になるのとは訳が違うのよ。

20代の1歳はまだ大人への成長だ。

未来がある。

 

しかし60代の1歳はただの加齢。

墓場が見える。

 

特に64歳と65歳の差は大きい!

なぜなら65歳は四捨五入すれば70歳だが、64歳を四捨五入すると60歳!

なんとその差は10年。

 

えらい違いだ。

しかしどうでもいい話だ。

 

さて、晴れて老後と証明された私だが、私の場合はすでにおひとりさまの老後である。

若い頃に年老いてひとり暮らしをしている自分を想像したときは、あまりに寂しそうで絶対にひとりにはなりたくないと思っていた。

 

腰が曲がり暗い部屋でひとりきりの生活。

ひとりで食べる食事も寂しそうだ。

なんと言っても話し相手がいない。

極限の孤独は生きる力さえ蝕みそうな強烈なイメージだった。

 

ところがいつのまにかおひとりさまの老後は想像ではなく現実となった。

そしてその生活はどうかというと・・・

1mmも寂しさを感じないかというと嘘になるが、なんと自由でなんと楽しいんだろうというのが本音だ。

 

腰も曲がってない。

3階建の最上階の角部屋は日当たりがいいので植物がよく育つ。

ひとりで食べる食事は食べたいものを食べたいときに食べれる。

話し相手はバーに行けば誰かいるし、必要以上に誰かと話したいとも思わない。

それすら自由だ。

 

孤独だともまったく思わない。

どうやったら孤独と感じるのかすらよくわからない。

 

ただ、私は持ち物が少ないからこんなに自由でいられることに最近気づいた。

身の回りのこの程度の物で暮らせることが実に自由で気楽で幸せなのだ。

 

世田谷に豪邸を建てて莫大な財産でも持っていたら、それこそ財産の心配ばかりしているだろう。

しかし私は賃貸マンション暮らしで車も持たなければたいした財産もない。

好きな家具とパソコンと観葉植物があれば快適に暮らせる。

 

老子も論語の中で言っている。

水をなみなみに満たしたコップを持って、水をこぼさないように走れと言われても誰も走れない。

人間はコップ一杯の水で不自由になると。

 

コップを水で満たしたいという欲は誰にでもある。

私も若い頃はそうだった。

しかしその欲は人を不自由にする。

欲が満たされればもっと自由になれると思っていたのは間違いだったのだ。

 

老後の今になって思うのは、『諦める』ということが大事なんだなと気づいた。

要するに欲を出して欲しがっても、手に入らないものは諦める。

そうするととたんに心が解放される。

 

もうできないもは諦めてしまうのだ。

小さな欲は小さな諦めで済むが、大きな欲は諦めるのにもエネルギーがいる。

年老いた体には大きな欲は負担となりそのストレスは寿命を縮める。

 

今の自分でも手に入れられるもの。

それだけで十分楽しみながら生きていけることがわかった。

 

私を今束縛しているのはおそらく日本の法律だけだと思う。

法律を破ってまで自由に生きようとは思わないから、その制限の中で精一杯自由に暮らせればそれが一番幸せなんじゃないだろうか。

 

今日はこれから何をしようか考えているときが一番自由な時間だ。

 

何かをしてもいいし何もしなくてもいい。

 

おひとりさまの老後は今日も楽しい。

 

スポンサーリンク

老後のおひとりさまごはん

 

昨日の朝食はワンプレートごはんと酸っぱい野菜スープ。

真ん中の赤いのはビーツとじゃがいものサラダ。

野菜スープにはお酢を少し入れて酸っぱくした。

これがまた食欲をそそってうまい!

 

食欲をそそってはダメだ・・・

 

休肝日の昨日はプデチゲ

今年亡くなった辛ラーメンの創業者の辛会長のたむけに辛ラーメンで作った。

プデチゲとはプデとは韓国語で部隊のこと。

チゲは鍋だから部隊で食べられた鍋?

 

諸説あるらしいが戦時中に若い兵士が食べた鍋らしい。

ソーセージやランチョンミート、そしてインスタントラーメンを入れるのが特徴の辛い鍋だが、ランチョンミートはカロリーが高いので魚肉ソーセージにした。

このチープな鍋が実にうまい!

 

キムチ鍋もそうだが韓国の鍋は辛いので、最初は生卵につけて食べることにしている。

生卵が残りわずかになったところに熱々のスープを入れて、かき玉にしてごくごく飲むとこれがまた絶品!

 

鍋もどうやって食べようが誰も文句は言わない。

うるさい鍋奉行もいなし、誰かに好きな具材をとられる心配もなし!

 

老後におひとりさまになることを不安に思う方もいるだろう。

私もそうだったから。

しかし心配ご無用!

 

ひとりで十分遊べるし時にはわざと孤独に浸ることもできる。

 

老後は自由自在だ。

コメント 時々コメント欄が開かない時があるようです。その際はメッセージをどうぞ。

  1. みーやん より:

    コロナで孤独。話し相手は不可欠。
    今は職なしで友達とも遊べないので高校生の娘が友達です。
    ペコリーノさんのブログから刺激もらってます。
    スキル欲しいし、ドレッシングも手作りしたい。やる気だけ満々です…

    • みーやんさん

      コメントありがとうございます!

      ではまずドレッシングの手作りから始めましょう。
      ドレッシングといえどなかなか奥が深いですよ。
      私の家の4〜5軒先にはドレッシングの専門店があります。
      3〜40代の女性がやっている小さなお店ですが夕方にはいつも商品はなくなってますね。
      今は家でやれることで楽しみましょう!

  2. ウォッカ より:

    こんばんは。

    いかにも男子飯って感じで美味しそうーーーーーー!
    食べ方はモチロン豪快にですよね。

    ヘモグロビンA1Cの数値が気になる私には禁断の食べ物です😰😭
    小腹が空いたのでちょっと覗いたら具沢山のラーメンなんだもの。
    これはずるいよーーーーーーー。読んでたら食べたくなる。
    増量は腰に負担が掛かるので今夜はミネラルウォーターで我慢します。
    おやすみなさい〜😴

    • ウォッカさん

      コメントありがとうございます!

      熱すぎて豪快には食べれないんですよ〜。
      生卵をつけて上品にいただきました(^_^;)
      しかも激辛なのでちょっとづつしか食べれない。。。

      晩ごはんはミネラルウオーターだけ??

  3. […] 韓国の『辛ラーメン』と似た感じの味だが、辛ラーメンより辛い気がする。 […]

タイトルとURLをコピーしました