専業主婦の1日〜老後のひとり暮らしは専業主婦と同じ!料理と家事で1日が終わる

ゆいまる
スポンサーリンク

専業主婦は忙しい!

 

今日も朝から忙しかった。

なぜこんなに忙しいんだろう?

ほとんど家にいて家事をしてるから、きっと専業主婦並に家事をこなしている気がする。

 

カーテンから差し込む朝の日差しで目が覚める。

まだ5時過ぎだ。

 

きっと今日もいい天気なのだろう。

清々しい朝日が緑内障で衰えた目にまぶしい。

 

起き抜けに水を一杯飲むか、飲みかけの炭酸水があればそれをゴクゴクと喉に流し込む。

パソコンのスイッチを入れながら、冷蔵庫から朝食の野菜たちを取り出しキッチンへ運ぶ。

 

紙うさぎと先輩のくだらないコントを見ながらYahooニュースを確認し、サラダボウルの準備にとりかかる。

 

ゆいまるくんがヨタヨタと起きてきて早く俺の飯を作れとせがむ。

ゆいまるにご飯をあげながら、嫁とらんまるの祭壇に新しい水と冷えた金麦をお供え。

ゆいまるのおしっこシートを交換し終えたら、ようやくできあがったサラダボウルをワシワシと食べ始める。

 

食べながらブログ用の写真をアプリで修正。

そして朝食の後片付けをして、食器を食洗機にいれてスイッチをいれたら今日のブログの更新だ。

 

あらすじが書き終わったらダイソンで掃除。

洗濯機を回したら霧吹きで観葉植物に葉水をあげてまわる。

 

今日は不燃物ゴミの日だから慌ててゴミ出しをしてまたブログの仕上げ。

最後に文章のチェックをしてブログ更新!

 

これでだいたい9時になる。

 

洗濯物を干し終えたらここからコンサルとしての仕事が始まるが、実は仕事をしながら昼のランチのメニューを考えている。

そしてスーパーで買うものを思い出した順番にメモへ書き込むことも忘れない。

 

10時になったらゆいまるくんのお散歩の時間だ。

お散歩バッグにぽい太くんといううんちの処理袋を何枚か入れ、おしっこを流す水もペットボトルにいっぱいにする。

 

お散歩のコースは何パターンかあるがゆいまるくんがその日の気分でコースを選ぶシステム。

若い女子が通ると執拗に尻尾をふり弱そうなワンコが通るとガウガウ吠える。

強そうなワンコには尻尾を巻き3〜40分の散歩が終わる。

 

家に帰ると足を濡らしたタオルで拭き、さらにアルコールシートにヒアルロン酸入りの除菌ジェルを染み込ませ、それでさら肉球の中まできれいに拭きあげる。

同じようにアルコールシートに除菌ジェルを染み込ませてゆいまるくんのアナルもきれいにお掃除。

 

そしてまた仕事に戻りお昼が近くなると今度はランチのラーメン作りだ。

ラーメンはほぼスープから手作りするので、モノによっては1時間くらいラーメンを作るのに費やすことも・・・

 

午後も仕事に追われ合間で今度は晩ごはんのメニューを考える。

またメモに買うモノを書き込む。

 

こうやって私の老後の1日はあっという間に時間がすぎて行く。

おそらく世の専業主婦のみなさんはみんなが思っているほど暇じゃないのだ。

みんながみんなポテチ食べながらお昼のドラマを見たり、子供の担任の先生と不倫しているわけじゃない。

 

しかも意外によく動いていると思うからそこそこ運動している気になる。

本格的にジョギングやウォーキングに精を出している人たちとは比較にはならないだろうが。

 

スポンサーリンク

運動が死亡率に関係がないことが証明

 

しかしこんなニュースが報告されている。

イギリスの医師会の研究論文では、運動が死亡率を低下させるかどうかの実験を行い、その結果明確な差が出るにはいたらなかったということだ。

 

実験のグループは3つのグループに分けられ生活習慣や健康状態で差が出ないように公平に行われた。

実験の対象年齢は平均73歳の高齢者。

強度の運動をさせたグループ、中程度の運動をさせたグループ、運動へのアドバイスだけをしたグループを比較したところ、いずれのグループにも差がないことが証明されたのだ。

 

毎日頑張ってジムに通ったりジョギングしたりしている方には申し訳ないが、みなさんと私の寿命はきっとそんなに変わらない。

 

実は50代で死んでしまった嫁はほぼ毎日ジムに通っていたのだ。

スリムで筋肉質。

 

ズンバ女王と言われるほどズンバがうまかった。

見るからに健康そうな嫁だったが50代の若さであっけなくこの世を去ってしまった。

 

あんなに運動してたのに・・・

かたや私など日に三度の咀嚼が唯一の運動。

それなのに私の方が長生きしてしまった。

 

イギリスの医師会の研究のもっとも身近なサンプルだ。

 

嫁が死んでから2年くらいはどうやって生活してたのかあまり記憶にない。

壊れた日常を生きるのに必死だったと思う。

 

ようやく4年が経って少し生きている感覚が戻ってきた。

嫁に笑われないようへこたれずに頑張る!

 

専業主婦並に家事をこなし生きている限り仕事もし、楽しい人生だったと笑って死ねたら最高だ。

 

そのために今日も三度の咀嚼を頑張る!

 

スポンサーリンク

最後に・・・

 

夜になって専業主婦の仕事を終え、ジャックダニエルズをちびちび飲みながら映画を見る。

今はまっている韓国映画だ。

映画を見終わって、そろそろ寝ようかという時間になって明日の朝食の仕込みを始める。

 

ゴボウを洗ってささがきにして水に浸ける。

その間にほうれん草を茹でてお浸しを作る。

 

水を切ったゴボウできんぴらを作り、スーパーで買ってきた赤大根をスライスして甘酢漬けに。

これが寝る前のお仕事。

 

本当に専業主婦になれるから、誰か婿にもらってくれないだろうか。

 

タイトルとURLをコピーしました